ファンが選ぶ、初代「ウルトラマン」おすすめの“神回”ベスト10!『シン・ウルトラマン』の原点を振り返る|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
ファンが選ぶ、初代「ウルトラマン」おすすめの“神回”ベスト10!『シン・ウルトラマン』の原点を振り返る

コラム 2022/5/21 20:30

ファンが選ぶ、初代「ウルトラマン」おすすめの“神回”ベスト10!『シン・ウルトラマン』の原点を振り返る

「ウルトラQ」や「ウルトラマン」など「ウルトラ」シリーズの大ファンであることを公言している庵野秀明が企画・脚本を務めた『シン・ウルトラマン』(公開中)。5月13日に満を持して公開を迎えるや、往年の「ウルトラ」シリーズファンはもちろん、これまであまり触れてこなかったという世代からも大好評。これを機に、初代「ウルトラマン」をはじめ過去のシリーズ作を観返してみようと思っている人も少なくないだろう。

【写真を見る】人気怪獣たちの登場回や、『シン・ウルトラマン』の予習に役立つエピソードも!1位から10位まで一挙に紹介
【写真を見る】人気怪獣たちの登場回や、『シン・ウルトラマン』の予習に役立つエピソードも!1位から10位まで一挙に紹介[c]2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 [c]円谷プロ

2021年にテレビ放送がスタートしてから55周年の節目を迎え、日本をはじめ海外でも根強い人気を誇る特撮キャラクター「ウルトラマン」。今回の『シン・ウルトラマン』では、その企画・発想の原点へと立ち還りながら、現代の日本を舞台に“ウルトラマン”が初めて降着した世界を描きだす。主人公の神永新二役を演じる斎藤工を筆頭に、長澤まさみ、西島秀俊、有岡大貴、早見あかりといった豪華キャスト陣の共演も話題をさらい、公開前から大きな注目を集めていた。

そして公開された最初の土日2日間で観客動員数45万人、興行収入7億円を突破し、2022年に公開された邦画実写映画No. 1のスタートを飾り、週末動員ランキングで見事1位を獲得。初日から3日間でも動員64万1802人、興収9億9341万円となり、庵野と樋口真嗣監督がタッグを組み興収82.5億円を記録した『シン・ゴジラ』(16)を上回る大ヒットスタートとなっている。


2020年11月に「須賀川特撮アーカイブセンター」で『シン・ウルトラマン』スタチューお披露目式が行われた際の様子
2020年11月に「須賀川特撮アーカイブセンター」で『シン・ウルトラマン』スタチューお披露目式が行われた際の様子

2019年の暮れに行われた「TSUBURAYA CONVENTION 2019」に登壇した庵野は、本作におけるウルトラマンのデザインを、「ウルトラQ」や「ウルトラマン」などシリーズの世界観構築に大きな功績を残した成田亨が1983年に描いた絵画「真実と正義と美の化身」をコンセプトにしたと明かしている。また、樋口監督もMOVIE WALKER PRESSのインタビューのなかで過去のシリーズへのリスペクトを語っており、日本を代表する2人のクリエイターが持つ「ウルトラマン」への並々ならぬ想いと、その“原点回帰”への決意が、『シン・ウルトラマン』に凝縮されている。

2021年でテレビ放送開始から55周年!昭和から平成、令和と駆け抜けてきたウルトラマン
2021年でテレビ放送開始から55周年!昭和から平成、令和と駆け抜けてきたウルトラマン[c]円谷プロ

そうしたなか、CS放送の「ファミリー劇場」では『シン・ウルトラマン』の公開を記念して、特集放送「ウルトラマン HDリマスター版」ファンが選ぶ10エピソードを放送。ここで往年のファンから選ばれた10作品をチェックすれば、『シン・ウルトラマン』をより一層楽しめること間違いなしだ。

関連作品

  • シン・ウルトラマン

    4.0
    2359
    『シン・ゴジラ』を手掛けた庵野秀明と樋口真嗣が再タッグを組みウルトラマンを映画化