新海誠監督の3年ぶり最新作『すずめの戸締まり』物語の4つのキーワードを捉えた場面カット解禁!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
新海誠監督の3年ぶり最新作『すずめの戸締まり』物語の4つのキーワードを捉えた場面カット解禁!

映画ニュース 2022/5/10 18:00

新海誠監督の3年ぶり最新作『すずめの戸締まり』物語の4つのキーワードを捉えた場面カット解禁!

『君の名は。』(16)、『天気の子』(19)に続く新海誠監督の3年ぶりとなる最新作『すずめの戸締まり』(11月11日公開)。このたび、本作よりヒロインのすずめを取り巻く4つのキーワードを捉えた場面カットが解禁となった。

【画像を見る】九州の青い海が描かれた旅の青年を描いたカット。
【画像を見る】九州の青い海が描かれた旅の青年を描いたカット。[c]2022「すずめの戸締まり」製作委員会

昨年12月15日の製作発表会見にて解禁となった本作。日本各地の廃墟を舞台に、災いの元となる扉を閉めていく旅をする少女、すずめの解放と成長を描く冒険物語となる。4月9日にはすずめのビジュアルが、4月10日には特報映像が解禁され、大きな注目を集めていた。

今回解禁されたのは、「旅の青年」、「白い猫」、「小さな椅子」、「扉の鍵」というすずめを取り巻く4つのキーワードを切り取った特報映像の場面カット。「旅の青年」のカットでは、青い海を見渡す九州の田舎町を自転車で走るすずめと、その先から歩いてくる旅の青年が、「白い猫」のカットでは可愛らしい大きな黄色の目を持つ猫が、そして「小さな椅子」のカットでは脚が三本しかない古ぼけた椅子、「扉の鍵」のカットでは鍵穴に差し込まれ、鮮やかで不思議な紋様を浮かべる鍵のが描かれている。これらのキーワードがどのように物語に絡んでくるのか?興味をそそられるものとなっている。


「あちこちで開け放しにし続けてきてしまった扉を、どのように閉めることが出来るのか。それをすずめに託し、戸締まりをしながら日本列島を旅する物語を作っています」と監督は語る本作。どのような物語が展開するのか?まだまだ謎に包まれている本作の続報を楽しみに待ちたい。

文/鈴木レイヤ

関連作品