「再びどっぷりと“ダウントン・アビー沼”にハマれた!」豊田エリー、中瀬ゆかり、ハリー杉山…ファンが愛に満ちた劇場最新作を語り尽くす|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
「再びどっぷりと“ダウントン・アビー沼”にハマれた!」豊田エリー、中瀬ゆかり、ハリー杉山…ファンが愛に満ちた劇場最新作を語り尽くす

コラム 2022/9/29 19:30

「再びどっぷりと“ダウントン・アビー沼”にハマれた!」豊田エリー、中瀬ゆかり、ハリー杉山…ファンが愛に満ちた劇場最新作を語り尽くす

2010~15年にかけて6シーズン全52エピソードが放送された英国発の人気テレビドラマシリーズ「ダウントン・アビー」。20世紀初頭のイギリスを舞台に、ヨークシャーにある架空の邸宅“ダウントン・アビー”で暮らす貴族や使用人たちのドラマが描かれてきた。“ダウントニアン”と呼ばれる熱狂的なファンも生みだした本作は放送終了後も根強い支持を集めており、2019年には初の劇場版『ダウントン・アビー』を製作。さらに、劇場版第2弾となる『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』がいよいよ9月30日(金)より公開される。公開に先がけ、シリーズの大ファンを公言する各界の著名人が本編を鑑賞。MOVIE WALKER PRESSへ寄せられたコメントを紹介しながら、ファン必見のポイントやシリーズ未見でも楽しめる魅力を紐解きたい。

20世紀前半を舞台に、英国貴族とその使用人たちの悲喜こもごもの物語を描いた人気ドラマシリーズの劇場版第2弾『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』
20世紀前半を舞台に、英国貴族とその使用人たちの悲喜こもごもの物語を描いた人気ドラマシリーズの劇場版第2弾『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』[c] 2021 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

前作でジョージ5世とメアリー王妃ら王室の面々をダウントン・アビーでお迎えするという一大イベントを成功させたクローリー家とその使用人たち。それから1年後の1928年、華やかな日々とは裏腹に屋敷には痛みが目立ちはじめており、実質的な当主となった長女メアリー(ミシェル・ドッカリー)は、修理費の工面に頭を悩ませていた。そんな時、ハリウッドの映画会社から屋敷で映画の撮影をさせてほしいとのオファーが入る。しかも高額の謝礼が入ると聞いて、メアリーは父ロバート(ヒュー・ボネヴィル)の反対を押し切って、撮影を許可することに。憧れの映画スターに会えると聞いて使用人たちが胸をときめかせる。その一方で、ダウントン・アビーではもう一つの事件が。ロバートの母バイオレット(マギー・スミス)に、亡くなったフランスのモンミライユ侯爵から南仏にある別荘を贈られたというのだ。あまりに寛大な申し出に疑問を持ったロバートは、妻コーラ(エリザベス・マクガヴァン)、次女イーディス(ローラ・カーマイケル)夫妻、トム(アレン・リーチ)夫妻、引退したはずの老執事カーソン(ジム・カーター)と共にリヴィエラへと向かうのだった。

「ファンにとって、ご褒美のような一作」(豊田エリー)


「ダウントン・アビー」シリーズを2周目も観たという、シリーズ大ファンである女優の豊田エリー
「ダウントン・アビー」シリーズを2周目も観たという、シリーズ大ファンである女優の豊田エリー

俳優として映画やドラマ、舞台で活躍する豊田エリーはシリーズの大ファンで、本作についても「ファンにとって、ご褒美のような一作です!」と感激しきり。「ファンの方はもう存分に楽しんでください!これまでずっと観てきてよかったと、きっと思える作品です。大好きなキャラクターたちの“その後”を知ることができ、幸せを噛み締めながら観ました」と続け、特に印象に残ったのが名優マギー・スミス演じるバイオレットだと明かした。

「“ダウントン・アビー”という屋敷とそこで紡がれる物語にとっての支柱のような、欠かすことのできない存在だと思います。本作でもそのチャーミングさと核心をつく言葉はもちろん健在ですが、なによりいくつになっても1人の女性として、胸に秘めた想いや記憶がとても大切に描かれているところに、製作陣からバイオレットへの深い愛とリスペクトを感じられたのがファンとしてもうれしかったです。バイオレットが語ると、若き日の麗しい姿やこれまでの歳月が重なっているように見え、マギー・スミスのすばらしさを改めて感じました。サブタイトルである『新たな時代へ』を象徴するシーンも感動です」。

まるでエリザベス女王のような風格!名優マギー・スミス演じるクローリー一家の柱、バイオレット
まるでエリザベス女王のような風格!名優マギー・スミス演じるクローリー一家の柱、バイオレット[c] 2022 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

物語の舞台である1920年代後半は、サイレント映画からトーキー(映像と音声が同期した映画のこと)に移り変わろうとする時代。「映画界がサイレントからトーキーへの転換期を迎えているなかでの撮影シーンもグッときました」とも振り返る。

「今作ではダウントン・アビーが映画撮影のロケ地として使われることになり、クローリー家と使用人たちが戸惑ったり浮き足立ったりする姿がとてもおもしろいです」とお気に入りのシーンを挙げた。なかでも、特に使用人たちが映画撮影に関わる重要なシーンに涙があふれたという。「“映画”というものは束の間の夢を見るような、非日常へと飛び込む体験だということが表れた、楽しいけれどせつなくもある大好きな場面です」。

気鋭の映画監督として活躍するジャック・バーバー
気鋭の映画監督として活躍するジャック・バーバー[c] 2022 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

豊田が「ダウントン・アビー」に惹かれる理由はなんなのだろうか?「つい最近ドラマシリーズの2周目を観終えたところだったのですが、なぜこんなに夢中になれるのだろうと思うと、やはりキャラクターたちの魅力ですね。それぞれの実在感が凄いので、彼らがどうなっていくのか見逃さずにはいられなくなるのです。もちろん、それを支える衣装、美術もステキですし、身分の差から生まれる物語や実際の歴史との重なりなど魅力はたくさんあります。あとテーマ曲!最高です」。

まだ作品を観たことのない人にはこんなアドバイスが。「私はシリーズものの最新作をいきなり観て、それから1に戻って追いつくということを何度もしていますが、それもなかなかいい味わいがありますよ、と伝えたいです。1920年代の美しいファッション、南仏の景色、ウィットに富んだ言葉の掛け合い、映画愛を感じる演出など魅力満載ですし、大画面で観るのにぴったりの作品だと思います。そして彼らのこれまでの出来事に興味が出たら、ぜひドラマシリーズにも手を伸ばしてみてください」。

亡き三女の元夫トムと、ルーシーの結婚式から幕を開けた
亡き三女の元夫トムと、ルーシーの結婚式から幕を開けた[c] 2022 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

華麗なる一族に魅了される『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』特集【PR】

関連作品