禍威獣とのバトルも再現可能!『シン・ウルトラマン』のフィギュアが見参|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
禍威獣とのバトルも再現可能!『シン・ウルトラマン』のフィギュアが見参

コラム 2022/6/12 22:30

禍威獣とのバトルも再現可能!『シン・ウルトラマン』のフィギュアが見参

話題の映画や映像作品から思わず欲しくなるフィギュアをご紹介。今回は「ウルトラマン」の原点を見つめ直しながらも新しい形で現代に送りだした映画『シン・ウルトラマン』(公開中)から、海洋堂より発売されるアイテムをチェックしていきたい。

CGで制作されたウルトラマンの筋肉感をリアルに表現

【写真を見る】筋肉表現がスゴい!話題作『シン・ウルトラマン』のフィギュアのこだわり(「ウルトラマン(映画『シン・ウルトラマン』) Character Classics」)
【写真を見る】筋肉表現がスゴい!話題作『シン・ウルトラマン』のフィギュアのこだわり(「ウルトラマン(映画『シン・ウルトラマン』) Character Classics」)[c]2022「シン・ウルトラマン」製作委員会 [c]円谷プロ

まず紹介するのは、映画に登場するウルトラマンを全高約27cmで立体造形した「ウルトラマン(映画『シン・ウルトラマン』) Character Classics」。原型制作はこれまでも数々のウルトラマンのアイテムを手掛けてきた木下隆志が担当。超リアル志向をコンセプトに作られたハイクオリティなフィギュアだ。

映画『シン・ウルトラマン』のウルトラマンがキャラクタースーツではなくCGで制作されているという点を考慮して、これまで重点を置いてきたスーツのシワや質感ではなく、皮膚や筋肉などを綿密に計算、考証して表現されている。

「ウルトラマン」フィギュアの第一人者・木下隆志が原型制作を手掛けている(「ウルトラマン(映画『シン・ウルトラマン』) Character Classics」)
「ウルトラマン」フィギュアの第一人者・木下隆志が原型制作を手掛けている(「ウルトラマン(映画『シン・ウルトラマン』) Character Classics」)[c]2022「シン・ウルトラマン」製作委員会 [c]円谷プロ

そんなこだわり抜かれたフォルムを、レジンキャストによる精密なディティールと手作業による塗装で作り上げており、スペシウム光線を放つポーズはとにかくクールで神々しさすら感じられる。LEDを搭載した目が発光するギミックも楽しいアイテムだ。

手のひらサイズのアイテムでウルトラマンと禍威獣のバトルを再現!

ウルトラマン&禍威獣が手のひらサイズのフィギュアに!(「miniQ シン・ウルトラマン (1BOX6個入り)」)
ウルトラマン&禍威獣が手のひらサイズのフィギュアに!(「miniQ シン・ウルトラマン (1BOX6個入り)」)22年7月発売 価格:3,300円(税込) 発売・販売元・企画造形制作:株式会社海洋堂 [c]2022「シン・ウルトラマン」製作委員会 [c]円谷プロ

次にウルトラマンと禍威獣を全高約7cmという手のひらサイズで立体化したトレーディングフィギュア「miniQ シン・ウルトラマン (1BOX6個入り)」もチェック。ウルトラマンの造形を木下隆志が、ネロンガとガボラという2体の禍威獣を生物造形の第一人者として知られる松村しのぶが担当した、小さくも品質は間違いなしのアイテム。統一スケールのため、ウルトラマンと禍威獣を並べて劇中のバトルも再現できる。


ウルトラマンはスペシウム光線を放つポージングで立体化(「miniQ シン・ウルトラマン (1BOX6個入り)」)
ウルトラマンはスペシウム光線を放つポージングで立体化(「miniQ シン・ウルトラマン (1BOX6個入り)」)[c]2022「シン・ウルトラマン」製作委員会 [c]円谷プロ

本来の美しさを描き出すため再構築された新デザインのウルトラマンは、腕を十字に組んだスペシウム光線の構えで造形。筋肉質なプロポーションとなっており、腹筋への力の入り具合など絶妙に作り込まれている。

関連作品

  • シン・ウルトラマン

    4.0
    2359
    『シン・ゴジラ』を手掛けた庵野秀明と樋口真嗣が再タッグを組みウルトラマンを映画化