『ザ・バットマン』続編に「M:I」最新作、ブラピ×デイミアン・チャゼル『Babylon』ほか各スタジオのラインナップを一挙紹介|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
  • 映画TOP
  • 映画ニュース・読みもの
  • 『ザ・バットマン』続編に「M:I」最新作、ブラピ×デイミアン・チャゼル『Babylon』ほか各スタジオのラインナップを一挙紹介
『ザ・バットマン』続編に「M:I」最新作、ブラピ×デイミアン・チャゼル『Babylon』ほか各スタジオのラインナップを一挙紹介

イベント 2022/5/6 7:30

『ザ・バットマン』続編に「M:I」最新作、ブラピ×デイミアン・チャゼル『Babylon』ほか各スタジオのラインナップを一挙紹介

一年に一度、世界中の映画館興行主が一同に介するコンベンション、シネマコン(CinemaCon)が3年ぶりにラスベガスに戻ってきた。厳密には、昨年8月に参加者を最小限に小規模なシネマコンが行われていたが、パンデミック前のような賑やかなイベントは久々とあって、各スタジオも作品の量、質ともにこの2年間の空洞を埋めるような大型作品を大きく打ち出していた。4日間、連日行われたスタジオのプレゼンテーションには、映画会社のエグゼクティブに混じり監督や出演者が多数登壇し、映画館で観る映画の完全復活を宣言していた。

【写真を見る】話題の最新作や『トップガン マーヴェリック』の最速試写など、CinemaComの様子を紹介!
【写真を見る】話題の最新作や『トップガン マーヴェリック』の最速試写など、CinemaComの様子を紹介!

「ミッション:インポッシブル」8作目の公開決定や、デイミアン・チャゼル監督の最新作もお披露目

そのなかでも話題を集めたのは、パラマウント・ピクチャーズのプレゼンテーションの中で行われた、サンディエゴでのワールド・プレミアと、フランスのカンヌ国際映画祭でのプレミア上映を控えた『トップガン マーヴェリック』の最速試写。朝9時15分からのプレゼンテーションに多くの参加者が列をなし、南アフリカで「ミッション・インポッシブル」最新作の撮影中のためシネマコンに来場できなかったトム・クルーズが小型飛行機に乗って収録したコメント映像が流れると、会場から大歓声が起きた。もともとは2020年夏に予定されていた『トップガン マーヴェリック』は、この映画が上映されるベストタイミングまで何度も延期されてきた。さらに、トム・クルーズのライフワークでもある「ミッション:インポッシブル」の7作目のタイトルが『Mission: Impossible Dead Reckoning』と決まり、2023年7月14日に米国で公開予定。第8作目にして最後の作品とされている『ミッション:インポッシブル8』は2024年6月28日が米国での公開予定日だと発表された。

36年ぶりに新作が公開される『トップガン マーヴェリック』
36年ぶりに新作が公開される『トップガン マーヴェリック』[c]Everett Collection/AFLO

また、『ラ・ラ・ランド』(16)、『ファーストマン』(18)に続くデイミアン・チャゼル監督の最新作『Babylon』の初予告編もお披露目された。『Babylon』は、無声映画からトーキーへと移り変わった時代のハリウッドを舞台に、ブラッド・ピットマーゴット・ロビートビー・マグワイア、オリヴィア・ワイルド、そして監督のスパイク・ジョーンズやレッド・ホット・チリ・ペパーズのフリーらが出演している。予告編では、チャゼル監督のシグネチャーと言えるプールのある豪邸でのパーティシーンなどが観られた。『Babylon』は、12月25日北米公開予定。

ユニバーサル映画は「毎週末に文化創造のインパクトを与え続ける産業が必要」と25本を劇場公開

ユニバーサル映画のプレゼンテーションは、全米各地の映画館で働く人々と、映画に出演するタレントや監督とのカップリングで行われた。劇場公開配給部門責任者は、「ユニバーサルは今年、ほかのスタジオの平均公開本数よりも10本多い、25本の作品を劇場公開いたします」と口火を切った。「映画館で公開する作品を狭めれば、観客動員数が減るのは当然のこと。私たちには、毎週末に文化創造のインパクトを与え続ける産業が必要なのです。個人的な物語、オリジナルなストーリー、そしてそれらを大きなスクリーンから感じとることが、この試練の時を耐久することにつながります」と述べ、今年公開予定の数々の作品を紹介した。

ジョーダン・ピール監督の最新作『NOPE/ノープ』
ジョーダン・ピール監督の最新作『NOPE/ノープ』


その中の1本、『ゲット・アウト』(17)、『アス』(19)のジョーダン・ピール監督が登壇し、最新作『NOPE/ノープ』(日本公開8月26日)のプレゼンテーションが行われた。ピール監督は、「私は常に、観たこともないような映画に惹かれています。そして、これらの未知のアイデアと悪夢を同時に大きなスクリーンに持ち込むことが私の野望です」と語り、予告編が上映された。再度ダニエル・カルーヤと組み、“観たこともないアイデア”となるのは、SF+ホラーの体裁。田舎町の牧場と浮遊する未確認飛行物体、驚愕するダニエル・カルーヤの組み合わせは、観客を未知の世界に誘うことだろう。

7月15日に日本公開される『ミニオンズフィーバー』
7月15日に日本公開される『ミニオンズフィーバー』

また、同じくユニバーサル映画配給のイルミネーションの大ヒットシリーズ『ミニオンズ』の最新作、『ミニオンズフィーバー』(日本公開7月15日)からは、怪盗グルー役のスティーブ・カレルが登壇し、カナダの劇場支配人にグルーのロシア訛りのアクセントを伝授し、会場を笑いの渦に巻き込んでいた。そして、7月29日に日本でも公開になる『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』の最新予告編を流し、プレゼンテーションが締めくくられた。