3年ぶり現地開催のサンディエゴ・コミコン。『ジョン・ウィック』「LOTR」などビッグタイトルの新作情報をチェック!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
 3年ぶり現地開催のサンディエゴ・コミコン。『ジョン・ウィック』「LOTR」などビッグタイトルの新作情報をチェック!

イベント 2022/7/30 23:45

3年ぶり現地開催のサンディエゴ・コミコン。『ジョン・ウィック』「LOTR」などビッグタイトルの新作情報をチェック!

3年ぶりにアメリカ・サンディエゴの会場で開催された今年のコミコン・インターナショナル。なかでも“ホールH”と呼ばれる大人数を収容できるホールでは、今後の映画やシリーズ作品など様々な最新情報が披露された。3日間にわたって行われたポップカルチャーの祭典から、期待の新作情報やクリエイター、出演者のコメントなどを拾ってみよう。

「ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪」新予告編上映

『ロード・オブ・ザ・リング』の前日壇シリーズ「力の指輪」からは、新しい予告編といくつかのフッテージ映像が上映された。LOTRの大ファンを自認するスティーブン・コルベアがMCを務め、21名のアンサンブルキャストとショーランナーのJ.D.ペインとパトリック・マッケイ、そして制作総指揮のリンゼイ・ウェーバーが登壇。作曲家ベア・マクレリーが25人編成のオーケストラと16人の合唱団を率いてステージに登場し、シリーズのサウンドトラックをライブ演奏し、「ホールHを中つ国に変える!」というファン垂涎のイベントを行った。今作の舞台は、J.R.R.トールキンの『ホビット』と『ロード・オブ・ザ・リング』の時代より何千年も前の時代。いままで映画では観られなかった中つ国の領域や、新しいキャラクターなどが紹介された。9月2日(金)よりアマゾン・プライムにて世界240以上の国と地域で独占配信、毎週新しいエピソードが配信される。

『スター・トレック』のオリジナル・シリーズ「Strange New World」が「Lower Decks」とのクロスオーバーを発表

『スター・トレック』アニメシリーズ「Lower Decks」より
『スター・トレック』アニメシリーズ「Lower Decks」より[c]EVERETT/AFLO

パラマウント・プラスは、『スター・トレック』の新シリーズ「Strange New World」シーズン2に、アニメシリーズ「Lower Decks」のキャラクターが登場するクロスオーバーを発表。サンディエゴ・コミコンには「Lower Decks」で声の出演をしたトウィー・ニューサムとジャック・クエイドが登壇し、エンタープライズ号への搭乗を予告した。「Star Trek: Strange New World」と「Star Trek: Lower Decks」は、米国、英国、ラテンアメリカ、オーストラリア、韓国、北欧などではパラマウント・プラスで配信中。日本での配信は未定。

『ダンジョンズ&ドラゴンズ アウトローたちの誇り』日本公開決定

『ダンジョンズ&ドラゴンズ アウトローたちの誇り』より
『ダンジョンズ&ドラゴンズ アウトローたちの誇り』より[c]2022 PARAMOUNT PICTURES. HASBRO, DUNGEONS & DRAGONS AND ALL RELATED CHARACTERS ARE TRADEMARKS OF HASBRO. © 2022 HASBRO.

人気ゲームの世界を映画化した『ダンジョンズ&ドラゴンズ アウトローたちの誇り』のパネルに、ミシェル・ロドリゲス、クリス・パイン、ジャスティス・スミス、ソフィア・リリス、そしてヒュー・グラントらが登壇し、自身のゲーム歴や製作秘話を明かした。悪役を演じるヒュー・グラントは、「私は“ダンジョン・マスター”で、英国風の時間つぶしとして楽しんでいます。私はネガティブ思考で、すべての脚本を却下することで知られていますが、驚いたことにこの脚本は本当におもしろく大笑いしてしまいました。まるで『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』を彷彿とさせるようでした」とコメント。主演のエドガンを演じるクリス・パインは、「この映画の話をもらうまでゲームをプレイしたことはなかったけれど、13歳の甥が大ファンで、ゲームを送ってもらったんです。そうしたら、ゲームに縁のなかった父や姉までプレイしはじめて、家族全員がダンジョン・マスターになってしまいました。こんなにおもしろいものを、42歳まで知らなかったことが悔やまれます(笑)」と語っていた。『ダンジョンズ&ドラゴンズ アウトローたちの誇り』は、2023年3月3日に日本公開される。


『シャザム!~神々の怒り~』新予告編公開

前作『シャザム!』より
前作『シャザム!』より[c]EVERETT/AFLO

DCコミック原作の『シャザム!』のヒットを受けて作られた、第二作目の予告編がお披露目になった。ビリー・バットソン役のアッシャー・エンジェル、ビリーが変身するスーパーヒーローのシャザムを演じるザッカリー・リーヴァイ、ビリーの親友フレディ役のジャック・ディラン・グレイザー、今作から登場するカリプソ役のルーシー・リュー、監督のデヴィッド・F・サンドバーグ監督らが登壇し、新予告編やクリップ映像を交えながら新情報を明らかにしていった。ルーシー・リューのほかにも悪役を率いるヘレン・ミレン、『ウエストサイド・ストーリー』のレイチェル・ゼグラーも出演する。リーヴァイはスーパーパワーを持った仲間たちを「シャザミリー(シャザム+ファミリー)」と呼び、前作から数年後にシャザミリーが直面する、アイデンティティクライシスや成長痛を描いたものになると語っている。『シャザム!~神々の怒り~』は、今冬日本公開予定。