『シン・ウルトラマン』がついに初日!斎藤工、変身シーンは「スプーンで練習」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
『シン・ウルトラマン』がついに初日!斎藤工、変身シーンは「スプーンで練習」

イベント 2022/5/13 19:32

『シン・ウルトラマン』がついに初日!斎藤工、変身シーンは「スプーンで練習」

日本を代表するキャラクター“ウルトラマン”を、企画・脚本を庵野秀明、監督を樋口真嗣が務めて描く『シン・ウルトラマン』の初日舞台挨拶が5月13日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、斎藤工、長澤まさみ、西島秀俊、有岡大貴、早見あかり、樋口監督が登壇。今朝、劇場に足を運んだという斎藤が、特別な経験をしたことを明かした。

『シン・ウルトラマン』の初日舞台挨拶が開催された
『シン・ウルトラマン』の初日舞台挨拶が開催された

自身もウルトラマンシリーズのファンであることを公言する庵野と、数々の傑作を庵野と共に送りだしてきた樋口がタッグを組んだ本作。「ウルトラマン」の企画、発想の原点に立ち返りながら、 現代日本を舞台に未だ誰も見たことのない“ウルトラマン”が初めて降着した世界を描く。

樋口真嗣監督、チームで過ごした時間も「これで終わりになるかもしれないと思うと寂しい気持ち」
樋口真嗣監督、チームで過ごした時間も「これで終わりになるかもしれないと思うと寂しい気持ち」

樋口監督は「庵野から『ウルトラマンをやるんだけど撮って』と言われてから、4年以上が経った。これだけ長い時間をかけることができた映画も初めて」としみじみ。「(庵野から)上がってきたホン(脚本)を読んで、寸分違わぬものを作ったつもりです。みんなと一緒に楽しくチームでいたけれど、これで終わりになるかもしれないと思うと寂しい気持ち」と感無量の面持ちを見せていた。

変身シーンの秘話を告白した斎藤工
変身シーンの秘話を告白した斎藤工

ウルトラマンになる男の神永新二を演じた斎藤は、「いち映画ファンとして、チケットを取って今朝8時の回に行った」という。しかし「今日の天気と交通事情の折り合いがつかなくて、ちょっと上映時間の開始までに間に合わなくて」と遅刻をしてしまったという。「事前予約していたんですが、(機械上に)『受付に行ってください』という表示が出たので、受付で名前と個人情報の確認と点呼があり、『斎藤工さん、「シン・ウルトラマン」の8時の回、どうぞ』と言われまして。申し訳ない気持ちがあった」と照れ笑いを浮かべながら、主演映画の上映に点呼を受けてから入場したことを明かしていた。

斎藤は、変身シーンも経験した。「ベータカプセルの重量に助けられた。物語の肝となるもので、しっかりとした、美しい造形のものだった。ある意味、この物語の主人公」と変身アイテムへの感謝を語り、「スプーンとかで練習した」とにっこり。「実際は思ったより重い。その重みをしっかりと感じながら変身できた」と充実の表情を見せる。すると幼いころからウルトラマンが大好きだったという西島は、「うらやましいです。僕もウルトラマンになりたかった」とポツリ。「どうだったんですか?」と興味深々の様子で斎藤に質問をしていた。


非粒子物理学者の滝明久を演じた有岡大貴
非粒子物理学者の滝明久を演じた有岡大貴

「禍特対(カトクタイ)」のメンバーを演じた早見と有岡は、数式や専門用語のセリフにもトライし、これには斎藤も「お2人が演じたキャラクターが、現実と非現実をつないでくれた。この世界観を作れたのも、お2人の努力のたまもの」と感心しきり。苦労が報われた有岡は「とてもうれしいです、ありがとうございます!」と声を弾ませ、「おまじないをかけるような思いでした。一つ数式を書き終わったら、少しでも(演じた)滝くんに近づけるという思いで練習しました」と明かしていた。

また主題歌「M八七」(エム ハチジュウナナ)を書き下ろした米津玄師からビデオメッセージが届くひと幕も。米津は「ウルトラマンと言うと、日本国民みんなが愛する、強く優しいヒーローだと思うんですけども、生半可なものは作れないという、そういう意識があって大変ではあった。ウルトラマンの姿を眺めながら影響を受ける部分が多分にあり、自分自身、成長させてもらったんだろうなと思っております」と大いに刺激を受けたことを告白。

斎藤は「ウルトラマン独自の孤独のようなものを音楽と歌詞で表現してくださった」、長澤も「最後の余韻に寄り添ってくれる音楽。言葉はすごく鋭く、強いけれど、優しさを感じるような曲だなと思いました」と米津への感謝を述べていた。

取材・文/成田おり枝

関連作品