『ソー:ラブ&サンダー』7月8日公開決定!波瀾万丈を予感させるティザー予告が完成|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
『ソー:ラブ&サンダー』7月8日公開決定!波瀾万丈を予感させるティザー予告が完成

映画ニュース 2022/4/19 17:30

『ソー:ラブ&サンダー』7月8日公開決定!波瀾万丈を予感させるティザー予告が完成

マーベル・スタジオの最新作にして、全世界興収19億5000万ドルを突破する「ソー」シリーズの第4弾『ソー:ラブ&サンダー』が7月8日(金)に日本公開されることが決定。このたびティザー予告とポスタービジュアルが解禁された。

ソー(クリス・ヘムズワース)がアイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.)やキャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)らとともに時空を超えた戦いに身を投じた『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)後の世界を舞台にした本作は、「ソー」シリーズの集大成。アスガルドの王として、そして宇宙を救うヒーローとして、家族や恋人、人類を守るために戦い走り続けてきたソー。しかし多くの大切な人を失い、いつしか戦いを恐れるようになっていた。やがて彼は“自分は何者なのか”と立ち返り、ゼロから新たな道を歩むことを決める。

このたび解禁された特報映像では、アベンジャーズの“ビッグ3”最後の一人であるソーが、ガンズ・アンド・ローゼズの代表曲「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」に乗せて宇宙を駆けめぐる映像が収められている。「我が道を進み、いまを生きたい。ヒーローは卒業だ」と語るソーや、迷いを持つソーに助言するスター・ロード(クリス・プラット)らガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの仲間たち。ノープラン&お茶目なソーの波瀾万丈な冒険を予感させる映像に仕上がっている。


ソー役を演じるのはもちろんクリス・ヘムズワース。メガホンをとるのは「ソー」シリーズの前作『マイティ・ソー バトルロイヤル』(17)につづいてタイカ・ワイティティ監督。最強戦士ソーの迷走の果てに、どんな答えが待っているのか。その全貌が明らかになる瞬間を楽しみに待ちたい。

文/久保田 和馬

関連作品