菅田将暉が母の秘められた想いに気づくとき…映画『百花』最新予告映像解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
菅田将暉が母の秘められた想いに気づくとき…映画『百花』最新予告映像解禁

映画ニュース 2022/6/1 8:00

菅田将暉が母の秘められた想いに気づくとき…映画『百花』最新予告映像解禁

菅田将暉、原田美枝子が親子役でW主演を務める映画『百花』(9月9日公開)。公開まであと100日となった本日、せつなくも美しい最新予告映像が解禁となった。

【写真を見る】記憶を失っていく母と思い出を取り戻していく息子。「半分の花火」の意味とは?
【写真を見る】記憶を失っていく母と思い出を取り戻していく息子。「半分の花火」の意味とは?[c]2022「百花」製作委員会

原作は、本作で初の長編監督を務める川村元気の同名小説。本作は、記憶を失っていく母と向き合うことで、母との思い出を蘇らせていく息子の姿を描く物語。息子の葛西泉を菅田が、母の葛西百合子を原田が演じ、親子の愛を紡ぎだす。共演には、長澤まさみ、永瀬正敏、北村有起哉、岡山天音、河合優実、長塚圭史、板谷由夏、神野三鈴ら、日本映画界を牽引する実力派豪華俳優陣が名を連ねている。

解禁となった映像には、記憶を失っていく母の百合子(原田)と、思い出を取り戻していく息子の泉(菅田)、そして、2人に深く関わっていく香織(長澤)と浅葉(永瀬)の姿が散りばめられている。泉の名を強く叫ぶ百合子、「ごめん…」と涙を流す泉など、物語の核心に迫る重要な場面が続くなか、百合子が口にする「半分の花火、見たい」という謎の言葉。「半分の花火」の本当の意味に気づいた時、母の秘められた想いが明かされる。

記憶という謎に挑み、現代に新たな光を投げかける感動作。予告映像にのせられた印象的な美しい歌声とともに、音楽と映像美と切なくも美しい物語を堪能したい。

文/タナカシノブ

関連作品