『ザ・ロストシティ』吹替版予告映像解禁!田中圭は「全部が難しかったけど、全部が楽しかった」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
『ザ・ロストシティ』吹替版予告映像解禁!田中圭は「全部が難しかったけど、全部が楽しかった」

映画ニュース 2022/5/18 6:00

『ザ・ロストシティ』吹替版予告映像解禁!田中圭は「全部が難しかったけど、全部が楽しかった」

サンドラ・ブロックとチャニング・テイタムがW主演を務める、古代都市をめぐる先読み不能のノンストップ・アドベンチャー『ザ・ロストシティ』(6月24日公開)。このたび本作よりチャニング・テイタムの吹き替えで参加した田中圭の吹替えシーンが解禁となった。

人生に後ろ向きな恋愛小説家のロレッタ(ブロック)は、ロマンティックな冒険モノの新刊の宣伝ツアーに強引に駆りだされる。そんな彼女の前に、小説を読んで彼女が伝説の古代都市「ロストシティ」の場所を知っていると確信した謎の億万長者、フェアファックス(ダニエル・ラドクリフ)が現れ、突然南の島に連れ去られてしまう。そんなロレッタ誘拐事件を知り駆けつけたのは、彼女の作品の主人公を演じるモデルのアラン(テイタム)だった。南の島から脱出するために手を組んだ対照的な性格の二人に、予測不能のハプニングが襲い掛かる。

今回解禁されたのは、全編ほぼ出ずっぱりのクセ強イケメンモデル、アランを演じるテイタムの吹替えを務めた田中が声を当てた吹替版予告。実写映画の吹き替えは『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(19)、『ゴジラvsコング』(21)に続く3度目で、「吹き替えはすごくやってみたいという思いがあったので、今回機会を頂けて、頑張りたいなと素直に嬉しかったし、やりたいという気持ちが強かったです」と明かした。

解禁となった予告には、ジャングルで追手から逃げるなか、アランの背中に大量のヒルが張り付いていることに気づき大騒ぎするもヒルに触れることもできず、ロレッタに取ってもらうシーンなど、チャーミングで臆病で、ちょっとお惚けというアランの魅力がたっぷり詰まっている。そんなアランと自身の似ているところについては「ふざけたがりなところが似ている」と分析。

チャニング・テイタムに負けじと、全力慌てふためくといったリアクションだけでなく、膨大なセリフ量に挑戦したアフレコを終え、「とても難しかったです!あまりに難しくて、途中で心が折れそうになる瞬間が何度もありました。今回改めて思ったのは、自分の声は自分が思っている以上に若いということ。色んなことを気を付けながらというのがすごい難しかったです」と苦労を明かす一方で、「全部のシーンが難しかったですが、全部のシーンが楽しかったです。これでいいのかな、やりすぎかな?と思いながらも、あてることが楽しかったです」と語った。


正反対の二人がハプニングを切り抜けながら古代都市の謎に挑む本作。果たして2人はロストシティに隠された謎を解き明かし、抜けだすことができるのか?そんな先読み不能の大冒険に注目しよう。

文/高木郁

関連作品