人気ジャズ漫画映画化『BLUE GIANT』2023年2月公開決定!ティザービジュアルも解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
人気ジャズ漫画映画化『BLUE GIANT』2023年2月公開決定!ティザービジュアルも解禁

映画ニュース 2022/6/22 12:01

人気ジャズ漫画映画化『BLUE GIANT』2023年2月公開決定!ティザービジュアルも解禁

同名の人気ジャズ漫画のアニメーション映画化『BLUE GIANT』がが2023年2⽉17⽇(⾦)に公開決定。あわせて同作のスタッフ情報とティザービジュアルが解禁された。

【写真を見る】NUMBER 8のプロフィール画像
【写真を見る】NUMBER 8のプロフィール画像[c]2023 映画「BLUE GIANT」製作委員会 [c]2013 石塚真一/小学館

原作は、小栗旬主演で映画化された「岳 -ガク-」などで知られる⽯塚真⼀が手掛ける、シリーズ累計840万部突破の話題のコミック。ジャズに魅了された少年、宮本大が、仲間とともに世界一のジャズプレーヤーを志す姿を追う青春ストーリーとなっている。2013年の連載開始以来「マンガ大賞2016」で3位選出、第62回「小学館漫画賞(一般向け部門)」を受賞、さらに第20回「文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞」を受賞し、高い評価を得ている。

監督を務めるのは、「モブサイコ100」シリーズや劇場版『名探偵コナン ゼロの執⾏⼈』(18)などの⽴川譲。「毎⽇、全⼒で命を燃やすかのように⾳を出す主⼈公『⼤』と葛藤を抱えた仲間たちが織りなす物語を、ぜひ⼀緒に体感してもらいたい」と意気込みを語る。

脚本は「BLUE GIANT」連載開始時からの担当編集者であり、「BLUE GIANT SUPREME」以降、ストーリーディレクターとして⽯塚と⼆⼈三脚で作品を世に送りだしてきたNUMBER 8が担当。映画化について「連載開始当初から、⽯塚さんとは『映像化は望むべくもない』と話していた本作品ですが、⽴川譲監督、制作陣、⾳楽班と最⾼のチームが集まって、最⾼の映画を作ってくれています。もう、絵コンテと⾳楽だけで号泣でした」 とコメント。そして、アニメーション制作には「幼⼥戦記」などで注⽬を集めるスタジオ、NUTが参加。⽴川監督とは「デカダンス」に続くタッグとなる。

このたび公開になったティザービジュアルでは、海を前に⼀⼈サックスを演奏する宮本⼤の姿が描かれ、対岸には東京を彷彿とさせる夜景が広がっている。ジャズに魅せられた⼤をどんな未来が待ち受けているのか、期待が膨らむ。


初の映像化に際して、「最⼤の⾳量、最⾼の⾳質で、主⼈公本⼈の奏でる⾳楽を届けたい」という制作陣の思いから実写でもなくシリーズでもなくアニメーション映画としての制作が決定した同作。どのように音楽が表現されるのか、公開を楽しみに待ちたい。

関連作品

  • BLUE GIANT

    -
    32
    ジャズに魅せられた少年が世界一のジャズプレーヤーを志す石塚真一の同名漫画をアニメ映画化