小芝風花、川村壱馬のギャップに驚き!『貞子DX』試写会に貞子“大量発生”で大盛り上がり|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
小芝風花、川村壱馬のギャップに驚き!『貞子DX』試写会に貞子“大量発生”で大盛り上がり

イベント 2022/9/28 21:40

小芝風花、川村壱馬のギャップに驚き!『貞子DX』試写会に貞子“大量発生”で大盛り上がり

映画『貞子DX』(10月28日公開)の完成披露試写会が9月28日にイイノホールで開催され、小芝風花、川村壱馬(THE RAMPAGE)、黒羽麻璃央、木村ひさし監督が登壇。ステージに大量の貞子が発生し、大盛り上がりとなった。

『貞子DX』完成披露試写会の様子
『貞子DX』完成披露試写会の様子

本作は、現代社会に適応しSNSで拡散される貞子の呪いと、24時間以内に“呪いの方程式”を解明すべく奔走する主人公たちを描くサスペンスホラー。貞子の呪いに立ち向かうIQ200の天才大学院生、一条文華役を小芝、文華と共に呪いに挑む自称占い師の前田王司役を川村、謎の協力者である感電ロイド役を黒羽が演じている。この日は貞子が大量発生する映画にちなみ、観客は白のドレスコートで参加。一部の観客は長髪のウィッグを着用し、貞子になりきって着席した。会場を見渡した登壇者陣も、うれしそうな笑顔を見せていた。


IQ200の頭脳を持つ大学院生、一条文華役の小芝風花
IQ200の頭脳を持つ大学院生、一条文華役の小芝風花

世界的ホラーアイコンである“貞子”シリーズ最新作への出演が叶い、「本当にうれしくて。いろいろな方がやられてきた、有名な作品にキャスティングしていただけて光栄に思いました」と目尻を下げた小芝。実は「怖いのは苦手」だそうで、「『リング』とかは、幼いころに観てトラウマで。トイレに一人で行けなくなったくらい。撮影中も呪われないようにしなきゃと思って臨みました」と苦笑い。「撮影現場は和気あいあいとしていた」ために、楽しんで撮影ができたという。

自称占い師の前田王司役を演じた川村壱馬
自称占い師の前田王司役を演じた川村壱馬

「衝撃でした」とオファーに驚いたというのが、川村だ。「いろいろと、これからどういう役をやりたいかという思いがあるなかで、自分にホラー映画のお話をいただけるとは思っていなかった。シンプルにめちゃくちゃうれしかったですし、光栄に思いました」と感激しきり。演じた前田王司は「ものすごい“うざキャラ”」だといい、「人それぞれ笑っていただけたり、『うぜえ』と思われたりすると思いますが、楽しんでいただけたら」と呼びかけていた。

謎の協力者、感電ロイド役の黒羽麻璃央
謎の協力者、感電ロイド役の黒羽麻璃央

黒羽は「お二人がとにかく元気!」と小芝と川村のパワフルさに舌を巻いた。さらに「川村さんは今回、ヘタレというか、おモテにならないだろうなというタイプの男の子を演じている(笑)」と切りだし、「ライブに招待していただいて、拝見させていただいた。ギャップで、どうにかなりそうでした」と劇中と、ステージに立つ川村のギャップに驚愕。「これが世に言う、ギャップかと。僕は王子として出会っているので、(川村が)アーティストさんとして活動している姿を見て『やべえな』と。かっこいいっすね!」と語る。

お互いの印象を明かした
お互いの印象を明かした

小芝は「怖い人だったらどうしよう」と思っていたそうだが、「人見知りな性格らしくて。お祓いをした時に、一人で隅に座っていらした。話しかけない方がいいのかなと思ったんです。でも玉串を捧げる動作の時に、昨日の夜からすごい練習をしてきたということで『玉串をやる時、ちょっと肘を張った方がいいらしいですよ』と言っていて。ああ!この人、真面目だ!と思いました。ギャップを感じました」としっかりとリサーチしてきた川村の真摯さに惚れ惚れ。川村は照れ笑いを浮かべていた。

川村と小芝は大阪出身という共通点もあるそうで、川村は「歳も一つしか変わらないので、昔やっていたゲームも一緒だったり、いろいろと共通点もあった。ずっと撮影の合間も楽しかったです」と小芝との共演を述懐。「現場のスタッフさんに対する振る舞いなど、座長として現場にいてくれた。すごくリスペクトできる存在だなと思いました。スタッフさんの名前を覚えてくるなど、皆さんに気配りをされている姿が、僕にとっても学びになりました」と大いに刺激を受けたという。小芝は「ソワソワしちゃいます」とこちらも大照れだった。

貞子の大量発生に「楽しくなっちゃいます」
貞子の大量発生に「楽しくなっちゃいます」

トーク後半には突如場内が真っ暗になり、スクリーンに井戸から這いあがる貞子の映像が流れ始めた。すると客席にスポットライトが照らされ、その先にいた貞子がステージに登壇! 「貞子だー!」とキャスト陣が大盛り上がりとなるなか、再び場内が暗転し、後ろから30人の貞子が襲い掛かるなど、サプライズの連続で小芝らを驚かせた。「うわー!どうしたらいいんですか!あっちにも、こっちにも!」と大量の貞子に目を丸くした小芝は、「こんなにいっぱいいると楽しくなっちゃいますね。すごい迫力」とにっこり。川村も「びっくりしました!」と貞子を見渡していた。

取材・文/成田おり枝


新世代の”呪い”を解明せよ!『貞子DX』特集【PR】

関連作品

  • 貞子DX

    3.0
    721
    IQ200の天才大学院生が現代SNS社会に蘇った“貞子”の呪いに挑むシリーズ最新作