子安武人が“神殺し”ゴア役でMCUに参戦!『ソー:ラブ&サンダー』日本語版、続投続投&新声優が発表|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
子安武人が“神殺し”ゴア役でMCUに参戦!『ソー:ラブ&サンダー』日本語版、続投続投&新声優が発表

映画ニュース 2022/6/2 17:00

子安武人が“神殺し”ゴア役でMCUに参戦!『ソー:ラブ&サンダー』日本語版、続投続投&新声優が発表

全世界興行収入歴代No. 1を記録した『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)の後の世界を描く、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作『ソー:ラブ&サンダー』が7月8日(金)より日米同日公開。このたび本作の主要キャラクターを演じる日本語版声優の続投&新声優情報が解禁された。

最凶最悪の敵サノスによって人類の半分が消し去られた世界を舞台にした本作。失われた人々を取り戻すため、アイアンマンやキャプテン・アメリカと共に時空を超えた戦いに身を投じたソー。“奇跡”を起こし、激闘を勝ち抜いたソーは、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーと共に地球を後にしていた。自分探し中の彼に襲いかかるのは、全宇宙の神々滅亡を目論む“神殺し”のゴア。絶体絶命のピンチに陥ったその時、元恋人のジェーンが新たな“マイティ・ソー”に姿を変えて現れ…。


三宅健太や坂本真綾ら『ソー:ラブ&サンダー』日本語版声優が一挙に発表
三宅健太や坂本真綾ら『ソー:ラブ&サンダー』日本語版声優が一挙に発表

このたび発表された日本語版声優は全部で8名。まずはシリーズ1作目からソー役を担当し続けている三宅健太、ソーの元恋人でナタリー・ポートマン演じるジェーンの声を担当し続けてきた坂本真綾。そして、前作『マイティ・ソー バトルロイヤル』(17)に続いてヴァルキリー役を担当する沢城みゆき。さらにソーと行動を共にするガーディアンズのメンバーとして、ピーター・クイル役の山寺宏一、ロケット役の加藤浩次、グルート役の遠藤憲一、マンディス役の秋元才加らおなじみの顔ぶれも続投。

そして新たに登場するヴィラン“神殺し”のゴア役を担当するのは、「進撃の巨人」や「鬼滅の刃」など数々の人気アニメでイケメンキャラから悪役まで幅広い役柄をこなしてきた子安武人。彼ら豪華声優陣によって盛り上げられる、“アベンジャーズBIG3”最後の一人であるソーの新章の幕開け。公開まで期待は高まるばかりだ!

関連作品