「ムロツヨシが最高に狂っている」「ずっと展開が読めない」映画ファンが体感した『神は見返りを求める』の身につまされるようなリアルさとは?|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
「ムロツヨシが最高に狂っている」「ずっと展開が読めない」映画ファンが体感した『神は見返りを求める』の身につまされるようなリアルさとは?

コラム 2022/6/22 20:30

「ムロツヨシが最高に狂っている」「ずっと展開が読めない」映画ファンが体感した『神は見返りを求める』の身につまされるようなリアルさとは?

人間の暗部を暴きだすような数々の傑作をこれまで生みだしてきた吉田恵輔監督の最新作『神は見返りを求める』が6月24日(金)より公開される。"YouTuber"という職業を通して、いまという時代を象徴的かつポップに描く一方、"欲"や"嫉妬"、"本音と建前"といった人が誰しも持つ醜さや葛藤をも鮮烈に描きだす。

「今年いちの衝撃映画!」(20代・女性)
「ずっと展開が読めないおもしろい映画」(20代・男性)


公開に先立って実施されたMOVIE WALKER PRESSの試写会でも、急激にテイストが変わる作風に「翻弄された」という声が多く寄せられている。そんな本作の見どころを観客の声と共に紐解いていく!

吉田恵輔節満載の、“心温まりづらい”エグられるラブストーリー

田母神は体を張って、ゆりちゃんのYouTubeチャンネルを熱心に手伝う
田母神は体を張って、ゆりちゃんのYouTubeチャンネルを熱心に手伝う[c]2022「神は見返りを求める」製作委員会

『ヒメアノ〜ル』(16)や『空白』(21)など数々の話題作を世に送りだした吉田監督。これまで『さんかく』(10)、『犬猿』(18)といった作品で、男女のこじれた関係性を巧みに映してきた。それらはどれもパッと見はポップだが、蓋を開けると猛毒…。吉田監督が自ら書き下ろした本作について、

「明るくポップに吉田恵輔監督らしいエグさがあってとても好きでした」(20代・男性)
「心をえぐられる(不)快作」(20代・男性)
「日常の人の嫌で正直なところが詰め込まれている作品」(30代・女性)


との感想が並んでおり、吉田監督ワールド全開の1作。底辺YouTuberの女の子と彼女を手伝うおじさんのポップな愛憎ストーリーが綴られていく。

YouTuberのゆりちゃんと彼女を手伝う田母神の壊れていく関係を、吉田監督らしくポップに描く
YouTuberのゆりちゃんと彼女を手伝う田母神の壊れていく関係を、吉田監督らしくポップに描く[c]2022「神は見返りを求める」製作委員会

合コンで出会ったイベント会社勤務の田母神(ムロツヨシ)とYouTuberのゆりちゃん(岸井ゆきの)。再生回数に悩むゆりちゃんを不憫に思った田母神は、まるで神のように見返りを一切求めず、彼女のYouTubeチャンネルの制作を手伝うことに。なかなか結果は出ないものの、前向きに取り組んでいく良きパートナーになっていく。

そんな時、ゆりちゃんは田母神の同僚である梅川(若葉竜也)の紹介で人気YouTuberのチョレイ・カビゴン(吉村界人・淡梨)と知り合い、彼らとの“体当たり系”コラボ動画によって突然バズる。さらに、デザイナ一の村上(栁俊太郎)と動画制作を始め、人気YouTuberの仲間入りを果たすが、その成功を素直に喜べない田母神の態度に辟易したゆりちゃんは、センスのない田母神のことをしだいに敬遠するようになる。

怒り狂った田母神は、自らのYouTubeチャンネルを開設し、ゆりちゃんの裏の顔を暴露していくのだが…
怒り狂った田母神は、自らのYouTubeチャンネルを開設し、ゆりちゃんの裏の顔を暴露していくのだが…[c]2022「神は見返りを求める」製作委員会

売れたことをきっかけに人気者たちとつるむようになり、あろうことか自分のチャンネルを支えてくれていた田母神をバカにするようになったゆりちゃん。そんな彼女に対し、田母神は善意に対する見返りを執拗に求め、怒り出してしまう…。

「感情のジェットコースターがすごかった」(20代・女性)
「人間の生活が変わっていくさまがとてもこわくておもしろかった」(10代・女性)
「喜怒哀楽のすべてが詰まっている!」(20代・女性)


上記のコメントにあるように、本作では成功をきっかけに崩壊する人間関係が起伏豊かに描かれていく。それだけに感情を刺激されたという言葉も。

「感情がごちゃごちゃ。やっと仲直りができたと思ったら、衝撃の最後だった」(20代・女性)
「笑っていたのに、最後は泣いていた」(20代・女性)
「みんなキモイし、こんな人いっぱいいるし、リアリティあって、なんか…」(40代・女性)


決して心温まるような物語ではないが、心に突き刺さるものを感じた人が多かったようだ。

関連作品