西島秀俊との再共演に、斎藤工「『ドライブ』もしています」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
西島秀俊との再共演に、斎藤工「『ドライブ』もしています」

イベント 2022/7/7 21:00

西島秀俊との再共演に、斎藤工「『ドライブ』もしています」

大森立嗣監督によるオリジナル作品、映画『グッバイ・クルエル・ワールド』(9月9日公開)の完成披露イベントが7日、TOHOシネマズ日比谷にて開催され、主演の⻄島秀俊、共演の斎藤工、宮沢氷魚、玉城ティナ、三浦友和らが大森監督とともに登壇した。

【写真を見る】キャラクターの愛車、サンダーバードとともにレッドカーペットに登場
【写真を見る】キャラクターの愛車、サンダーバードとともにレッドカーペットに登場

舞台挨拶前には、豪華キャストと監督らが、劇中に登場した西島演じる安西の愛車、サンダーバードとともにレッドカーペットに集結。さらに、覆面ダンスパフォーマーが登場し、ダンスパフォーマンスでイベントを盛り上げた。撮影中、西島らキャストはサンダーバードの外観をじっくりと見ることがなかったという。西島は、愛車の姿をマジマジと見つめながら「こんな感じだったですね」と語り、三浦は「こんなに汚かったんですね(笑)」とコメント。隣にいた宮沢が思わず吹き出す場面もあった。撮影を振り返った三浦は「この中に5、6人乗り込んでいたので、ものすごく暑かったのを覚えています」と明かしていた。


舞台挨拶では西島の魅力を熱弁
舞台挨拶では西島の魅力を熱弁

最近、穏やかな役を演じることが多かったという西島は、今回の役柄について「こんなはずではなかった…という展開に巻き込まれてしまうという役どころ。確かに、暴力にさらされたりする役は、最近やっていなかったですね」とニコニコ。MCから「西島さんのバイオレンス作品への出演に期待している人も多いのでは?」という質問が飛ぶと「どんどん追い込まれる僕が好きな方は…」と語ったところで「そんな人がいるかどうかはわからないけれど」と苦笑い。続けて「もし、そういう方がいるのであれば、楽しみにしていただきたいですし、楽しんでいただけると思います」と胸を張っていた。

バイオレンス作品での西島について「最高です!しびれます」と絶賛したのは斎藤。「ついこの間までは地球を守っていて…」と斎藤との共演作『シン・ウルトラマン』(公開中)をほのめかし、さらに「本作ではドライブもしてくれちゃっていますから」と西島の主演作『ドライブ・マイ・カー』(21)を彷彿とさせる絶妙なコメントで西島の魅力を語り、「(本作では)貴重な西島秀俊が見られます!」と本作をしっかりアピールしていた。

ベテランとの共演で学んだことも多かったという
ベテランとの共演で学んだことも多かったという

同年代との共演が多いという宮沢はベテラン勢について「オンとオフがはっきりしているところがカッコイイと思いました」とほれぼれ。特にオンとオフの切り替えが印象的だったのは斎藤だったことを明かし、「(役柄の)見た目はすごく怖かったのですが、カットがかかった瞬間にいつもの優しい工さんに戻られるので…」と微笑む宮沢に、斎藤は「氷魚くんの純朴な瞳を見ると心がほだされてしまうというのでしょうか。キュンとしちゃいました」と笑顔で説明していた。

自分史上、一番悩んだ役だったそう
自分史上、一番悩んだ役だったそう

玉城は今回は「最後まで掴みきれなかった役かもしれない」と役作りの難しさに触れたが、大森監督から「(玉城演じる美流は)ラストでものすごいひどいことをします。その瞬間笑っているのですが、あれは僕の演出ではありません。あのシーンで笑えるということは、やり切った、キャラクターを掴んだという意味だと思います」と補足し、玉城のアプローチを称えていた。

普段はあまり役作りをしないタイプと話したのは三浦。「役をアバウトで掴むのに、誰かいいモデルはいないかと考えて。役名が浜田だったので…」とコメントしたところで、会場のあちこちで笑い声が。「ダウンタウンの浜田さんの人を掌握する力や、まとめる力を参考にさせていただきました」と、役作りのモデルを明かした三浦は「役は根性の悪い人間です。そこは(浜田さんとは)違いますよ。でも、20年後の浜田さんをイメージして演じました」と独特のアプローチを明かし、笑いを誘っていた。

役作りのモデルを明かし場内は大爆笑
役作りのモデルを明かし場内は大爆笑

また、本作の見どころについて西島が「爆破シーン」を挙げ、夜の撮影なのに辺りが昼のようになるほど、明るくなったことを明かす場面も。すると隣で聞いていた三浦が「僕は“西部警察”にいたことがあるので、あまり驚きませんでした」とニヤリ。三浦のこのコメントに「やっぱりそうでしたか!」と大森監督が身を乗り出して、苦笑いしながらもうれしそうに語ると、西島らも大爆笑。続けて、西島が「それぞれの世代が、生き残りを掛けて闘う物語。誰が生き残るのか、楽しみにして下さい」と含みを持たせた笑顔を浮かべながら注目ポイントをアピールし、イベントを締めくくった。

取材・文/タナカシノブ

関連作品