「バイオハザード」、DC「サンドマン」からデル・トロ、バートン監督作まで!Netflix「Geeked Week」Day1まとめ|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
「バイオハザード」、DC「サンドマン」からデル・トロ、バートン監督作まで!Netflix「Geeked Week」Day1まとめ

映画ニュース 2022/6/12 20:00

「バイオハザード」、DC「サンドマン」からデル・トロ、バートン監督作まで!Netflix「Geeked Week」Day1まとめ

オンラインストリーミングサービスNetflixが、アメリカ時間6月6日~10日(日本時間:7日~11日)にわたって開催したオンラインイベント「Geeked Week(ギークドウィーク)」のDay1:シリーズにて、ダークな魅力あふれる新ドラマシリーズの情報やキービジュアル、映像などが一挙に発表された。

「バイオハザード」新シリーズの舞台は2036年

【写真を見る】新キャストで放つ「バイオハザード」のキービジュアル
【写真を見る】新キャストで放つ「バイオハザード」のキービジュアル

世界的な大ヒットゲームが原作の新シリーズ「バイオハザード」(7月14日より配信)からは、不穏な空気が漂う最新予告編とキービジュアルが解禁。舞台は、生物をアンデッド化させてしまう"T-ウィルス"の拡散が人類を破滅に導いてから14年後の2036年で、新たな主人公ジェイド・ウェスカーが、必死に生き延びようと戦っていく。

解禁された予告編では、平穏にも見えるがどこか不気味な人工都市ニューラクーンシティの様子や、血に飢えた感染者や怪物が蔓延る危険な世界の一端が映されている。また、キービジュアルでは、深紅で異形のアンデッドの一目で凶暴っぷりが伝わる姿が切り出されているので乞うご期待。

「サンドマン」では主人公モルフェウスの暗い過去が明かされる

DCコミックスの人気シリーズ「サンドマン」
DCコミックスの人気シリーズ「サンドマン」

DCコミックスの人気シリーズを映像化したダークファンタジー「サンドマン」の配信日が 8月5日(金)に決定。現代神話とダークファンタジーを融合させた全く新しい世界観で贈るドラマシリーズの主人公は、幾つもの異名を持つ夢の王=“ドリーム・キング”ことモルフェウスだ。彼が過去に犯したとある過ちを償おうと、人々を翻弄しながらも荒廃した世界を再建しようとする。

解禁された予告編では、モルフェウスが操る幻想的な魔術や、血の涙を流す謎の男の姿が強い印象を残す。「城もこの世界も変わりました。陛下が去ったことで崩壊した」と、執事らしき人物がモルフェウスに語りかけているが、果たしてモルフェウスの遠い過去とは。そして未だ謎に包まれた物語の行く先とは。

熱狂的な人気を誇るネトフリ韓ドラ「今、私たちの学校は…」のシーズン2が決定

ネトフリ韓ドラの“青春×ダーク”なゾンビシリーズ「今、私たちの学校は…」シーズン2のUS版キービジュアル
ネトフリ韓ドラの“青春×ダーク”なゾンビシリーズ「今、私たちの学校は…」シーズン2のUS版キービジュアル


シーズン1の配信後、多くの国でNetflixのトップ10入りを果たし、ネトフリ韓ドラの中でも人気の高さを証明することとなった大ヒット作「今、私たちの学校は...」からは、シーズン2の決定を告げる特別映像とUS版キービジュアルが解禁となった。

ゾンビウイルスがまん延した高校に閉じ込められた生徒たちが、生き残るために力を合わせて戦う姿が描かれたシーズン1。スケールアップされるシーズン2ではどのような悲劇が描かれるのか!? 果たしてシーズン1で生き残ったキャラクターは登場するのか、そして新たなキャストたちにも期待したい。

奇才ギレルモ・デル・トロが手掛ける8つの恐ろしい物語とは?

ギレルモ・デル・トロのホラーシリーズが配信決定
ギレルモ・デル・トロのホラーシリーズが配信決定

『パシフィック・リム』(18)を手掛け、『シェイプ・オブ・ウォーター』(17)でアカデミー賞作品賞、監督賞など4部門を受賞、12月にはNetflix映画『ギレルモ・デル・トロのピノッキオ』の配信も予定している奇才ギレルモ・デル・トロの最新作「Guillermo del Toro's Cabinet of Curiosities(原題)」の配信が決定し、不気味な世界観の一端を映し出した初映像が解禁された。

本作は、独創的かつダークな世界観でおなじみのデル・トロ監督が手掛けた、身の毛もよだつ8つの恐ろしい物語。怪しげな屋敷、薄暗い部屋、横たわる骸骨など、物語の全貌は未だ謎に包まれているが、エピソード毎にデル・トロが選び抜いたキャスト、作り手によって描き出される恐怖要素満載の本作に注目が集まっている。

鬼才ティム・バートン作「ウェンズデー」の主人公は「アダムス・ファミリー」の長女

ティム・バートン監督「ウェンズデー」配信決定
ティム・バートン監督「ウェンズデー」配信決定

『チャーリーとチョコレート工場』(05)や「アリス・イン・ワンダーランド」シリーズなどの鬼才ティム・バートンが監督、製作総指揮を務める新作「ウェンズデー」の近日配信決定を告げる初映像も解禁。本作は、お化け一家が繰り広げるホラーコメディ「アダムス・ファミリー」に登場する、長女ウェンズデーを主人公に迎えた物語だ。

原作では不幸そうな顔つきをしていて無口だが、口を開くとブラックな一言を発するウェンズデー。本作では、学生生活に奮闘する10代の彼女が、自分の一族にまつわる殺人ミステリーに巻き込まれていく姿が描かれていく。

そのほか、原作&エグゼクティブ・プロデューサーを尾田栄一郎が務める実写ドラマシリーズ「ONE PIECE」からは、ゴーイングメリー号などの撮影のセットの一端を収めた、主人公モンキー・D・ルフィ役のイニャキ・ゴドイと製作陣のコメント付き映像にもテンションアップ。また、12月に配信が決定している、山崎賢人・土屋太鳳共演の「今際の国のアリス」シーズン2の場面写真も解禁された。

文/山崎伸子

※崎は立つ崎(たつさき)が正式表記