フランソワ・トリュフォー「ドワネルの冒険」から探る、“愛のシネアスト”の魅力|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
フランソワ・トリュフォー「ドワネルの冒険」から探る、“愛のシネアスト”の魅力

コラム 2022/6/23 19:02

フランソワ・トリュフォー「ドワネルの冒険」から探る、“愛のシネアスト”の魅力

フランソワ・トリュフォーの生誕90周年を記念した特集上映「生誕90周年上映 フランソワ・トリュフォーの冒険」がいよいよ明日、6月24日(金)より角川シネマ有楽町ほか全国で順次スタートする。ジャン=リュック・ゴダールらと並び、“ヌーヴェルヴァーグ”の中心人物として語られるトリュフォー。ヌーヴェルヴァーグと聞くと想起される哲学的で複雑な芸術映画のイメージを軽やかに拭い去るその作品群は、娯楽性の高い画面によってフランス映画らしい愛くるしさにあふれている。

【写真を見る】いま観ても先進的な“愛のシネアスト”が紡ぐ傑作の数々がスクリーンに!フランス映画の入門にはうってつけ
【写真を見る】いま観ても先進的な“愛のシネアスト”が紡ぐ傑作の数々がスクリーンに!フランス映画の入門にはうってつけ[c]LES FILMS DU CARROSSE - SEDIF

そういった意味では、ヌーヴェルヴァーグやフランス映画、あるいは古典といった現代の映画ファンからすると少々敷居の高い印象を受ける映画群に触れる入門として、これほどまでにふさわしい作家はいないのではないだろうか。そこで本稿では、トリュフォーの代表作に触れながらその軌跡をたどり、“いまトリュフォーを観ること”の意味を探っていきたい。

「愛」と「子ども」を描く、“愛のシネアスト”

ヌーヴェルヴァーグを代表する監督として映画ファンからいまなお支持されるフランソワ・トリュフォー
ヌーヴェルヴァーグを代表する監督として映画ファンからいまなお支持されるフランソワ・トリュフォー[c]DR

1932年にパリで生まれたトリュフォーは、劣悪な家庭環境から逃れるように映画に没頭し、10代でシネクラブを主催。そして映画批評家で後に「カイエ・デュ・シネマ」の初代編集長を務めたアンドレ・バザンと出会い、父子のような関係を築きながら自らも映画批評家として活動を始める。短編映画を経て『大人は判ってくれない』(59)で長編デビューを飾り第12回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞し一躍脚光を浴びると、以後はヌーヴェルヴァーグの旗手として、またスリラー映画やSF映画などあらゆるジャンルに挑戦。先日亡くなった名優ジャン=ルイ・トランティニャンが出演した『日曜日が待ち遠しい!』(83)まで、21本の長編映画と4つの短編を手掛け、1984年に52歳で短い生涯に幕を下ろした。


“子ども”を描くトリュフォーの代表作のひとつ『野性の少年』
“子ども”を描くトリュフォーの代表作のひとつ『野性の少年』[c]Pierre Zucca

「愛」や「子ども」をテーマに据えた物語を紡ぎつづけ、“愛のシネアスト”とも称されるトリュフォー。そう呼んだのはトリュフォーも参加したシネクラブ「オブジェクティフ49」のメンバーで、映画監督としても活動した批評家のアレクサンドル・アストリュックと言われている。そのアストリュックといえば、作家主義思想の原点となる「カメラ=万年筆」という理論を提唱したことで知られる映画史的に重要な人物。映画は作家が万年筆で書くように、カメラによって書かれるもの。つまりそれまでの映画文法の主流であったモンタージュ(編集)ではなく、ワンショットに物語性とテーマを詰め込んだカメラ(撮影)によって映画は語られるのだということだ。

ジャン=ピエール・レオーを主演に配し、フランス人青年と英国人姉妹の三角関係を描く
ジャン=ピエール・レオーを主演に配し、フランス人青年と英国人姉妹の三角関係を描く[c]Pierre Zucca

その理論は、カメラに動きを持たせてロケーション撮影や即興演出をひとつのルールとしたヌーヴェルヴァーグをつかさどり、同時録音とあいまって生きた映画をつくりだしていった。ましてや「愛」という限りなく即興的な人間の感情をテーマにしたり、「子ども」という予測不能な被写体を映しだすトリュフォー作品においては、その親和性は著しいものがある。そして同時にこれは、既存の映画の枠組みを飛躍した作品づくりへと結びつくことになる。その最たるものが「アントワーヌ・ドワネルの冒険」と呼ばれる5つの連作であり、あらゆる規範から解き放たれ、一人の人間の予測できない20年間をカメラで追い続けた人生の記録。もしくは生物のように“成長する映画”といってもいいかもしれない。

■特集上映「生誕90周年上映 フランソワ・トリュフォーの冒険」
6月24日(金)~7月14日(木) 東京・角川シネマ有楽町、名古屋・伏見ミリオン座
7月1日(金)~ 大阪テアトル梅田 ほか全国順次公開予定
URL:https://movies.kadokawa.co.jp/truffaut90/

■MOVIE WALKER FAVORITE
<チャンネル・サービス概要>
プラットフォーム:Apple TVアプリ
サービス:月額600円(税込)/無料トライアル14日間/同時アカウント数6
    フルHD~4K画質/テレビ・スマホ・PC対応/ダウンロード機能あり
URL:https://favorite.moviewalker.jp