森川智之が戦闘機でテイクオフ!本物すぎる『トップガン マーヴェリック』吹替声優発表の撮影模様を独占レポート&インタビュー|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
森川智之が戦闘機でテイクオフ!本物すぎる『トップガン マーヴェリック』吹替声優発表の撮影模様を独占レポート&インタビュー

インタビュー 2022/5/17 19:00

森川智之が戦闘機でテイクオフ!本物すぎる『トップガン マーヴェリック』吹替声優発表の撮影模様を独占レポート&インタビュー

1986年に日本で公開され、社会現象を巻き起こす大ヒットを記録した『トップガン』。その36年ぶりとなる続編『トップガン マーヴェリック』が、度重なる公開延期を乗り越え、ついに5月27日(金)に公開される。トム・クルーズを一躍トップスターにした代表作だが、今作ではトム自身が製作に入り、撮影では自ら戦闘機に搭乗するなど、並々ならぬ情熱を注いでいることでも話題だ。そんな本作の日本語吹替版で、主人公マーヴェリックを演じるのが、声優の森川智之。森川はトム本人からも公認された吹替キャストとして、これまでも様々な作品でトムの声を担当してきた。本作の吹替キャストは森川のほか、マーヴェリックの亡き友人グースの息子ルースター役に、宮野真守の出演が決定している。

本作でマーヴェリックは、超精鋭パイロットの養成校「トップガン」の教官として登場
本作でマーヴェリックは、超精鋭パイロットの養成校「トップガン」の教官として登場[c]EVERETT/AFLO

伝説の「トップガン」続編とあらば、吹替キャストの発表だけでも超大がかり。今回はなんと“マーヴェリック、ルースターに続く本作の強力吹替キャスト陣を森川が発表するプロモーション映像”の撮影現場にMOVIE WALKER PRESSが密着。訓練中の戦闘機が飛び交う航空自衛隊の基地で、パイロットや整備士などの協力のもと、約50名の航空中央音楽隊が演奏する「TOP GUN ANTHEM」のBGMをバックに、フライトジャケットを身にまとった森川が颯爽と飛行場を闊歩するという、前代未聞の撮影現場の模様をお届けする。

本物を追求しすぎ。森川マーヴェリックの『トップガン』体験

戦闘機の轟音が鳴り響く、航空自衛隊基地
戦闘機の轟音が鳴り響く、航空自衛隊基地

撮影は4月上旬、茨城県小美玉市の百里基地にて行われた。今回は基地内の一角を使わせてもらったが、撮影のために訓練を休止しているわけではないため、背後でたびたび戦闘機が飛び交うという類を見ない光景のなか撮影がスタート。最初は森川が飛行場に足を踏み入れ、颯爽と歩くシーンから始まった。フライトスーツがばっちり似合っている。

【写真を見る】戦闘機と記念撮影する森川。ポスターかと見まごう再現度…本気度が高すぎなメイキング写真を独占公開
【写真を見る】戦闘機と記念撮影する森川。ポスターかと見まごう再現度…本気度が高すぎなメイキング写真を独占公開

続いて戦闘機に乗り込むシーン。はしごを登って操縦席に入るのだが、このはしごは機体からぶら下がり、足が地面に触れていないため、見ていると心配になる。自衛隊員にコツを教わりながら、「もう一度いいですか?」と慎重に練習を重ねる森川。そうしてスムーズに機体に乗り込み、ヘルメットとマスクを装着してマーヴェリックのポーズを決める。まるでマーヴェリックがそこにいるかのようなかっこよさなので、完成した映像をぜひチェックしてもらいたい。

見ているほうもひやひや!緊張の搭乗シーン
見ているほうもひやひや!緊張の搭乗シーン

そしてラストは、森川が吹替キャストの名前を一人ひとり読み上げる重要なシーン。約50名の航空中央音楽隊が、本作を象徴するテーマ曲である「TOP GUN ANTHEM」を演奏するなか、颯爽と歩く森川が現役パイロットと整備士たちに答礼をし、吹替キャストの名前を読み上げる。

その姿はまさに教官マーヴェリック
その姿はまさに教官マーヴェリック


余談だが、このテーマ曲のスコアは日本に存在しておらず、この映像のために楽譜を起こして練習してもらったという。どこまでも壮大だ。しかしその甲斐あって、航空中央音楽隊の演奏による「TOP GUN ANTHEM」は重厚感たっぷりで、飛行場が一瞬にして「トップガン」の世界に。撮影を見守る自衛隊員たちも、この場所でこの曲を聞ける貴重な現場を目の当たりにし、感無量の様子。

森川、現役パイロット、航空中央音楽隊の後ろには戦闘機という類を見ない光景
森川、現役パイロット、航空中央音楽隊の後ろには戦闘機という類を見ない光景

最後に、このプロジェクトに快くご協力してくださった、自衛隊員の皆さんと森川が記念写真を撮り、あたたかい拍手が響くなか撮影は終了。訓練中の時間を使っての撮影ということで、撮影の一時中断や待ち時間も発生して疲れているはずなのに、撮影終了後の森川をはじめ自衛隊員やスタッフの顔は晴れやかに見えた。これが「トップガン」のパワーなのかもしれない。こうして、壮大な吹替キャスト発表の撮影が幕を閉じた。

自衛隊員の皆さんと記念撮影。晴れやかな表情がまぶしい
自衛隊員の皆さんと記念撮影。晴れやかな表情がまぶしい

そんな前代未聞の撮影を終えた森川に、MOVIE WALKER PRESSが独占インタビュー。撮影を終えた感想から、マーヴェリックを演じるにあたっての心構え、公開当時から大好きだという「トップガン」への想いを語ってもらった。

関連作品