「トイ・ストーリー」ファンが待ちに待った至高の体験!『バズ・ライトイヤー』は宇宙と相性抜群の“IMAX推し”|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
「トイ・ストーリー」ファンが待ちに待った至高の体験!『バズ・ライトイヤー』は宇宙と相性抜群の“IMAX推し”

コラム 2022/7/1 17:01

「トイ・ストーリー」ファンが待ちに待った至高の体験!『バズ・ライトイヤー』は宇宙と相性抜群の“IMAX推し”

トイ・ストーリー」シリーズの人気キャラクター、バズ・ライトイヤーが“おもちゃ”ではなく“スペース・レンジャー”としてスクリーンに帰ってくる、ディズニー&ピクサーの最新作『バズ・ライトイヤー』がついに本日より公開!本作で描かれるのは、ウッディやバズの持ち主であるアンディが人生を変えられるほど夢中になって観ていた映画。本稿では「トイ・ストーリー」ファン必見の要素にも触れながら、2週間限定で上映されるIMAXの大スクリーンでこそ味わいたい注目ポイントを紹介していこう。

「トイ・ストーリー」ファン必見!バズの新たな魅力を見つけよう

1986年に創立したピクサー・アニメーション・スタジオは、これまで25本の長編映画と数多くの短編映画を制作。アカデミー賞長編アニメーション賞には16作品がノミネートされ、11作品が受賞。まさに世界のアニメ界をリードするスタジオだ。そんなピクサーが1995年に発表しアニメの歴史を変えたのが、世界初のフルCGアニメーション映画『トイ・ストーリー』(95)だ。カウボーイ人形のウッディを主人公に、人間の知らないおもちゃの世界が描かれるというこれまでにない発想に、子どものみならず大人たちもが魅了された。

アニメ映画の歴史を変えたピクサーの代表作「トイ・ストーリー」シリーズ(『トイ・ストーリー』)
アニメ映画の歴史を変えたピクサーの代表作「トイ・ストーリー」シリーズ(『トイ・ストーリー』)『トイ・ストーリー』ディズニープラスで配信中 [c]2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

その後、ウッディのルーツが明らかになる『トイ・ストーリー2』(99)や、大学生に成長したアンディとウッディやバズたちおもちゃとの別れが描かれ世界中を号泣させた『トイ・ストーリー3』(10)が公開されいずれも大ヒットを記録。2019年にはおもちゃたちの新たな旅立ちを描く『トイ・ストーリー4』(19)も公開となり、シリーズ累計興行収入は全世界で30億ドル以上。ほかにも短編映画などのスピンオフ作品も製作されてきた。

子どもたちに人気のスペース・レンジャーのおもちゃであるバズは、ウッディのよき相棒に(『トイ・ストーリー』)
子どもたちに人気のスペース・レンジャーのおもちゃであるバズは、ウッディのよき相棒に(『トイ・ストーリー』)『トイ・ストーリー』ディズニープラスで配信中 [c]2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

そんな「トイ・ストーリー」シリーズでウッディの“相棒”として活躍し、ある時は誰よりも仲間思いな勇敢な姿を見せ、またある時はスペイン語モードでフラメンコを踊ったりといったユーモアたっぷりの姿を見せてきたバズ。今回の『バズ・ライトイヤー』では“スペース・レンジャー”として、これまで見せたことのない新たな表情を次々と見せてくれる。そして「トイ・ストーリー」ファンでも知らなかった新発見が次々と描かれていく。


【写真を見る】宇宙服を脱いだバズがネコと戯れる!?『バズ・ライトイヤー』でバズの新たな一面を発見
【写真を見る】宇宙服を脱いだバズがネコと戯れる!?『バズ・ライトイヤー』でバズの新たな一面を発見[c]2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

おなじみの宇宙服に隠された様々なギミックや、右腕に搭載されているレーザーポインターの本当の威力。左腕に搭載された装置の機能。そして、考えてみれば見たことがない宇宙服姿ではないバズの姿。また映画冒頭で謎の惑星に不時着したバズは、惑星の地盤をジャンプして確認したり知的生命体の有無を確認する。この一連は『トイ・ストーリー』でアンディの部屋のベッドに初めて上陸した時と同じ流れ。「トイ・ストーリー」シリーズで見られたバズの行動や発言の元ネタ、ルーツが随所に散りばめられているのも見逃せないポイントの一つだ。


IMAXスペシャルサイト「IMAXで観る映画は最高だ!」【PR】

関連作品