久保史緒里が語る、映画初主演への想いとアイドルとしての現在地「個人活動を広げることが、乃木坂46への恩返し」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
久保史緒里が語る、映画初主演への想いとアイドルとしての現在地「個人活動を広げることが、乃木坂46への恩返し」

インタビュー

久保史緒里が語る、映画初主演への想いとアイドルとしての現在地「個人活動を広げることが、乃木坂46への恩返し」

乃木坂46の3期生として活動し、舞台「夜は短し歩けよ乙女」のヒロイン役やラジオパーソナリティなど多方面で活躍をしている久保史緒里。映画初出演にして初主演を務める『左様なら今晩は』(公開中)では、ウブな幽霊の愛助役を好演している。MOVIE WALKER PRESSでは、公開初日を迎えた久保に単独インタビューを敢行。今作での自身の演技や、約1年前に行われた撮影時のエピソード、グループに所属しながら個人で活動をすることへの想いを語ってもらった。

「萩原さん演じる陽平のおかげで、愛助として動くことができました」

本作は、不器用なサラリーマンとピュアな幽霊の奇妙な共同生活を描いた、山本中学による同名コミックの実写映画化作品。監督を務めた高橋名月が脚本も手掛けており、キャラクターの設定や、舞台が広島県の尾道市になるなど、原作から変更されている点も多い。役作りにあたって久保は、「映画オリジナルの脚本ではあるんですけど、もちろん原作を読ませていただいて『すてきだな』と思ったところを取り入れました」と語り、映画後半での萩原利久が演じる陽平とのデートシーンは、特に原作を意識したという。「原作での愛助がどこかさっぱりしているところがいいなと思ったので、陽平とのデートをただただ楽しむように意識しました」。

【写真を見る】久保史緒里、透明感あふれる白ワンピース姿の撮りおろし!
【写真を見る】久保史緒里、透明感あふれる白ワンピース姿の撮りおろし!撮影/山田 健史 衣装協力/ワンピース ¥63,800(office surprise)、靴 ¥14,300(ダイアナ 銀座本店<ダイアナ>)、イヤリング ¥3,190(mimi33/サンポークリエイト)、リング(人差し指) ¥35,200(e.m. 青山店)、リング(中指) ¥74,800(ココシュニック)

宮城県出身の久保は、本作で広島県の備後弁に初挑戦。撮影前から方言の音源を聞いて入念に練習を行ったという。「音源をいただいて練習をしていたのですが、実際に現場で演技をしてみると、一文字の発音の違いでニュアンスが変わってしまうのが難しかったです。何回も撮り直したりもすることもありました」。

そんな慣れない方言を話す“ウブでピュアな幽霊”の役を演じるのに苦労もあったとようだが、彼女を牽引したのは萩原だったという。「私はなかなか役として動くことができなかったんですが、萩原さんは撮影の段取りの段階から、動きですごく引っ張ってくださいました。『どう動いたらいいんだろう』と迷っていた時も、萩原さん演じる陽平のおかげで、愛助として動くことができるようになりました」。

恋⼈に振られた陽平のもとに、突如姿を現した幽霊の愛助
恋⼈に振られた陽平のもとに、突如姿を現した幽霊の愛助[c]2022 山本中学・少年画報社/「左様なら今晩は」製作委員会


俳優経験の長い萩原との会話で、役者業についても学べたのでは?と、撮影時のエピソードを聞くと、「役の話とかは全然してないんです(笑)」と久保は破顔する。「私が人見知りをしてしまっていたのですが、萩原さんとはスポーツ観戦が趣味という共通点があったんです。待ち時間にたまたま、2人でそれぞれの携帯で違うスポーツを見ていたんですよ。そこをきっかけに、会話ができるようになりました。中身のある会話は本当にしてないのですが(笑)。なにげない会話を通して、仲良くさせていただきました」と和やかな現場での様子を明かしてくれた。

関連作品

  • 左様なら今晩は

    4.0
    480
    ごく普通のサラリーマンと幽霊の奇妙な共同生活を描いた同名漫画を実写映画化