山田涼介、本田翼ら12名のキャストが集結!『鋼の錬金術師 完結編』劇場限定スペシャルバナーが完成|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
山田涼介、本田翼ら12名のキャストが集結!『鋼の錬金術師 完結編』劇場限定スペシャルバナーが完成

映画ニュース 2022/5/12 19:00

山田涼介、本田翼ら12名のキャストが集結!『鋼の錬金術師 完結編』劇場限定スペシャルバナーが完成

荒川弘の人気コミックを、Hey! Say! JUMPの山田涼介主演で実写映画化した『鋼の錬金術師』(17)。その続編にして、原作の最終話までを描く二部作『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』が、それぞれ5月20日(金)と6月24日(金)より連続公開。このたび本作から、超豪華キャスト12名が集結した劇場限定のスペシャルバナーが解禁された。

スペシャルバナーは5月13日(金)より全国の劇場にて掲出!
スペシャルバナーは5月13日(金)より全国の劇場にて掲出![c]2022 荒川弘/SQUARE ENIX [c]2022 映画「鋼の錬金術師 2&3」製作委員会

『復讐者スカー』では原作の人気キャラクター“傷の男(スカー)”(新田真剣佑)を中心にした物語が描かれ、『最後の錬成』では“お父様”との戦いと、その後のエド(山田)やアル(声:水石亜飛夢)、仲間たちの姿が描かれていく。国家錬金術師ばかりを狙った連続殺人事件が起きる中央(セントラル)を訪れたエドとアル。犯人は正体不明ながら、額に十字傷を持つことから“傷の男(スカー)”と呼ばれていた。兄弟も命を狙われ応戦するものの、圧倒的な強さの前に機械鎧を破壊され絶体絶命の危機に…。

このたび解禁されたスペシャルバナーには山田と水石をはじめ、ウィンリィ役の本田翼、ロイ・マスタング役のディーン・フジオカら、続投キャストから新キャストまでがずらりと勢ぞろい。リザ役の蓮佛美沙子やエンヴィー役の本郷奏多、リン・ヤオ役の渡邊圭祐、キング・ブラッドレイ役の舘ひろし、アレックス・ルイ・アームストロング役の山本耕史、オリヴィエ・ミラ・アームストロング役の栗山千明、マース・ヒューズ役の佐藤隆太、そしてヴァン・ホーエンハイムとお父様の一人二役を演じた内野聖陽。このスペシャルバナーは、5月13日(金)以降に全国の劇場(一部を除く)にて順次掲出される予定となっている。


また、本日19時よりワーナーブラザース公式YouTubeチャンネルにて「『鋼の錬金術師』PERFECT GUIDE」の第2回が配信スタート。ストーリーをフィーチャーした第1回に続き、今回は本作に登場する個性あふれるキャラクターの魅力に迫っていく。キャラクターの紹介はもちろんのこと、キャスト陣が熱い思いを語るインタビュー映像も収録されているので、劇場に足を運ぶ前にチェックし“完結編”をより深く楽しんでほしい。

文/久保田 和馬

関連作品