阿部サダヲ&岡田健史共演の『死刑にいたる病』、連続殺人鬼の人物像に迫る特別映像が解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
阿部サダヲ&岡田健史共演の『死刑にいたる病』、連続殺人鬼の人物像に迫る特別映像が解禁

映画ニュース 2022/4/29 10:00

阿部サダヲ&岡田健史共演の『死刑にいたる病』、連続殺人鬼の人物像に迫る特別映像が解禁

「孤狼の血」シリーズの白石和彌監督が、櫛木理宇の同名小説を阿部サダヲと岡田健史のダブル主演で映画化した『死刑にいたる病』(5月6日公開)。このたび本作から、阿部演じる24人もの若者を殺した連続殺人鬼、榛村と、岡田演じる大学生の雅也の人物像に迫る2種類の特別映像が解禁された。

【写真を見る】阿部サダヲが岡田健史を翻弄…想像を超える事件の真相とは
【写真を見る】阿部サダヲが岡田健史を翻弄…想像を超える事件の真相とは[c] 2022 映画「死刑にいたる病」製作委員会

理想とは程遠いランクの大学に通い、鬱屈した日々を送る雅也の元に、ある日届いた1通の手紙。それは世間を震撼させた連続殺人事件の犯人、榛村からのものだった。24件の殺人容疑で逮捕され、うち9件で立件、起訴され死刑判決を受けていた榛村は、犯行当時雅也の地元でパン屋を営んでおり、中学生だった雅也はそこによく通っていた。そして「罪を認めるが、最後の事件は冤罪だ」と語る榛村の願いを聞き入れ、雅也は事件を独自に調べ始めることに。

このたび解禁された2種類の特別映像には、人物ファイルのように“特徴”を語るナレーションにあわせ、榛村と雅也、両者の“日常の行動”がそれぞれ映しだされていく。街の人々が絶えず足を運ぶパン屋を営む榛村の、爽やかな笑顔から犯行に及ぶまでの“表と裏”の顔。榛村からの一通の手紙をきっかけにして交わっていく、榛村と雅也の日常。事件の真相に近付くほど別人のような変化を見せる雅也の姿に、思わず引き込まれてしまう映像に仕上がっている。


連続殺人鬼、榛村に翻弄されるのか、それとも“真実”にたどり着くことができるのか。日本映画界で最も注目される鬼才・白石監督が放つ驚愕のサイコサスペンスを、是非とも劇場で目撃してほしい。

文/久保田 和馬


関連作品