「怒濤の映像体験!」「ワンダに号泣」…『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』が“衝撃作”とされる理由をファンの声から考察する|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
「怒濤の映像体験!」「ワンダに号泣」…『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』が“衝撃作”とされる理由をファンの声から考察する

コラム 2022/7/29 20:00

「怒濤の映像体験!」「ワンダに号泣」…『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』が“衝撃作”とされる理由をファンの声から考察する

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』のMovieNEXが、8月5日(金)にリリースされる。発売を前に、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)いちの衝撃作ともいえる本作について、MOVIE WALKER PRESSのTwitterにてアンケートを実施したところ、

「MCU全作品観ているが、それでもすごかった」(20代・男性)
「大迫力かつ繊細な魔術アクションがかっこいい。とにかくストレンジ先生がかっこよすぎた!」(30代・男性)
「映像美、ストーリーのおもしろさ、最高でした!!!」(20代・女性)
「MCUの代表的な魔法使いの壮絶なバトルとマルチバースの広がりが見どころ」(30代・男性)


など熱いメッセージが寄せられ、満足度は5点満点中で4.4点を叩きだした。そんな本作の魅力を、ファンからのリアルな声と共に再発見していきたい。

巨匠サム・ライミらしいホラーテイストが存分に炸裂!

1本の映画としての完成度が高い『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』はMCUに触れてこなかった人にもオススメ!
1本の映画としての完成度が高い『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』はMCUに触れてこなかった人にもオススメ![c] 2022 MARVEL

MCUでは通算28作目、ベネディクト・カンバーバッチ扮する元天才外科医の魔術師ドクター・ストレンジを主人公とした作品としては2作目となる本作。トビー・マグワイア版の「スパイダーマン」三部作をヒットに導いたサム・ライミが、久しぶりのアメコミ映画の監督を務めていることがまず大きなポイントだ。


サム・ライミ監督らしい、ホラーテイストの演出の数々も楽しい
サム・ライミ監督らしい、ホラーテイストの演出の数々も楽しい[c] 2022 MARVEL

「マーベル×サム・ライミによる最高のケミストリー。マルチバースを旅する怒濤の映像体験!」(40代・男性)
「サム・ライミ監督が久しぶりにアメコミヒーローで!ホラーで!映画を撮ってくれた!それだけで大満足です」(30代・男性)
「サム・ライミ版『スパイダーマン』が好きだった人はどこか懐かしさを覚えるかも」(30代・女性)


と彼の手腕に対する賞賛が集まっている。「死霊のはらわた」シリーズを生みだしたサム・ライミらしいホラーテイストを全面に押しだしており、「サム・ライミ監督の得意とするホラー要素もしっかりおもしろく描かれており、いろいろな感情を揺さぶる作品になっていた」(10代・男性)といった声も上がっている、これまでのMCU作品とは一線を画した1作だ。

■『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』MovieNEX
8月5日(金)発売
価格:4,950円(税込)
ウォルト・ディズニー・ジャパン

みんなでアッセンブル!MARVEL PRESS【PR】

関連作品