志尊淳、『バブル』でMX4Dを初体験!「最初はびっくり。アトラクションに乗っているみたい」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
志尊淳、『バブル』でMX4Dを初体験!「最初はびっくり。アトラクションに乗っているみたい」

イベント 2022/5/9 21:05

志尊淳、『バブル』でMX4Dを初体験!「最初はびっくり。アトラクションに乗っているみたい」

アニメ「進撃の巨人」の荒木哲郎が監督を務め、WIT STUDIOが制作を手掛ける劇場アニメ『バブル』(5月13日公開)のMX4D体感イベントが5月9日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、主人公ヒビキ役の志尊淳、荒木哲郎監督、パルクールアクションの監修を務めたZEN、パルクールアスリートの朝倉聖、永井音寧が登壇。MX4Dを初体験した志尊が興奮を語った。

『バブル』MX4D体感イベントが開催された
『バブル』MX4D体感イベントが開催された

世界に降り注いだ“バブル”で重力が壊れた東京を舞台に、未知の生態“バブル”と遭遇した少年・ヒビキと、少年に恋し、彼の世界を愛すると心に決めた少女・ウタ(りりあ。)が繰り広げるドラマをハイスピードなアクションと共に描く本作。建物や障害物を乗り越えながら移動するスポーツ、“パルクール”が躍動感たっぷりに描かれていることでも話題だ。

映画のシーンに合わせてシートが動いたり、風が吹いたりと、五感を刺激する映画体験ができるMX4Dで本作を鑑賞した志尊は、「初めて体験しました。この作品こそ、MX4Dで楽しめる作品だと思いました。最初はびっくり。こんなに動くんだ、水がくるんだと驚きだったんですが、途中からは没入感がすごいなと思いました。画に合わさった動きになっているのが、アトラクションに乗っているみたいでした」と初体験の感想を告白。荒木監督は「この作品は、MX4Dに向いているなと思いました。パルクールのシーンは浮遊している気持ちになりましたし、水の中などはたゆたっている感じがした」と本作の魅力を倍増させてくれるようだったと語り、ZENも「映像に対して、つい身体が反応してしまった。ヒビキが飛んだのに合わせて、着地しちゃいそうになった(笑)」と没入感をたっぷりと味わったという。


パルクールアスリートの朝倉聖&永井音寧とトーク!
パルクールアスリートの朝倉聖&永井音寧とトーク!

またパルクール選手の朝倉と永井は、本作でのパルクールの再現度や描かれ方に驚いたと話す。朝倉は「アニメ映画のなかで大々的にパルクールが描かれていたうえに、忠実に描かれていた。新しいパルクールのかっこよさを感じることができて、すでに(自分は)実践者なんですけど『パルクール、やりたいな』と改めて思うような感じがした」とコメント。永井も「再現度も高くて、映像もすごくきれい。同年代のウタもかわいいし、ヒビキの動きもかっこいい。自分もバブルのなかで動いてみたいなと思いました」と本作に刺激されたことを明かしていた。

【写真を見る】『バブル』MX4D体感イベントに登場した志尊淳とZEN
【写真を見る】『バブル』MX4D体感イベントに登場した志尊淳とZEN

MX4D鑑賞で没入体験ができることにちなみ、“没入していること”を聞かれた一同。志尊は「たまになにかにハマったりする。昨年はゴルフはすごいハマっていた」と口火を切り、「いま、週4日くらいでタコライスを食べています」とにっこり。「某アプリですぐに来るんですよ。野菜も摂れるし、おいしいし。タコライスばかり食べている」と告白した。司会から「自分で作ることもありますか?」と聞かれると、「いいえ!」と即答して周囲の笑いを誘っていた。

ZENは「身体を使って表現する活動をしているんですが、ほかのジャンルからインスピレーションをもらうことにハマっている」そうで、本作のパルクールの動きを見て「ひねりが多かったり、回転数が多かったり、一つ一つの動きが、ちょっと上のものをやってくる。ちょっと、僕の動きを超えてくるんです」と苦笑い。「そこに対して、こちらはどうやって(自分の)表現で返していこうかと考えている。映画を観て、今年はどんな動きを作ろうかなと考えていました」と本作からの影響を語っていた。

取材・文/成田おり枝

関連作品

  • バブル

    3.7
    403
    泡〈バブル〉により重力が壊れた東京で奔走する少年少女を描くオリジナルアニメ映画
    Netflix