今井翼、hideの弟・松本裕士からの感謝の言葉に涙!「感無量です。この作品に巡り会えてよかった」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
今井翼、hideの弟・松本裕士からの感謝の言葉に涙!「感無量です。この作品に巡り会えてよかった」

イベント 2022/6/15 21:40

今井翼、hideの弟・松本裕士からの感謝の言葉に涙!「感無量です。この作品に巡り会えてよかった」

hideの実弟である松本裕士の著書をもとに、1998年にに急逝したhideが遺した音楽を世に届けるため奮闘する弟と仲間たちを描いた映画『TELL ME ~hideと見た景色~』(7月8日公開)。本作の完成披露上映会が6月15日に新宿バルト9で開催され、今井翼塚本高史JUON塚本連平監督が登壇。サプライズで原作者の松本が駆けつけ「本当にありがとうございました」と登壇者陣に感謝すると、今井が「感無量です」と涙した。

『TELL ME ~hideと見た景色~』の完成披露上映会が開催された
『TELL ME ~hideと見た景色~』の完成披露上映会が開催された

X JAPANのギタリストで、ソロアーティストとしても活躍したhide。彼の弟で駆け出しのマネージャー、松本裕士役として、今井が映画初主演を果たした。今井は「この日を迎えられたこと、特別な想いでいっぱいです」と会場を見渡して感激しきり。ステージにYOSHIKIから「hideの遺した音楽や芸術を、こうして世の中に語り継いでくれることに感謝します」とコメントが届くひと幕もあり、「一番近くで、たくさんの時間を共にしたYOSHIKIさんから、このような言葉をいただけて感無量です」と喜びをかみ締めた。

映画初主演を果たした今井翼
映画初主演を果たした今井翼

もともとhideのことが好きだったという今井は、「今回hideさんにまつわる作品、そして裕士さんに焦点を当てた作品ということで、ありがたい想いと同時に、しっかりと自分なりに意志を持って描いていきたいと思いました」とオファーを受けた時の心境を吐露。「一人一人がhideさんに対して感謝して、敬意を持って進めていった」と現場の熱を振り返りながら、「裕士さんが抱えた苦悩を感じながら、繊細に演じていた」と役作りについて語った。

hide役を演じたJUON、プレッシャーより「うれしさが勝った」
hide役を演じたJUON、プレッシャーより「うれしさが勝った」

hide役を演じたJUONはピンク色のヘアスタイルで登場し、「映画が公開されるまで、ピンク色でいようと決めていた」とにっこり。「自分も同じギターボーカリストなので、hideを演じるというのは非常に光栄なことでした。撮影中は、1秒1秒、愛おしい時間が流れていた。毎日hideのことを思いながら過ごしていくのは貴重なことであり、ミュージシャンとしてこの上ない喜びでした」と心を込めた。今井が「JUONくんはミュージシャンをやっているなかで、今回は役者としてhideさんを演じた。ものすごい度胸が必要だったと思う。JUONくんとても明るくて、いつも現場を華やかにしてくれた」とJUONの勇気を称えると、会場からも大きな拍手。JUONは、プレッシャー以上に「うれしい気持ちが勝った」とhide役を演じるという特別な経験について述懐していた。


「ファンの人を裏切らないようなものにしたかった」という塚本高史
「ファンの人を裏切らないようなものにしたかった」という塚本高史

hideの共同プロデューサー I.N.A.役を演じたのが、塚本。塚本は「もし自分が出られなかったら、この映画を観られていない。すごく嫉妬していたはず」というほどhideへの愛が強いそうで、衣装やギターなど細やかな描写についても、塚本が現場でアドバイスすることもあったという。今井は「極力、忠実に描けたのは高史くんの存在が大きい」としみじみ。塚本は「僕のなかのテーマは、hideちゃんのファンに嘘のないようにすること。ファンの人を裏切らないようなものにしたいということだった」と話していた。

関連作品