“女優イ・ジウン”に新たな歴史を刻んだIUにインタビュー。『ベイビー・ブローカー』は「母役を演じてみたいと思った時、運命的に出会った作品」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
“女優イ・ジウン”に新たな歴史を刻んだIUにインタビュー。『ベイビー・ブローカー』は「母役を演じてみたいと思った時、運命的に出会った作品」

インタビュー 2022/6/24 12:30

“女優イ・ジウン”に新たな歴史を刻んだIUにインタビュー。『ベイビー・ブローカー』は「母役を演じてみたいと思った時、運命的に出会った作品」

本業は歌手でありながら演技力も認められ、女優として世界に名を馳せるのは決して簡単ではない。少なくとも韓国ではいままで先例がなかったしかし、日本を代表する映画監督の一人である是枝裕和監督が手掛けた『ベイビー・ブローカー』(公開中)で赤ん坊の母親を演じたIUことイ・ジウンは、日本と韓国だけでなく、世界の映画ファンやメディアから最も注目されていて、“アイドル出身女優”の新たな歴史を刻んでいると言っても過言ではない。

是枝裕和監督の新作『ベイビー・ブローカー』で未婚の母・ソヨン役を演じたイ・ジウン
是枝裕和監督の新作『ベイビー・ブローカー』で未婚の母・ソヨン役を演じたイ・ジウン[c]EDAMエンターテインメント

『ベイビー・ブローカー』は第75回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で最優秀男優賞とエキュメニカル審査員賞を受賞し、さらに話題になっている。イ・ジウンは同作で、“赤ちゃんポスト”がある施設に赤ん坊のウソンを預ける母親のソヨン役を務めた。そこでソヨンは、裏で赤ん坊を売る“ベイビー・ブローカー”のサンヒョン(ソン・ガンホ)とドンス(カン・ドンウォン)に出会い、成り行きで彼らとともに養父母を探す旅に出ることになる。イ・ジウンは「昔から是枝監督のファンだったので、監督の新作に出演することができて光栄です。私を信じてキャスティングしてくれたことに、とても感謝しています」とコメントした。

「昔から好きだった是枝監督の作品に出演できて光栄です」

「私自身もカンヌ国際映画祭で初めて『ベイビー・ブローカー』を観たのですが、すごく緊張していました。『次のシーンに私出るよね、大丈夫なのかな』という風にずっとそわそわしながら観ていました(笑)。でも予想以上に、とてもおもしろかったです。カンヌに出国する前に母親から『今回の映画、おもしろいの?』と聞かれて、『是枝監督の作品って、人によって感想が違うと思うよ』と答えたんですが、実際映画を観てから『今回の映画、おもしろいよ!』とメッセージを送りました」

ソヨンはブローカーのサンヒョンとドンスに少しずつ心を開いていく
ソヨンはブローカーのサンヒョンとドンスに少しずつ心を開いていく[c] 2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

受賞には至らなかったが、カンヌ国際映画祭の期間中、現地ではイ・ジウンが最優秀女優賞の候補として取り上げられた。イ・ジウンは「当時バタバタしていて自分は気付いていなかったのですが、スタッフとファンの方々にそういう内容の記事を見せてもらって、『是枝監督の力って本当にすごいな』と思いました。是枝監督の作品だからこそ、私の演技も注目されたんだと思います」と語った。

演技派女優として認められているイ・ジウン
演技派女優として認められているイ・ジウン[c]EDAMエンターテインメント

是枝監督はイ・ジウンが主演を務めた韓国ドラマ「マイ・ディア・ミスター〜私のおじさん〜」のファンで、同作でのイ・ジウンの演技に魅せられて彼女をキャスティングしたというビハインドストーリーを明かしたことがある。イ・ジウンは「是枝監督の提案を受けた時、『私にソン・ガンホさんと面と向って演技することができるのかな』と、不安しかなかったです」と当時のことを回想した。


「大先輩たちとの共演が心配で仕方なかったのですが、是枝監督のおかげで無事に演技することができました。ソヨンの選択や行動について、監督に色々質問しながら相談させて頂いたのですが、いつも明快に説明してくれましたので、なんの疑問も持たずにソヨンを演じることに集中できました。とても頼りになりましたね」


是枝裕和監督初の韓国映画を多彩にレビュー!『ベイビー・ブローカー』特集【PR】

関連作品