21年ぶりに帰って来たアラン・グラント博士!「ジュラシック」シリーズでの活躍や古代生物への愛たっぷりな人物像に迫る|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
21年ぶりに帰って来たアラン・グラント博士!「ジュラシック」シリーズでの活躍や古代生物への愛たっぷりな人物像に迫る

コラム 2022/8/12 21:00

21年ぶりに帰って来たアラン・グラント博士!「ジュラシック」シリーズでの活躍や古代生物への愛たっぷりな人物像に迫る

遺伝子技術によって現代によみがえった恐竜たちが世界中で大暴れする『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』(公開中)。今作は、巨匠スティーヴン・スピルバーグによって1993年にスタートした「ジュラシック」シリーズの完結編という位置づけで、これまでに登場したキャラクターが勢ぞろいし、スリリングな物語が繰り広げられる。なかでもシリーズを象徴する存在と言えるのが、第1作『ジュラシック・パーク』(93)と第3作『ジュラシック・パークIII』(01)の主人公だった古生物学者アラン・グラント博士(サム・ニール)だ。テクノロジーにはさっぱりだが、古代生物への愛情は誰よりも深いグラント博士の活躍を振り返ってみたい。

中折れ帽がトレードマークのグラント博士(『ジュラシック・パークIII』)
中折れ帽がトレードマークのグラント博士(『ジュラシック・パークIII』)TM & [c] 2001 UNIVERSAL STUDIOS and AMBLIN ENTERTAINMENT, INC. All Rights Reserved

前作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(18)のラストで、人間社会に放たれてしまった恐竜たち。その後の物語が展開される今作では、恐竜たちのほか巨大なイナゴが出現してアメリカ南部の畑で甚大な被害を与えていた。彼らはどこから来たのか、その調査を依頼されたのが古植物学者エリー・サトラー博士(ローラ・ダーン)。イナゴによる被害を目にした彼女は、その謎を解明するため、かつて公私のパートナーだったグラントに協力を求めることに。突然の要請に戸惑いながら、グラント博士はサトラーと共に遺伝子研究を行っているバイオシン社を訪れる。

オーウェンら「ワールド組」にも負けじと大活躍するグラント博士たちの勇姿に注目!
オーウェンら「ワールド組」にも負けじと大活躍するグラント博士たちの勇姿に注目![c] 2022 Universal Studios and Amblin Entertainment. All Rights Reserved.

「ジュラシック・パーク」でT-レックスら肉食恐竜を相手に大奮闘!

ここからはグラント博士が辿ってきた物語について振り返っていこう。『ジュラシック・パーク』での彼は、サトラーと化石発掘の日々を送る研究者として初登場。資産家のジョン・ハモンド(リチャード・アッテンボロー)からの依頼で、巨額の資金援助をする代わりに、彼がコスタリカ沖の孤島に建設した恐竜のテーマパーク「ジュラシック・パーク」を、サトラーや世界的な数学者のイアン・マルコム(ジェフ・ゴールドブラム)と視察することになったのがすべての始まりだった。

【写真を見る】記念すべき1作目、ジープで『ジュラシック・パーク』の入場ゲートをくぐり抜けるシーンにワクワク!スチールたっぷりで振り返る
【写真を見る】記念すべき1作目、ジープで『ジュラシック・パーク』の入場ゲートをくぐり抜けるシーンにワクワク!スチールたっぷりで振り返るFilm TM &[c] 1993 Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. All Rights Reserved

子どものころからの憧れだったトリケラトプスに興奮し、ガリミムスの群れの中を走り抜け、凶暴な肉食竜からのを攻撃を間一髪でかわすなど持てる知識を総動員して活躍するグラント博士。なかでもT-レックスに初めて遭遇したシーンは圧巻で、襲われている子どもたちを助けるために、発炎筒を使ってこの巨大な生物を誘導したほか、ひっくり返ったジープに身を隠して、「ぐるり」と文字通り逃げ回るシーンは映画を代表する見せ場になった。『~新たなる支配者』ではラスボスとしてギガノトサウルスが登場するが、こちらでもひっくり返ったジープを挟んでグラント博士たちが対峙するなど、第1作へのオマージュが確認できる。

発煙筒でT-レックスの注意を引く勇敢なグラント博士(『ジュラシック・パーク』)
発煙筒でT-レックスの注意を引く勇敢なグラント博士(『ジュラシック・パーク』)Film TM &[c] 1993 Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. All Rights Reserved

関連作品