『恋愛の抜けたロマンス』に「酒飲みな都会の女たち」「私の解放日誌」…悩み多き大人女子に寄り添う韓国作品まとめ|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
『恋愛の抜けたロマンス』に「酒飲みな都会の女たち」「私の解放日誌」…悩み多き大人女子に寄り添う韓国作品まとめ

コラム 2022/7/27 18:30

『恋愛の抜けたロマンス』に「酒飲みな都会の女たち」「私の解放日誌」…悩み多き大人女子に寄り添う韓国作品まとめ

Netflixシリーズ「ペーパー・ハウス・コリア: 統一通貨を奪え」(Netflixで配信中)にも出演するチョン・ジョンソと、「私の解放日誌」や『犯罪都市2』などで注目を集める人気俳優、ソン・ソックの共演でも話題の『恋愛の抜けたロマンス』(公開中)、さらには7月23日よりMnetにて配信中のドラマ「酒飲みな都会の女たち」など、いま大人の女性から共感を集める韓国コンテンツが続々と登場している。アラサー女性が岐路に迷いながらも恋に仕事に邁進し、失敗を繰り返し立ち上がる姿は、思わずお酒をたしなみながら観たくなる…今回はそんな作品に着目して、紹介していきたい。

デートアプリで出会った2人は、本当の恋に落ちるのか?『恋愛の抜けたロマンス』

目的や本音を隠したまま、デートアプリで出会った男女。2人は“本当の恋”ができるのか?
目的や本音を隠したまま、デートアプリで出会った男女。2人は“本当の恋”ができるのか?[c]2021 CJ ENM Co., Ltd., TWELVE JOURNEY ALL RIGHTS RESERVED

7月8日に日本公開となった映画『恋愛の抜けたロマンス』は、仕事も恋愛も思い通りにいかない男女がデートアプリで相手を探し、名前、目的、本音を隠して始める彼らだけの特別なロマンスを描いている。

本作は韓国インディーズ映画界を牽引してきたチョン・ガヨン監督の商業デビュー作で、韓国公開3週目にして初の週末Boxoffice1位を獲得。今年5月に行われた第58回百想芸術大賞では4部門にノミネートされ、脚本賞を受賞した。女性監督ならではの視点で、公私ともに冴えない日々を送る男女に起きた、さりげなくも運命的な出会いを映しだす。

元カレと別れたことを機に恋愛からの引退を決意したものの、寂しさには勝てずデートアプリで手頃な相手を探す29歳のジャヨン役は、映画『バーニング 劇場版』(18)や『ザ・コール』(20)で第57回百想芸術大賞最優秀主演女優賞を受賞し、本作がラブコメ初挑戦となったチョン・ジョンソ。

恋愛コラムを書くためアプリを始めたウリ(ソン・ソック)。本人には黙って、ジャヨンについて執筆することに
恋愛コラムを書くためアプリを始めたウリ(ソン・ソック)。本人には黙って、ジャヨンについて執筆することに[c]2021 CJ ENM Co., Ltd., TWELVE JOURNEY ALL RIGHTS RESERVED

一方で、編集長から恋愛コラムを任され、半強制的にデートアプリに加入させられ相手を探す33歳の編集者ウリ役は、Netflixドラマ「D.P.-脱走兵追跡官-」や「私の解放日誌」、さらには韓国で観客動員数1000万人超えとなったマ・ドンソクとの共演映画『犯罪都市2』などのソン・ソック。

たくさんの男女がアプリに登録しているなかで、「なぜ俺を選んだ?」とウリが聞くと、あっけらかんと「性病がなさそうだから」と即答するジャヨンなど、思わず笑いを誘う場面も多々ある。孤独を埋めたいだけのはずだったジャヨンと、コラムのネタ探しをするだけだったはずのウリ。ドライな関係を深めていくのかと思いきや、次第に想い合っていく様子も微笑ましい。SNSで出会いを探すことが当たり前となったいま、初対面同士の思いがどのように交わり、深まっていくのかも見どころだ。

アラサー女子のリアルがここに!共感しかない「酒飲みな都会の女たち」

“お酒を飲むことが生きがい”な女性たちの日常を描く「酒飲みな都会の女たち」
“お酒を飲むことが生きがい”な女性たちの日常を描く「酒飲みな都会の女たち」[c] TVING Co., Ltd, All Rights Reserved.

7月23日から日本でも放送中のドラマ「酒飲みな都会の女たち」は“1日の終わりにお酒を飲むことが生きがい”という女性3人の日常のなかで起こるリアルな生活を描いている。すでに7月3日に1話だけ先行放送され、SNSでは「おもしろい」「続きが観たい」といった期待の声も。

タイトル通り、豪快に酒を飲み、四六時中酒のことばかり考えている女性が3人登場する。“ご飯の代わりにマッコリを飲むほど酒飲み”だという、いつも騒がしく強がりなバラエティ作家のアン・ソヒ役は、「悪霊狩猟団:カウンターズ」や、韓国初登場No.1ヒットを記録した映画『ミッション:ポッシブル』(21)などのイ・ソンビン。

続いて“3人の中で一番お酒に強い”という、ちょっと変わり者ながら愛されキャラクターのハイテンションなヨガ講師ハン・ジヨン役に「コンビニのセッピョル」などのハン・ソナ。そして“お酒を飲むと犬小屋で寝る酒癖を持つ”という、タフで男気あふれる折り紙YouTuberのカン・ジグ役に、K-POPを代表するガールズグループApinkのメンバーでもあるチョン・ウンジ。


観ているこちらも、思わずお酒が飲みたくなる作品!
観ているこちらも、思わずお酒が飲みたくなる作品![c] TVING Co., Ltd, All Rights Reserved.

30歳前後になると、それなりに社会人経験も積み、ほどほどに自由になる時間やお金もあり、まわりは少しずつ結婚して落ち着く友人も出てくる。恋愛や仕事、人間関係や家族のことなど様々な悩みに直面する3人の女性が、スカッと気持ちよく酒を飲み、くだを巻きながらも前進していく様子はなんとも痛快。とくに女性なら「こういうの、あるある!」と思わず共感してしまうような現実的なストーリーも見どころだ。

さらに、アン・ソヒの“酒が飲めない”上司役としてSUPER JUNIORのシウォンが「彼女はキレイだった」に並ぶ斬新なキャラクターでコミカルな演技を披露するほか、特別出演として、キム・ジソクやユン・シユン、イトゥク(SUPER JUNIOR)といった豪華なキャストも見逃せない。

関連作品