続編も決定!ルッソ兄弟が語る『グレイマン』の舞台裏「銃が与える精神的な影響についても、きちんと伝えようと思った」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
続編も決定!ルッソ兄弟が語る『グレイマン』の舞台裏「銃が与える精神的な影響についても、きちんと伝えようと思った」

インタビュー 2022/8/6 18:30

続編も決定!ルッソ兄弟が語る『グレイマン』の舞台裏「銃が与える精神的な影響についても、きちんと伝えようと思った」

世界的メガヒットとなった『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(16)と『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)を手掛けた“ルッソ兄弟”ことジョー&アンソニー・ルッソが、新たに放ったライアン・ゴズリング主演のNetflix映画『グレイマン』(独占配信中)。アドレナリン噴出のダイナミックなアクションや、豪華キャストの共演に心躍る本作は、約2億ドル(約269億円)とNetflix史上最大の制作費を投じたとされる野心作だ。配信するや続編とスピンオフの製作も同時に発表された。そんなNetflix肝いりな本作の舞台裏について、ルッソ兄弟にインタビュー。

ゴズリングが演じたのは、とある理由から命をねらわれる身となった元CIA工作員の“シエラ・シックス”ことコート・ジェントリー役。彼の命をねらう非情で冷酷な元同僚、ロイド・ハンセン役をクリス・エヴァンスが、コートを援護していく工作員、ダニ・ミランダ役を、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(20)のアナ・デ・アルマスが扮している。

――原作小説はマーク・グリーニーの「暗殺者グレイマン」ですが、どんな点に惹かれて映像化したいと思ったのですか?

【写真を見る】銃を構えるライアン・ゴズリングが超クール!
【写真を見る】銃を構えるライアン・ゴズリングが超クール!

ジョー「原作が大好きで、主人公がすごく魅力的だったことです。ジェームズ・ボンドとは相反する労働者階級のヒーローで、スパイとして生きることに対してひじょうに抵抗感を感じながらも、日々を必死に生きている。いまの時代に誰もが魅了されるアンチヒーローだと思いました。また、国家規模の汚職事件が絡んでいく点も、現代の世界情勢を非常に象徴していると感じたし、我々が好きなアクションスリラーという面もすばらしかったので、実写化したいと思いました」

――世界の映画ファンをうならせた『~インフィニティ・ウォー』と『~エンドゲーム』ですが、今回もその2作で組まれたクリストファー・マルクスとスティーヴン・マクフィーリーが脚本で参加しています。『グレイマン』ではどんな目標を掲げて制作に入られたのですか?

アンソニー「『~エンドゲーム』では、我々映画人にとっても、映画を観てくれた観客にとっても、またとない経験ができました。同作はMCU10年分の集大成的な作品でしたが、『グレイマン』はまったく新しいところから始めたので、真逆のアプローチと言えるような作品となりました。

アンソニー&ジョー・ルッソ兄弟がクリス・エヴァンスを演出しているメイキングシーン
アンソニー&ジョー・ルッソ兄弟がクリス・エヴァンスを演出しているメイキングシーン


ジョーも私も、マルクスやマクフィーリーと仕事をするのが本当に好きで、彼らとは何年もの間、マーベル作品でとてもいい仕事ができました。私たちは、大きな世界観のなかで、物語を伝えていくことが大好きです。今回の『グレイマン』が、観客の方々にどう捉えられるのかはまだわかりませんが、我々としては今作もそういう作品だと位置づけています。だから、今後も何本か作品を続けて撮っていけたらいいなと考えています」

関連作品

  • グレイマン

    4.0
    47
    ライアン・ゴズリング×クリス・エヴァンスのNetflixアクション映画
    Netflix