鈴木亮平、バズ・ライトイヤーが教えてくれたこと「失敗した時に、どう前へ進めばいいか」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
鈴木亮平、バズ・ライトイヤーが教えてくれたこと「失敗した時に、どう前へ進めばいいか」

イベント

鈴木亮平、バズ・ライトイヤーが教えてくれたこと「失敗した時に、どう前へ進めばいいか」

ディズニー&ピクサーの傑作「トイ・ストーリー」シリーズに登場する人気キャラクター、バズ・ライトイヤーの原点を描く『バズ・ライトイヤー』の初日舞台挨拶が7月1日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、日本版声優を務めた鈴木亮平、今田美桜、山内健司(かまいたち)、りょうが登壇。鈴木が「失敗って、誰もがするもの。バズから、失敗した時にどう受け止めて、どう前へ進めばいいかを教えてもらった」と演じた役柄から受けた刺激を語った。


『バズ・ライトイヤー』の初日舞台挨拶が開催された
『バズ・ライトイヤー』の初日舞台挨拶が開催された

「トイ・ストーリー」シリーズでアンディ少年のお気に入りのおもちゃだった“バズ・ライトイヤー”は、実は彼の人生を変えるほど夢中になった大好きな映画の主人公であり、本作はその“映画”を描く物語。主人公のバズ役に抜てきとなった鈴木は、「僕は世代として、だいたいアンディ少年と同じくらいなんです」と口火を切り、「僕も(シリーズを)観ていて、バズってどういう設定なんだろう、スターコマンドってなに?、ザークって誰?と思っていた。アンディ少年が見ていたバズ・ライトイヤーの物語って、これか!と思いました」と本作で明かされる内容に驚いたという。

さらに鈴木は「一番びっくりしたのは、所さんが『無限の彼方へさあ行くぞ!』と言うじゃないですか」と「トイ・ストーリー」シリーズでバズを演じてきた所ジョージ風にセリフをお見舞いし、これにはソックス役の山内が「いま、所さんのモノマネしました?」とツッコんだ。鈴木は「後半ちょっと入りました」と笑顔で認め、「吹替えをやる前に、いったん、所さんのモノマネをやってみてはいるんです。どれくらい、ふりかけるかなと。結局、隠し味程度しかふりかけていないんですが(笑)。あのセリフは、バズが一人で言うセリフじゃなかった。びっくりしましたし、興奮しました」とコメント。続けて、バズと自身の共通点について「アゴがしっかりしているところ。カクッとした感じとか『似ている』と言われます。髪型も近いかもしれない」と楽しそうに語っていた。

運命について語った今田美桜
運命について語った今田美桜

またこの日は、バズが仲間との出会いや絆によって成長していく映画の内容にちなみ、それぞれが「仲間と出会ったことで成長できた経験」について語るひと幕も。鈴木は「高校生の時に1年間、アメリカに留学をした。アメリカといっても都会ではなく、牧場だったんです。牛が60頭いるところにホームステイに行った。そのホストファミリーのご夫婦とはいまだにつながっている。その方たちとの出会いで、僕はすごく変わった」と告白。「いまでも『こういう仕事をしている』とメールを送ると、『調子に乗っちゃダメだよ』とか『周りの人を大切にしなさい』と言ってくれて、本当にお父さん、お母さんなんです」とにっこり。また「ホストファーザーが自然番組や歴史遺産の番組が好きだった。それが僕の歴史や遺産好きにつながっている」と語っていた。

鏡割りを実施!
鏡割りを実施!

イジー役の今田は「上京する時にいまの事務所にスカウトをしてもらったことが、大きな変化。それがなかったら、東京に出てきていないだろうなと思う。当時は福岡でお仕事をしていて、その時のポスターを見つけてもらった」ことがスカウトにつながったといい、「人生が180度変わった。運命だなと思います」としみじみ。アリーシャ役のりょうは「独身の時は、なんでも一人でやってしまう方だった。家族ができてからは、人に頼ったり、守りたいものができたり、助け合って生きたりと、自分の人生が豊かになった」と家族に感謝。

山内は「芸人の同期の仲間たちがすごく刺激になる。誰かが売れそうになると、ヤバいヤバいと危機感が出る」と明かし、和牛やハリセンボンも同期だそうで「M-1やキングオブコントに同期が先に行ったりすると、刺激になる。その結果、いま同期のなかでは頭三つ抜けた」と自画自賛。司会から「かまいたちは、同期のなかで頭三つ抜けているんですね?」と念押しされると、山内は「うーん、四つ!」と答え、周囲を笑わせていた。

取材・文/成田おり枝

関連作品

  • バズ・ライトイヤー

    3.9
    1368
    「トイ・ストーリー」で語られたバズ・ライトイヤーの物語を映像化したアニメーション作品
    U-NEXT