横浜流星が体現する恋人たちの幸せな時間と闇…『流浪の月』時の経過映す場面写真解禁!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
横浜流星が体現する恋人たちの幸せな時間と闇…『流浪の月』時の経過映す場面写真解禁!

映画ニュース 2022/5/3 12:00

横浜流星が体現する恋人たちの幸せな時間と闇…『流浪の月』時の経過映す場面写真解禁!

広瀬すずと松坂桃李をW主演に迎えて李相日監督が紡ぐ映画『流浪の月』(5月13日公開)。同作より、共演の横浜流星が登場する場面写真と、横浜のコメントが到着した。

【写真を見る】横浜流星が単純に善悪では断罪できない人間臭さを備えた亮を熱演!
【写真を見る】横浜流星が単純に善悪では断罪できない人間臭さを備えた亮を熱演![c]2022「流浪の月」製作委員会

2020年本屋大賞を受賞した凪良ゆうのベストセラー小説を映画化した本作。10歳の時に誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった家内更紗を広瀬、その事件の“加害者”とされた当時19歳の佐伯文を松坂、事件から15年経った現在の更紗の恋人の亮を横浜、そして癒えない心の傷を抱える文に寄り添う看護師の谷あゆみを多部未華子が演じる。

解禁されたのは、時の経過を感じさせる場面写真2枚。タオルを手に世話をやく更紗に身を任せ、幸せそうに微笑む亮の様子と、それとは対照的に無精ひげを生やしてやつれ顔の亮の姿を切り取ったビジュアルとなっている。

亮は特殊な過去を抱える更紗を守ろうとするがゆえにきつく束縛し、やがてその強すぎる愛情から支配、そして暴力へと変わっていく激しさと脆さをあわせ持つ強烈なキャラクター。もともと原作本のファンであることを公言していた横浜は、李監督に直接会いに行く熱意を見せて亮役を射止めているが、「文目線で読んでいた時は『この男、なんなんだよ』と思っていましたが、亮目線で読むと亮にも悲しい過去があり、だからこそ更紗を精一杯に愛して守り抜きたいと思っている、共感できる人間らしい部分がありました」と改めて小説を読み返して気づきがあったことに触れ、「僕自身が誰よりも亮を愛した」と語っている。

また、更紗と亮は結婚を目前とした恋人同士という設定ながら“甘えることが苦手”だという横浜は役作りに苦戦していたようで、「李監督から『形は出来ているけど中身が見えない。まずは広瀬すずと横浜流星として二人の距離感を縮めた方がいいんじゃないか』という指摘があり、二人きりで話し合う時間を持ちました。クランクイン直前にロケ地の松本で二人で街巡りをして、蕎麦を食べたりゲームセンターに行ったりと、普通の人どうしが過ごすような日常を体験し、自然と亮と更紗になっていけたような気がします」とコメント。さらに可能な限り劇中の時間軸で進められたという李組での撮影について、「順撮りで撮影したことで役の感情が作りやすく、贅沢な現場だと思いました。監督は役者を第一に考えてくれる人だと感じました。すごく幸せな環境の中でお芝居ができて感謝しています」と振り返った。


『パラサイト 半地下の家族』(19)の撮影監督ホン・ギョンピョや「モンスター・ハント」シリーズの美術を手掛けた種田陽平らも参加する『流浪の月』。国境を越えた才能が集結した本作で、これまでのイメージを払しょくし、複雑な過去を持つ難役に挑んだ横浜の“魂の演技”に期待しよう。

文/足立美由紀

関連作品