「進撃の巨人」「SPY×FAMILY」『バブル』のWIT STUDIOスタッフが語る、圧倒的な作画への探究|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
「進撃の巨人」「SPY×FAMILY」『バブル』のWIT STUDIOスタッフが語る、圧倒的な作画への探究

インタビュー 2022/5/24 14:00

「進撃の巨人」「SPY×FAMILY」『バブル』のWIT STUDIOスタッフが語る、圧倒的な作画への探究

日本アニメ界を代表するトップクリエイターたちが集結した、現在公開中の長編アニメ映画『バブル』。本作を手掛けるのは、2022年6月に創立10周年を迎えるアニメ制作会社「WIT STUDIO」だ。同社は「進撃の巨人」「甲鉄城のカバネリ」「王様ランキング」や、現在放送中の「SPY×FAMILY」など、数多くのヒットアニメを世に送りだしている。たった10年の間に国内だけでなく、世界中にファンを抱える、日本を代表するアニメ制作会社へと上り詰めた。

そんなWIT STUDIOの魅力はなんといっても、“手描き”に特化したクオリティの高いアニメーションだろう。『バブル』では、泡(バブル)で荒廃した東京の圧倒的な美しさや、臨場感あふれる骨太なパルクールのアクションシーンなどを見事に手描きで表現している。そこで今回、WIT STUDIO創立メンバーであり作画監督としても活躍するアニメーターの浅野恭司と、同社新卒入社で現在はレイアウトや作画監督を務めるアニメーターの村上達也にインタビューを実施。『バブル』制作の裏側を伺うと共に、WIT STUDIOのアニメーション表現が生まれた背景や、10周年を迎えた今後の展望について語ってもらった。

水中で2人が出会う、幻想的で美しい『バブル』の冒頭シーン
水中で2人が出会う、幻想的で美しい『バブル』の冒頭シーン[c]2022「バブル」製作委員会

「世間が求める作画のラインの上を行けるよう、常に意識しています」(浅野)

――ひと口にアニメーターと言っても、人によって作業内容は様々かと思います。お2人は『バブル』でどのような役割を担っていたのでしょうか?

浅野「自分は作画監督として、アニメーターさんたちが描いた画のクオリティアップを重点的に担っています。1枚1枚のカットのディテールや表情を修正したり、大きなスクリーンで観ても耐えられる“劇場クオリティ”に仕上げていったり。それを総作画監督の門脇(聡)さんへ託す中継ぎのような役割でした」

村上「荒木(哲郎)さんの作品には毎回、大規模な崩壊シーンが登場するのですが、僕はそういったシーンを描かせていただくことが多くて。『バブル』でいうと、物語中盤のパルクールの試合中に高速道路が崩壊していくシーンは一番力を入れたところです。また、今回は初めて作画監督も務めました」

幼いころから特殊な聴覚を持ち、他人とのコミュニケーションをあまり好まないヒビキ
幼いころから特殊な聴覚を持ち、他人とのコミュニケーションをあまり好まないヒビキ[c]2022「バブル」製作委員会

――では、その役割のなかでアニメーターとしてこだわったことを教えてください。

村上「リアリティのある作画を目指しています。なにを描くにしても映像や書籍から資料を集め、実物のなかに自分の思い描いたものを取り入れて形にしていきます。『バブル』の場合はパルクールを題材にした作品なので、YouTubeに上がっているパルクールの動画などを参考にしています。ちなみに荒木さんはパルクール選手の方に取材をして、実際に自分もパルクールの動きをしてみたそうです」

浅野「画のクオリティをすごく意識しています。世間が求める作画のラインを含めて、一定のラインより上に持っていかなければという気持ちは常にありますので、そのためにどうするかを考えて作画していますね。とはいえ、クオリティアップのために自分がすべて修正するわけではなくて、動きのあるシーンはそれが得意な人に任せるなど、役割分担を考えながら向上に努めています」

世界中に降り注いだ謎の泡(バブル)によって、重力が壊れ、水没した東京
世界中に降り注いだ謎の泡(バブル)によって、重力が壊れ、水没した東京[c]2022「バブル」製作委員会

――なぜそこまでクオリティを重視するようになったのでしょうか?

浅野「WIT STUDIOを立ち上げるにあたり、どういった映像を作り上げていくかを考えました。自分を含めた創立メンバーは『Production I.G』(アニメ制作会社、以下I.G)出身なのですが、当時のI.Gは劇場アニメを中心に制作していた会社だったので、クオリティの担保を重点的に掲げていたんです。『しっかりクオリティを保て』と口酸っぱく言われながら15年くらいI.Gでアニメーターをしていると、その考えがしみ込んでくるわけですよ。そんな人たちが設立に携わっているから、クオリティを担保したアニメーションを作る方針は自然と決まっていきましたね」

パルクールの動きは実際の映像を参考に、限りなくリアリティを追求
パルクールの動きは実際の映像を参考に、限りなくリアリティを追求[c]2022「バブル」製作委員会

「創立メンバーの方たちは、すさまじい熱量とこだわりを持っている」(村上)

――クオリティ以外で方針として決めたことはありますか?例えば、WIT STUDIOのアニメーションはキャラクターのリアルな動きが特徴の一つかと思いますが、それも設立時からすでに取り組んでいたことなのでしょうか?

浅野「皆さんが感じているような特徴に関して言うと、アニメーターさんのやりたいことをやらせた結果こうなったんですよね(笑)。動きを描きたいアニメーターさんがWIT STUDIOの原点であるI.G制作6課に自然と集まり、そのメンバーが荒木監督の『ギルティクラウン』に携わり、アニメーターの技量を存分に発揮したあと、WIT STUDIOに流れて来たという。それが結果的に、(同じく荒木監督が手掛けた)『進撃の巨人』のアニメーションにつながるんですよね。荒木監督の目指す方向性を、どうやって具現化していくか試行錯誤したメンバーがいた結果が、いまにつながっているのではないかと」

村上「僕はWIT STUDIO創立後に新卒入社したのですが、浅野さんがおっしゃるように、創立当時からいたアニメーターの方たちはすさまじい熱量とこだわりを持っていて。画面に映る画への責任感は計り知れません。僕も先輩方を追いかけたいと影響を受けて、いままでやってきました」


【写真を見る】臨場感あふれるアクションシーンが特徴のWIT STUDIO、そのクオリティの秘訣とは?
【写真を見る】臨場感あふれるアクションシーンが特徴のWIT STUDIO、そのクオリティの秘訣とは?[c]2022「バブル」製作委員会
アニメ&映画ファンが語る“バブル”没入体験!『バブル』特集【PR】

関連作品

  • バブル

    3.7
    409
    泡〈バブル〉により重力が壊れた東京で奔走する少年少女を描くオリジナルアニメ映画
    Netflix