『シン・ウルトラマン』観客動員150万人突破を記念し、本編冒頭を限定公開!庵野秀明セレクトの初代「ウルトラマン」4K上映も決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
『シン・ウルトラマン』観客動員150万人突破を記念し、本編冒頭を限定公開!庵野秀明セレクトの初代「ウルトラマン」4K上映も決定

映画ニュース 2022/5/26 16:10

『シン・ウルトラマン』観客動員150万人突破を記念し、本編冒頭を限定公開!庵野秀明セレクトの初代「ウルトラマン」4K上映も決定

庵野秀明が企画・脚本を務め、樋口真嗣監督がメガホンをとった『シン・ウルトラマン』(公開中)。5月13日に公開され動員ランキングで2週連続1位を獲得する大ヒットとなっている本作が、このたび公開14日目で観客動員数150万人を突破。それを記念して、本編冒頭映像が期間限定公開されることが決定した。

『シン・ウルトラマン』冒頭1分17秒には“原点”へのオマージュ・リスペクトが満載
『シン・ウルトラマン』冒頭1分17秒には“原点”へのオマージュ・リスペクトが満載[c]2022「シン・ウルトラマン」製作委員会 [c]円谷プロ

1966年の放送開始以来、日本国内はもちろん海外でも100を超える地域で放送され根強い人気を誇る「ウルトラマン」。その企画・発想の原点に立ち還りながら、現代日本を舞台に描かれる本作。次々と巨大不明生物“禍威獣”が現れ、その存在が日常となったなか、日本政府は“禍威獣特設対策室”(=通称“禍特対”)を設立。班長の田村君男(西島秀俊)をはじめ、作戦立案担当官の神永新二(斎藤工)らが任務にあたり、さらなる禍威獣の危機が迫るなか、大気圏外から突如として“銀色の巨人”が姿をあらわす。


【写真を見る】『シン・ウルトラマン』本編冒頭映像がついに公開!待ち受ける驚愕の展開とは
【写真を見る】『シン・ウルトラマン』本編冒頭映像がついに公開!待ち受ける驚愕の展開とは[c]2022「シン・ウルトラマン」製作委員会 [c]円谷プロ

このたび公開される本編冒頭映像は1分17秒。日本に禍威獣が現れ日常化していく“前史”が、「ウルトラ」シリーズの“原点”へのオマージュとリスペクトを散りばめながらスピーディーに描かれていくという、ファンにはたまらない映像に仕上がっている。この映像は5月27日(金)20時より、YouTubeの東宝MOVIEチャンネルにてプレミア公開後5月29日(日)19時59分までの48時間限定公開。是非ともアクセスして底知れぬ高揚感を味わってほしい。

ダダが登場する第28話「人間標本5・6」
ダダが登場する第28話「人間標本5・6」[c]円谷プロ

また6月3日(金)から全国13劇場にて、庵野秀明がセレクトした初代「ウルトラマン」を4Kリマスターで特別上映する企画も開催決定。上映されるのは第18話「遊星から来た兄弟」と第26話「怪獣殿下(前篇)」、第28話「人間標本5・6」、そして第34話「空の贈り物」の4エピソード。さらに5月30日(月)からウルトラマン公式YouTubeチャンネルにて伝説の短編アニメ「ザ・ウルトラマン」が期間限定公開されることも決定。

スカイドンが登場する第34話「空の贈り物」
スカイドンが登場する第34話「空の贈り物」[c]円谷プロ

是非ともこの機会に、『シン・ウルトラマン』と「ウルトラマン」の世界をより深く楽しんでみてはいかがだろうか。

文/久保田 和馬

関連作品

  • シン・ウルトラマン

    4.0
    2359
    『シン・ゴジラ』を手掛けた庵野秀明と樋口真嗣が再タッグを組みウルトラマンを映画化