役者デビューから25年。池内博之がジャッキー・チェンにソル・ギョング、パク・ヘスと共演し感じた“アジア映画の熱気”とは?|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
役者デビューから25年。池内博之がジャッキー・チェンにソル・ギョング、パク・ヘスと共演し感じた“アジア映画の熱気”とは?

インタビュー 2022/4/20 15:30

役者デビューから25年。池内博之がジャッキー・チェンにソル・ギョング、パク・ヘスと共演し感じた“アジア映画の熱気”とは?

『ペパーミント・キャンディー』(99)や『シルミド』(03)のソル・ギョング、昨年一大ブームを巻き起こした「イカゲーム」で世界的スターとなったパク・ヘスが共演するNetflix映画『夜叉 -容赦なき工作戦-』(全世界配信中)で、アジア最強のスパイ、オザワ役に抜擢された俳優の池内博之。役者デビューから25年以上が経ち、いまやアジア圏を中心に海外にも活躍の場を広げている池内だが、「知らない世界に飛び込むことは、まったく怖くない。むしろ好きです」と持ち前の好奇心が一番の原動力となっている様子。『夜叉 -容赦なき工作戦-』の現場で体感した、勢い衰えぬ韓国映画界の熱気や、転機となった『イップ・マン 序章』(08)でアクション監督を手掛けたサモ・ハン・キンポーからの忘れられない言葉。さらには今後の展望も明かしてくれた。

「これは間違いなくすごい作品になるだろうと思いました」

それぞれの思惑が錯綜するスリリングなスパイアクション映画『夜叉 -容赦なき工作戦-』
それぞれの思惑が錯綜するスリリングなスパイアクション映画『夜叉 -容赦なき工作戦-』Netflix映画『夜叉 -容赦なき工作戦-』3月28日(金)より独占配信中

本作の舞台は、諜報活動が盛んなことで知られる中国の瀋陽。韓国国家情報院の海外スパイ集団“ブラックチーム”のリーダーで、“夜叉”と呼ばれる無情な男(ソル・ギョング)と、特別監察の任務を負ってその地を訪れる検察官のハン・ジフン(パク・ヘス)が出会い、近隣諸国のスパイも絡んだ危険な極秘工作に挑むスパイアクションだ。『監獄の首領』(17)のナ・ヒョン監督がメガホンをとった。

今回、2度目の韓国作品への参加となった池内。オファーが舞い込んだ際には「ナ・ヒョン監督の『監獄の首領』も観ていましたし、ナ・ヒョン監督がオリジナルでスパイ映画を撮るなんて、おもしろい作品になるだろうなと思いました」と心が躍ったそうで、「すでにソル・ギョングさん、パク・ヘスさんが出演することも決まっていたので、これは間違いなくすごい作品になるだろうと。アジア全土をめぐるスパイものという点も、とても新鮮に感じました」と前のめりで参加した。


ゾクリとするようなミステリアスな魅力たっぷり!池内博之がアジア最強のスパイ、オザワを演じた
ゾクリとするようなミステリアスな魅力たっぷり!池内博之がアジア最強のスパイ、オザワを演じたNetflix映画『夜叉 -容赦なき工作戦-』3月28日(金)より独占配信中

池内が演じたのは、表の顔は日本の公安調査庁のロビイスト、裏の顔は冷酷でアジア最強のスパイであるオザワ役。ビシッとスーツを着こなすスマートさと、冷静で底知れぬ恐ろしさをたたえたオザワを、ミステリアスな魅力たっぷりに演じきった。

池内は「スパイという設定も特殊ですし、オザワは僕とは真逆の世界に生きているような人間です。やっぱり、こういった人を演じるのはおもしろいですよね」と微笑み、「アクションのために、キックボクシングをやったりして準備していました。僕はもともと体が硬いほうですし(苦笑)、体型も崩したくないので、体は日ごろから積極的に動かすようにしています」と準備万端に臨んだという。「ナ・ヒョン監督からは、『落ち着いたジェントルマンであり、何事にも動じない男を演じてほしい』ということを求められましたので、無駄な動きを削ぐように意識しました」と役作りについて語る。

関連作品