杉村役に⼭⽥裕貴、夕子役に内⽥理央が抜擢!『耳をすませば』追加キャスト解禁&場面写真も公開|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
杉村役に⼭⽥裕貴、夕子役に内⽥理央が抜擢!『耳をすませば』追加キャスト解禁&場面写真も公開

映画ニュース 2022/6/25 9:00

杉村役に⼭⽥裕貴、夕子役に内⽥理央が抜擢!『耳をすませば』追加キャスト解禁&場面写真も公開

1995年にスタジオジブリがアニメ映画化して大ヒットした柊あおいの青春恋愛漫画を、清野菜名と松坂桃李のW主演で実写映画化する『耳をすませば』(10月14日公開)。同作に追加キャストとして⼭⽥裕貴と内⽥理央、荒⽊⾶⽻、住友沙来の出演が決定、あわせて場面写真も公開された。

1989年に少女コミック誌「りぼん」で発表された同名の人気コミックを原作に、読書が好きな中学生、月島雫と、夢に向かって生きる少年、天沢聖司の甘酸っぱい恋を描く青春ラブストーリー。本作では、漫画やアニメで描かれた中学生時代の物語と共に、完全オリジナルストーリーである2人の10年後が二重構造で描かれる。

荒⽊⾶⽻、住友沙来というフレッシュなキャストが好演
荒⽊⾶⽻、住友沙来というフレッシュなキャストが好演[c]柊あおい/集英社 [c]2022『耳をすませば』製作委員会

⼤⼈になった⽉島雫を清野が、天沢聖司を松坂が演じ、中学⽣時代の2人には安原琉那、中川翼を起用。監督は『約束のネバーランド』(20)などの平川雄⼀朗が務める。そして、このたび野球部に所属し、幼馴染である雫へ好意を寄せている杉村と、杉村へ恋⼼を抱いている雫の親友、夕子のキャストが決定。25歳になった杉村は『余命10年』(22)の⼭⽥、中学生時代の杉村は「⻤滅の刃 遊郭編」のEDテーマ「朝が来る」のMVへの出演で注⽬された荒木、10年後の夕子は「来世ではちゃんとします」の内田、中学生時代の夕子は「ラジエーションハウス」などに出演した住友が演じる。

【写真を見る】25歳になった杉村を⼭⽥裕貴が演じる
【写真を見る】25歳になった杉村を⼭⽥裕貴が演じる[c]柊あおい/集英社 [c]2022『耳をすませば』製作委員会

本作の公開に際して、⼭⽥は「その10年があるからいまが、未来が、輝く。そんな、作品になっているんじゃないかと思います。この作品がどんな形で皆さんに受け取ってもらえるか楽しみです」と撮影から2年が経ち、無事に作品が完成した喜びをコメント。内⽥は「夢中になって台本を読ませていただきました。原作から10年後という時代背景なので、平成の懐かしさも感じつつ、成⻑したみんなの姿にちょっとドキドキしながら撮影をしました」と語っている。


あわせて解禁された場⾯写真は、中学⽣時代の杉村と夕子を写しだした写真はじめ、25歳となった2人がともに笑顔を⾒せている2ショットも。雫と聖司だけでなく、杉村と⼣⼦が10年の時を経て、どのような物語を紡いでいくのか期待が⾼まる。

関連作品