『耳をすませば』追加キャストに松本まりか、田中圭ら豪華キャスト出演!本予告&本ビジュアルも解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
『耳をすませば』追加キャストに松本まりか、田中圭ら豪華キャスト出演!本予告&本ビジュアルも解禁

映画ニュース 2022/7/13 9:00

『耳をすませば』追加キャストに松本まりか、田中圭ら豪華キャスト出演!本予告&本ビジュアルも解禁

スタジオジブリがアニメ映画化して大ヒットした柊あおいの青春恋愛漫画を、清野菜名松坂桃李のW主演で実写映画化した『耳をすませば』(10月14日公開)。このたび本作の本予告、本ビジュアル、主題歌、追加キャストなどの情報が解禁され、あわせてムビチケカードの発売情報も発表された。

【写真を見る】大人になり、児童書の編集者として働く⽉島雫
【写真を見る】大人になり、児童書の編集者として働く⽉島雫[c]柊あおい/集英社 [c]2022『耳をすませば』製作委員会

漫画やアニメで描かれた中学生時代とともに、完全オリジナルストーリーである2人の10年後が二重構造で描かれる本作。監督は、「ROOKIES」シリーズなどで知られるヒットメーカーの平川雄⼀朗が担当する。「チェロ奏者になるのが夢なんだ」、「聖司君がイタリアに⾏ってる間、私もっと勉強して書くから。物語」と、中学時代に固い約束を交わしてイタリアへ旅⽴った聖司(松坂)と、⽇本に残った雫(清野)。10年後、チェロ奏者として活動する聖司と、児童書の編集者として働きながら物語を書き続けていた雫は、お互いの存在を⼼の⽀えに夢に向かって⾛り続けていた。しかし、仕事で⼤きなミスをしてしまった雫は、⼈⽣の答えを求め、ある場所へと向かう。

チェロ奏者として活躍する天沢聖司
チェロ奏者として活躍する天沢聖司[c]柊あおい/集英社 [c]2022『耳をすませば』製作委員会

解禁された本予告では、地球屋を訪れ、バロンとの再会を果たす雫の姿や、チェロを演奏する聖司の姿などが描かれている。また、地球屋の店主と雫が⽿に⼿を当て、⼼の声に⽿を傾ける姿なども⾒られる。さらに主題歌は杏がカバーする名曲「翼をください」に決定。誰もが知る名曲を、杏が澄み渡る歌声で爽やかに歌い上げ、物語を彩る。あわせて解禁された本ポスターでは、⾒晴らしの良い丘の上で約束を交わす中学⽣の雫と聖司が朝⽇に照らされている。そしてその下には、10年の⽉⽇を経て、イタリアと⽇本とで離れて暮らす2人の姿と、雫たちを変わらぬ眼差しで⾒守り続けるバロンが映されている。

また、追加キャストとして、雫が働く出版社の部⻑役に⾳尾琢真、先輩役に松本まりか、後輩役に中⽥圭祐、雫が担当を受け持つことになる作家の園村役を⽥中圭が演じるほか、雫の両親役を⼩林隆と森⼝瑤⼦が、聖司の祖⽗で地球屋の店主でもあるおじいさん役を近藤正⾂が演じることが発表に。


さらに、7月15日(金)より発売開始となるムビチケ前売券(カード)は、バロンの美しい瞳が印象的なデザインに。聖司と雫のその後を描く本作では、どのような物語が紡がれるのか?ぜひ劇場で見届けよう。

文/山崎伸子

関連作品