ユアン・マクレガーとヘイデン・クリステンセンが語る「オビ=ワン・ケノービ」撮影秘話「最終話にも楽しいイースター・エッグがあるので期待して!」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
ユアン・マクレガーとヘイデン・クリステンセンが語る「オビ=ワン・ケノービ」撮影秘話「最終話にも楽しいイースター・エッグがあるので期待して!」

インタビュー 2022/6/21 22:32

ユアン・マクレガーとヘイデン・クリステンセンが語る「オビ=ワン・ケノービ」撮影秘話「最終話にも楽しいイースター・エッグがあるので期待して!」

スター・ウォーズ」ファンの間でも大きな話題になったドラマシリーズ「オビ=ワン・ケノービ」(ディズニープラスで独占配信中)の第6話がいよいよ6月22日(水)に配信される。最終話を前に、タイトルロールを務めたユアン・マクレガーと共演のヘイデン・クリステンセンを直撃。プライベートでも親交の深い2人が、17年ぶりにオビ=ワン役とアナキン・スカイウォーカーことダース・ベイダー役を再演した感想と共に、胸熱な撮影秘話をたっぷりと語ってくれた。

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(05)の10年後が描かれる本作では、自分のパダワン(弟子)だったアナキンが、ダークサイドに堕ちたことに自責の念を抱くオビ=ワンの葛藤と苦悩が深掘りされつつ、10歳のレイア姫との深い絆が紡がれていく。監督は、「スター・ウォーズ」初の実写スピンオフドラマ「マンダロリアン」にも参加していたデボラ・チョウで、全6話を手掛けた。

「新三部作の一番の違いはテクノロジーで、役者にとっては大きな違いがあった」(マクレガー)

 オビ=ワン・ケノービ役のユアン・マクレガー
オビ=ワン・ケノービ役のユアン・マクレガー[c]2022 Lucasfilm Ltd.

――新三部作との大きな違いの一つは、ジョージ・ルーカスが現場にいないことですが、物語を継承していくために、現場ではどんなふうに動かれたでしょうか?

マクレガー「確かにジョージはいませんでしたが、デボラ・チョウというすばらしい監督に恵まれたし、幸運にも全話を彼女に監督してもらうことができました。シリーズには懐かしいキャラクターも新しいキャラクターも登場しますから、前とはまた違う新しさを感じたし、ワクワクしました。
また、一番の違いはテクノロジーだとも思います。新三部作と比べると、テクノロジー的にも20年分の進化がありますから。今回は“ステージ・クラフト”というシステムを使って撮影をしました。セットを覆う、巨大なドーム型のスクリーンにすべてが映し出されるので、背景などを後で足す必要がなく、すべてをカメラで実際に撮ることができます。ブルーバックやグリーンバックではなく、すべてが目の前にあることが役者にとっては大きな違いで、すごくリアルな環境で演技ができたことがうれしかったです」

 アナキン・スカイウォーカーことダース・ベイダー役のヘイデン・クリステンセン
アナキン・スカイウォーカーことダース・ベイダー役のヘイデン・クリステンセン[c]2022 Lucasfilm Ltd.

クリステンセン「いろいろな意味で新三部作とは違いました。慣れ親しんだ部分もたくさんありましたが、ユアンが言っていたテクノロジーの違いもあるし、ストーリー自体が新三部作とは違う時代が舞台で、ストーリーテラー(デボラ監督)も新しい。僕も、よりダース・ベイダーと時間を過ごしましたし、そのことで役者として役に要求されるものもかなり違いました」

――第3話の対決シーンや第5話での回想シーンなどでのオビ=ワンとアナキン2人によるファイトシーンがすごく話題になりましたが、同シーンの撮影はいかがでしたか?

オビ=ワン・ケノービとダース・ベイダー“師弟対決”
オビ=ワン・ケノービとダース・ベイダー“師弟対決”[c]2022 Lucasfilm Ltd.


クリステンセン「オビ=ワンとダース・ベイダーの対決は、僕にとって間違いなくハイライトの1つでした。ライトセーバーでの戦いはどれも最高に楽しかったです。『エピソード2』の撮影時に、ユアンと僕は一緒にかなりトレーニングをしたのですが、お互いと戦うことはなかったです。ようやく『エピソード3』で直接対決のシーンがあり、あれは本当に楽しかったし、すごく記憶に残る経験でした。今回『オビ=ワン・ケノービ』で再び相まみえることができただけでなく、フラッシュバックでも対峙するシーンがあり、まるでタイムトラベルをしているようなすごく不思議な感覚でした。再びセットでこのキャラクターたちを演じているのに、時間がまったく経過していないような感じがしたんです」

マクレガー「僕も同感です。ヘイデンと仕事ができること自体が本当にすばらしいことでした。同じキャラクターをヘイデンと一緒に再び演じられることは、故郷に戻ってきたような感覚でした。当時、オーストラリアでニック・ギラード率いるスタント・チームに、複雑な殺陣を教わったあの時間は本当に楽しかったし、雰囲気もとても良かったです。それをまた今回も経験できたのは最高でした。また、みなさんも僕らが対決するのを楽しみにしてくれていることがわかっていたから、エキサイティングだったし、撮影にも熱が入りました」

伝説の戦いの“その後”を目撃!「オビ=ワン・ケノービ」特集【PR】

関連作品