尾田栄一郎が描き下ろし!『ONE PIECE FILM RED』より“シャンクスの娘”ウタの子ども時代の設定画が解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
尾田栄一郎が描き下ろし!『ONE PIECE FILM RED』より“シャンクスの娘”ウタの子ども時代の設定画が解禁

映画ニュース 2022/5/4 12:08

尾田栄一郎が描き下ろし!『ONE PIECE FILM RED』より“シャンクスの娘”ウタの子ども時代の設定画が解禁

1997年に「週刊少年ジャンプ」で連載がスタートし、全世界累計発行部数4億9000万部を突破。今年7月に連載25周年を迎える尾田栄一郎の人気コミック「ONE PIECE」。その劇場版アニメ最新作にして、尾田自らが総合プロデューサーを務める「ONE PIECE FILM」シリーズの第4弾『ONE PIECE FILM RED』(8月6日公開)から、このたび重要キャラクターとなる世界的歌姫“ウタ”の子ども時代の設定画が解禁された。

世界で最も愛されている歌手、ウタ。素性を隠したまま発信するその歌声は“別次元”と評されていた。そんな彼女が初めて公の前に姿を現すライブが開催されるとあって、色めき立つ海賊たちと目を光らせる海軍、そして何も知らずに彼女の歌声を楽しみにきたルフィ率いる麦わらの一味。ありとあらゆるファンが会場を埋め尽くすなか、彼女が“シャンクスの娘”という衝撃の事実から物語が動き出すことに。

【写真を見る】特報映像に散りばめられた意味深なシーン&台詞の真意とは…?
【写真を見る】特報映像に散りばめられた意味深なシーン&台詞の真意とは…?[c]尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

先日、これまでティザービジュアルなどに描かれてきた赤髪の少女の正体がシャンクスの娘、ウタであることが発表されファンの間で大きな話題を集めている本作。このたび解禁されたのは、尾田が描き下ろしたウタの子ども時代の設定画。世界的歌姫となったウタの特徴的な赤と白の髪色は少女時代から変わらず。またヘッドホンを付けていることからも、子ども時代から歌が大好きな少女であったことを感じさせる。


はたしてウタはシャンクスとどのような子ども時代を過ごしていたのか…。すでに公開されている特報映像では、シャンクスと離れることになったウタが涙を流している様子や、「娘が“こんなこと”してるのに、シャンクスが黙ってるわけねぇだろ!!」と激昂するルフィの台詞も登場するなど、意味深な要素が盛りだくさん。それらの真意とウタの気になる過去は、ぜひとも劇場で確かめてほしい。

文/久保田 和馬

関連作品

  • ONE PIECE FILM RED

    4.4
    19566
    FILMシリーズ第4弾、ルフィと仲間たちが活躍する冒険アニメの劇場版第15作