橋爪駿輝の原作『スクロール』映画化決定!W主演の北村匠海&中川大志のコメントも到着|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
橋爪駿輝の原作『スクロール』映画化決定!W主演の北村匠海&中川大志のコメントも到着

映画ニュース 2022/8/10 12:00

橋爪駿輝の原作『スクロール』映画化決定!W主演の北村匠海&中川大志のコメントも到着

YOASOBIの大ヒット曲「ハルジオン」の原作者としても知られる小説家の橋爪駿輝の『スクロール』が映画化され、2023年に公開されることが決定。あわせて、北村匠海、中川大志がW主演を務めることが明らかになった。さらに、原作者、キャスト、監督のコメントも到着している。

北村匠海演じる僕と中川大志演じるユウスケはスクリーンでどのような物語を繰り広げるのか?
北村匠海演じる僕と中川大志演じるユウスケはスクリーンでどのような物語を繰り広げるのか?[c]橋爪駿輝/講談社 [c]映画「スクロール」製作委員会

原作は、理想と現実の間で、社会、そして自分と必死に向き合おうとする若者たちの姿を描いた橋爪のデビュー作。映画やテレビ、MV、CMとジャンルを問わず活躍し『CUBE 一度入ったら、最後』(21)を手掛けた清水康彦がメガホンをとる。また撮影監督を米津玄師やKing Gnu、あいみょんなどのMVを手がける川上智之、脚本を金沢知樹、木乃江祐希らが担当する。

ダンスロックバンド「DISH//」のリーダーで、『君の膵臓をたべたい』(17)で第41回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞、『東京リベンジャーズ』(21)でも主演を務めた北村が演じるのは、就職をするも上司からすべてを否定され「この社会で夢など見てはいけない」とSNSに想いをアップすることでなんとか自分を保っている主人公の“僕”。北村は「すごく概念や哲学的なことから、抽象的で感覚的なことまで、このスクロールという一つの作品で作れていると思います」と作品に関してコメント。また、『坂道のアポロン』(18)、『覚悟はいいかそこの女子。』(18)で第42回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した中川が演じたのは、楽しければそれでいいと刹那的に生きてきたユウスケ。中川は「北村匠海という俳優は、僕がこの世界に飛び込んだ小学生のころからずっと、沢山の刺激を貰ってきた存在です。生きる道を見つけようともがく彼らが、そこで感じた匂いや、温度が、スクリーンから届いたら、幸せです」とともに主演を務める北村について、作品についてコメントしている。

社会と向き合う人の心に寄り添い、痛みを知る者にしか見えない光を描く本作。北村と中川が演じる二人の主人公が駆け抜ける鈍色の⻘春に期待が高まる。

関連作品