『太陽がいっぱい』『ローマの休日』…名作の「激レア地上波吹替版」の人気の秘密とは?スターチャンネル担当者を直撃!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
『太陽がいっぱい』『ローマの休日』…名作の「激レア地上波吹替版」の人気の秘密とは?スターチャンネル担当者を直撃!

インタビュー 2022/8/19 20:00

『太陽がいっぱい』『ローマの休日』…名作の「激レア地上波吹替版」の人気の秘密とは?スターチャンネル担当者を直撃!

日本初上陸の最新海外ドラマと厳選映画が楽しめる動画配信サービスとして人気の「スターチャンネルEX」。1980年代に日本初の洋画専門チャンネルとしてスタートした放送サービスの「スターチャンネル」を土台としており、放送作品と配信作品の連動企画も多い。早くから放送3チャンネルのうち1チャンネルを「吹替専門チャンネル」に充ててきただけあって、海外映画の日本語吹替版が充実しているが、なかでも近年、特に話題を集めているのが往年の「お宝バージョン」を含む“地上波吹替版”だ。民放各局の各「洋画劇場」や「ロードショー」放送枠にあわせて独自の声優キャスティングによるオリジナリティ、なにより再放送されない限りは観ることのできないレア度によって、いまや“地上波吹替版”はいちジャンルとして人気が定着している。

オードリー・ヘプバーン主演の『ローマの休日』は6バージョンの吹替版を配信中。うち5バージョンが地上波吹替版だ
オードリー・ヘプバーン主演の『ローマの休日』は6バージョンの吹替版を配信中。うち5バージョンが地上波吹替版だ

スターチャンネル(放送)では、2021年12月より複数月にわたって「激レア地上波吹替版」特集を展開し、ソフト版を含む複数のバージョン違いを集めた「聴き比べ吹替バトル」も大きな反響を呼んでいる。そんな“激レア”はどのように発掘され、放送・配信されるのか、仕掛け人であるスターチャンネルの上原行成に聞いた。

「かつてテレビの吹替版を楽しんでいた方にも、懐かしく観ていただけるのではないかと考えました」

上原は日本語版制作の担当者で、「激レア地上波吹替版」特集のプロデューサー。素材の調達から放送できる状態(完パケ)に仕上げるまで一連の作業を手掛けている。「まずはメジャースタジオなど、ライセンサーの担当者にヒアリングして素材を確認。必要な素材を取り寄せたら、ポスプロ(ポストプロダクション)会社に制作を発注します。日本初公開となる作品については、新規翻訳からの制作となりますので、出来上がった字幕や吹替の翻訳データをチェック、校正して最終版まで仕上げます。吹替版はアフレコ現場に立ち会うこともあります。素材の取り寄せから完パケの納品までのスケジュール管理と、制作指示がおもな仕事ですね」。

スターチャンネルにおける人気コンテンツとなった「激レア地上波吹替版」だが、そのスタートは、「“映画は死なず”」と掲げた旧作や非ハリウッド作品の掘り起し企画の一つとして、2021年4月に『OK牧場の決斗』(56)をはじめとする名作の地上波吹替版を放送し好評を博したことにあった。つまり、地上波吹替版の放送に注力し始めたのは比較的最近のことだという。「地上波吹替版は2時間の放送枠に収めるため、90分くらいに短く編集されたカット版が多いんです。スターチャンネルは基本的に映画をノーカットで放送・配信するというスタンスなので、以前はソフトに収録されたノーカット版を使用することがほとんどでした」。


その方針が変わったのは新型コロナウイルス感染拡大の影響だった。「コロナ禍で、一時期ハリウッドの新作映画の放送作品数が減少してしまいました。スターチャンネルの主力商品はハリウッド映画の『新作』、それらをいち早く放送・配信することが強みですが、その『新作』の製作や劇場公開が滞ったためです。そこで、ハリウッド以外の世界各国の映画作品や、誰もが知っている旧作をひと味違う角度で楽しんでもらえる特集を考えようと苦心するなかで、地上波吹替版の特集企画案が出てきたという経緯です。ソフト版は広く流通していますが、地上波吹替版は再放送されない限り観る機会がありません。かつてテレビの吹替版を楽しんでいた方にも、懐かしく観ていただけるのではないかと考えました」。

「激レア地上波吹替版」「聴き比べ吹替バトル」の企画者である、スターチャンネルの上原行成
「激レア地上波吹替版」「聴き比べ吹替バトル」の企画者である、スターチャンネルの上原行成

映画ファンのためのスターチャンネルEX攻略法【PR】

■スターチャンネルEX
「スターチャンネルEX」は、映画スター出演作や著名な映画監督が手掛ける話題の海外ドラマをはじめ、スターチャンネルの映画レーベル最新作など、映画ファンが楽しめる“ここでしか観られない“作品の数々を月額990円で見放題!
スターチャンネルEXはこちら

関連作品