松山ケンイチが語る、田舎暮しで見つけた幸せ「手をかけると、 “喜び”が味にプラスされる」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
松山ケンイチが語る、田舎暮しで見つけた幸せ「手をかけると、 “喜び”が味にプラスされる」

インタビュー 2022/9/14 17:30

松山ケンイチが語る、田舎暮しで見つけた幸せ「手をかけると、 “喜び”が味にプラスされる」

『かもめ食堂』(06)などの荻上直子監督が、“おいしい食”と“ささやかな幸せ”を綴った映画『川っぺりムコリッタ』が9月16日(金)より公開される。特集掲載中のMOVIE WALKER PRESSでは、川べりにたたずむ古いアパート“ハイツムコリッタ”の住人を演じた主要キャスト4人にリレーインタビューを実施。トップバッターは、暗い過去を背負う主人公の山田たけし役を演じた松山ケンイチだ。本作に臨んだ熱い想いや撮影秘話はもちろん、家族の話を饒舌に語る松山からは、父親としての顔も垣間見えた。

「“負け組”と呼ばれる人々に、スポットライトを当ててみたいと思いました」

孤独な山田役を演じるため、普段の演技とアプローチを変えたという松山
孤独な山田役を演じるため、普段の演技とアプローチを変えたという松山[c] 2021「川っぺりムコリッタ」製作委員会

人目を避けて暮らそうと、築50年のハイツムコリッタに引っ越してきた孤独な男、山田。彼が、いきなり「風呂を貸してほしい」と自分の部屋に上がり込んできた隣人の島田(ムロツヨシ)や、墓石の販売員をしている溝口(吉岡秀隆)、未亡人の大家、南(満島ひかり)といった様々な事情を抱えた住人たちと交流していくなかで、かたくなだった心が解きほぐされていく。

松山が本作の出演を決めたのは、演じた山田たちのような人々を題材にした映画に出演することが「とても意義深い」と感じたからだという。

「いわば山田たちはスポットライトが当たらない、こういうふうになりたくないと思われている人々。でも、僕たちは彼らの人となりを見ているわけではなく、単に“負け組”や“落とし穴にハマった人”といったカテゴリーに勝手にあてはめて見ているのではないかと。ですが偏見を取っ払って彼らを見てみると、意外と普通の人だったりするわけです。もしかして自分も、なにかの弾みでそうなる可能性があるかもしれない。だからこそ、僕はこの台本を読んだ時、彼らにスポットライトを当ててみたいと感じましたし、こういう大事な問題に蓋をしてはいけないとも思いました」。


島田(ムロツヨシ)は、山田が炊いたご飯を図々しく「一杯だけ」とリクエスト
島田(ムロツヨシ)は、山田が炊いたご飯を図々しく「一杯だけ」とリクエスト[c] 2021「川っぺりムコリッタ」製作委員会

そんな山田役へのアプローチは、普段の役作りとはまったく違うものだった。「僕は普段、衣装を着てメイクをしてもらったうえで、皆さんの前に立っているわけです。それは基本的に演出をされた自分なので、そうじゃない素の自分は決して表に出てこないんです。でも、両方とも自分であり、表裏一体なので、皆さんの目によく映れば映るほど、ギャップも生まれます。普段は演出をされ、少しでもよく見えるように演技しますが、今回はそういうことがまったくない状態の自分を作りたいと思いました」。

その作業は「東京にいてはできなかったです」という。「だから田舎に行って生活をし、その場所のコミュニティに入ってなにかを感じようとしたし、自分自身を振り返る時間も必要でした。実際、普段の僕はスクリーンのなかの僕とは全然違うし、絶対に魅力的じゃないので、そこを本作で上手く利用できたらいいなとも思いました。また、山田は自分が『生きている意味がない』と思っていますが、そういう人ってきっと魅力的じゃないんです。誰だって、生き生きしている人と友だちになりたいだろうし、ついて行きたいとも思うはずなので、そこも意識して演じました」。


“ごはん”から紐解く“つながり”『川っぺりムコリッタ』特集【PR】

関連作品