「hideに会えた」「一緒にライブに参戦している感覚」…ファンからも太鼓判!『TELL ME ~hideと見た景色~』でhideの魅力を再発見|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
「hideに会えた」「一緒にライブに参戦している感覚」…ファンからも太鼓判!『TELL ME ~hideと見た景色~』でhideの魅力を再発見

コラム 2022/7/7 20:00

「hideに会えた」「一緒にライブに参戦している感覚」…ファンからも太鼓判!『TELL ME ~hideと見た景色~』でhideの魅力を再発見

33歳の若さでこの世を去った伝説のアーティスト、hide。彼の実弟でマネージャーでもあった松本裕士と仲間たちが、困難に立ち向かいながらもhideの音楽を世の中に届けるべく奮闘していく姿を描いた『TELL ME ~hideと見た景色~』が、7月8日(金)に公開される。

MOVIE WALKER PRESSで実施した試写会には数多くのhideファンが足を運び、「hideに会えた」(30代・女性)、「hideのファンになれてよかったと思いました」(10代・女性)、「とても胸がいっぱいになりました。感動で涙が止まらなかった」(30代・女性)と、満足度も5点満点中4.7点の高評価を集めた。そんなファンお墨付きの本作の見どころをチェックしていきたい。

人気絶頂のなか、突然旅立ったhide…残された者たちに訪れる困難の日々

松本裕士の著書をもとに映画化した『TELL ME ~hideと見た景色~』は7月8日(金)公開
松本裕士の著書をもとに映画化した『TELL ME ~hideと見た景色~』は7月8日(金)公開[c]2022「TELLME」製作委員会

松本裕士の著書「兄弟 追憶のhide」(講談社文庫刊)をもとに映画化された本作。1998年5月2日、X JAPANのギタリストとして、そしてソロアーティストとして活躍したhideが急逝。葬儀には約5万人が訪れ、日本中が早すぎる別れに悲しみに暮れていた。


実際のhideの姿を交えながら、彼の唯一無二の魅力を伝えていく
実際のhideの姿を交えながら、彼の唯一無二の魅力を伝えていく[c]2022「TELLME」製作委員会

そんななか、hideの弟でありパーソナルマネージャーを務めていた裕士(今井翼)は、制作中だったアルバム、決定していた全国ツアーと、彼の意志を継いで音楽を世に届けるべく、hideと共に楽曲を制作していた共同プロデューサーのI.N.A.(塚本高史)をはじめとするhide with Spread Beaverのメンバーたちと再び動きだしていくが、様々な困難に見舞われる。

「hideちゃんと弟さん、I.N.A.ちゃんとの絆が詰まった作品で、涙が止まりませんでした」(20代・女性)
「裏で残された裕士さんやメンバーが、hideさんの曲、イメージ、いろいろなものを守り続け、世に発表しようとしてくれた苦労は想像以上のものでした」(40代・女性)
「hideさんがまた甦ってきたかのような映画でした。裕士さん、I.N.A.さんの苦悩がリアルに伝わりました」(40代・女性)
「残された人々の話。(ファンである)私たちと一緒に、私たち以上に苦しんだ人たちが、未来を作った話」(30代・女性)


世間から浴びせられるバッシング、hideを失い難航するレコーディングなど、葛藤や苦悩にまみれた、知られざる裏側での奮闘の物語に対しては、ファンだからこその共感や感動が数多く寄せられた。


hideの音楽を愛するひとへ『TELL ME ~hideと見た景色~』特集【PR】

関連作品