クリス・ヘムズワース&ナタリー・ポートマンらのファンサに熱狂!『ソー:ラブ&サンダー』ワールドプレミアに超豪華キャストが集結|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
クリス・ヘムズワース&ナタリー・ポートマンらのファンサに熱狂!『ソー:ラブ&サンダー』ワールドプレミアに超豪華キャストが集結

イベント 2022/6/24 20:30

クリス・ヘムズワース&ナタリー・ポートマンらのファンサに熱狂!『ソー:ラブ&サンダー』ワールドプレミアに超豪華キャストが集結

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の最新作『ソー:ラブ&サンダー』(7月8日公開)のワールドプレミアが現地時間6月23日、ハリウッドのエル・キャピタン・シアターにて開催。ソー役のクリス・ヘムズワースや本作でシリーズにカムバックを果たしたナタリー・ポートマン、“神殺し”ゴア役のクリスチャン・ベールら超豪華キャスト陣が一堂に集結した。

『ソー:ラブ&サンダー』日本公開は7月8日(金)
『ソー:ラブ&サンダー』日本公開は7月8日(金)[c] Marvel Studios 2022

『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)で描かれたサノスとの激闘の末、多くの仲間を失ったソーは宇宙の荒くれ者ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの仲間たちと宇宙へと旅立った。戦いを避け、ヒーローとして戦ってきた人生を見つめ直す“自分探し”の旅へ出ることを決意するのだが、そこへ現れるのは神々の殲滅を目論む“神殺し”のゴア。全宇宙の神が危機にさらされ、ソーも絶体絶命のピンチに陥るなか、救世主として元恋人のジェーンが“マイティ・ソー”として姿を現す。

セルフィーに応じるソー役のクリス・ヘムズワース
セルフィーに応じるソー役のクリス・ヘムズワース[c] Marvel Studios 2022

シリーズ第1作から11年にわたってソーを演じ続けてきたヘムズワースは、会場に詰めかけた熱狂的なファンの声援に満面の笑顔で応えると「信じられないくらい興奮しています。ソーを演じるのが大好きで、毎回変わったことをやろうと思って撮影に臨むけれど、本作ではそれが実現できました。この作品を誇りに思っているので、早く皆さんにも観てほしいです」と猛アピール。そして「この映画はとても重要な作品。新作が出るたびに進化してきたソーにとって、最大の自分探しの旅になっています」と語った。

ナタリー・ポートマンは“マイティ・ソー”としてMCUにカムバック
ナタリー・ポートマンは“マイティ・ソー”としてMCUにカムバック[c] Marvel Studios 2022

一方『マイティ・ソー ダーク・ワールド』(13)以来のシリーズ復帰となるポートマンは、ゴージャスなシャンパンゴールドのドレスで登場。「またMCUに携われるのはとてもエキサイティングなことでした。映画に対する情熱と愛情を持ち、ファンの皆さんを楽しませることができるのはとても光栄なことです」と語り、「この映画はとても楽しい作品。ロマンチックでユーモラスでワイルドな映画なので、皆さんに楽しんでもらえたらうれしいです」と大興奮の様子。


 【写真を見る】クリス・ヘムズワースとナタリー・ポートマンのハグに会場が大興奮!
【写真を見る】クリス・ヘムズワースとナタリー・ポートマンのハグに会場が大興奮![c] Marvel Studios 2022

ほかにも会場にはヴァルキリー役のテッサ・トンプソンや、ピーター・クィル役のクリス・プラット、前作『マイティ・ソー バトルロイヤル』(17)につづいてメガホンをとったタイカ・ワイティティ監督ら豪華ゲストが次々と登場。ヘムズワースとポートマンが並べば会場中に大きな歓声が響き渡り、ワイティティ監督が姿を見せると熱烈な“タイカ”コールが巻き起こるなど、大熱狂に包まれた本作のワールドプレミア。日本降臨の瞬間が刻一刻と迫るソーの新章に、期待せずにはいられない!

文/久保田 和馬

関連作品