ラブシーンの上手さはスターの証。“キス職人”ソ・イングク「応答せよ1997」から「美男堂の事件手帳」まで、名場面を一挙紹介|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
ラブシーンの上手さはスターの証。“キス職人”ソ・イングク「応答せよ1997」から「美男堂の事件手帳」まで、名場面を一挙紹介

コラム 2022/8/15 22:00

ラブシーンの上手さはスターの証。“キス職人”ソ・イングク「応答せよ1997」から「美男堂の事件手帳」まで、名場面を一挙紹介

実力派シンガーでもあり、ドラマとスクリーンを行き来しながら常に前進し続ける人気俳優ソ・イングク。この8月には、約3年ぶりに待望の来日ファンミーティングを開催するなど、いま特に注目を集めている。そんな彼のtvNドラマ「美男堂の事件手帳」が、Netflixで絶賛配信中だ。韓国オーディション番組「スーパースターKシーズン1」で72万人のなかから見事優勝を勝ち取るなど、天性のスター性の持ち主であるソ・イングクだが、実は韓国ドラマファンの間で、ロマンティックなキスシーンで視聴者を虜にするという“キス職人”として名高い。確かに、仔犬のような顔立ちでありながら男らしい体格、特徴的な唇の持ち主で彼が見せるキスには毎回ドキドキさせられる。ここでは彼がいままでどんなキスシーンを演じてきたか、あらすじと共にご紹介したい。

「美男堂の事件手帳」のユーモラスなアクシデント・キスに漂うソ・イングクの色気

表向きは男性のムーダンとして占いカフェ・美男堂を営む容姿端麗なナム・ハンジュン(ソ・イングク)は、実は元プロファイラーにして口八丁の詐欺師。一流の占いの腕で客を騙しながら、事件も解決する巫堂界の異端児だ。そんな彼が、敏腕捜査官で事件解決のためなら手段を選ばないハン・ジェヒ(オ・ヨンソ)と事件を通して知り合い、正反対の2人は衝突をくり返しながらも次第に距離が近づいていくことになる。美男堂を取り巻く様々なキャラクターと、コミカルでもありながらミステリー要素も楽しめるストーリー、そしてソ・イングクとオ・ヨンソというラブラインの行方も見逃せないドラマになっている。

衝突しながらも、徐々に近づいていく2人…
衝突しながらも、徐々に近づいていく2人…[c]PEOPLESTORY COMPANY

第6話では、アクシデントのようなキスシーンが視聴者をときめかせた。事件の捜査で病院に忍び込んだソ・イングクは、誤解から麻酔剤を投与されて朦朧としてしまい、ふとした瞬間にオ・ヨンソに覆いかぶさってキスしてしまう。ソ・イングクのユーモラスな表情もあり笑いを誘うシーンでもあるが、さすがは職人、キスの瞬間にそこはかとなく漂う色気は隠しようもない。オ・ヨンソは必死で「あれはキスではない。ただの事故」としてなかったことにしようとするが、胸に芽生えたときめきは押さえられなさそうだ。ようやく動き出したロマンスだが、果たして二人の恋の行方はどうなっていくのだろうか?


雨の中で、観覧車で…ソ・イングクのロマンティックなキスシーン連発な「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」

ソ・イングク2年半ぶりのドラマ復帰となった「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」
ソ・イングク2年半ぶりのドラマ復帰となった「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」[c] STUDIO DRAGON CORPORATION

2年半ぶりのドラマ復帰、そして3年ぶりの歌手活動再開など、ソ・イングクもかなり力を入れて取り組んだのが「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」だ。“滅亡”(ソ・イングク)と、ウェブ編集者ドンギョン(パク・ボヨン)の宿命づけられた恋を描くファンタジーラブロマンスドラマ。不治の病で余命100日を宣告をされ、毎日が不幸続きのドンギョンの前に“滅亡”を名乗る男が現れる。彼女のために願いを叶えてくれるという彼と、ドンギョンは命を懸けた契約をする。

【写真を見る】3年ぶりに来日!“キス職人”ソ・イングクの名キスシーンをプレイバック
【写真を見る】3年ぶりに来日!“キス職人”ソ・イングクの名キスシーンをプレイバック[c] STUDIO DRAGON CORPORATION

ファンタジーということもあり、“滅亡”というきわめて特殊な役を演じることになったが、空虚さを湛えた瞳の演技でまたもやファンを虜にした。キスシーンも「キスする寸前で止める」という視聴者をやきもきさせる描写はもちろんのこと、常に冷静な“滅亡”ことソ・イングクがまるで堰を切ったようににキスをする“雨の中キス”や、夜景に照らされながらパク・ボヨンの顔を包み込むようにしてキスをする“観覧車キス”など、最高にエモーショナルなキスシーンが満載だ。