戸田恵梨香&永野芽郁、『母性』難役を乗り越えた特別な絆。語り合う俳優としての現在地|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
戸田恵梨香&永野芽郁、『母性』難役を乗り越えた特別な絆。語り合う俳優としての現在地

インタビュー 2022/11/23 22:00

戸田恵梨香&永野芽郁、『母性』難役を乗り越えた特別な絆。語り合う俳優としての現在地

ドラマ「ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜」で息ピッタリに先輩、後輩警察官を演じて視聴者を楽しませた戸田恵梨香永野芽郁。実は「ハコヅメ」に先駆けて初共演を果たしていたという映画『母性』(11月23日公開)では、母娘役を熱演。想いのすれ違う壮絶な親子関係を体現し、それぞれが鬼気迫る演技を披露している。まったく違う作風の2作品で現場を共にし、かけがえのない存在になったという2人。『母性』の撮影を振り返りながら、お互いに寄せる信頼感を語り合うと共に、戸田が永野の年齢のころに抱いていた悩み、そこからの進化について明かした。

「自分を奮い立たせるために挑戦した」(戸田)

戸田恵梨香と永野芽郁が母娘役を演じる衝撃のエンタテインメント作品『母性』
戸田恵梨香と永野芽郁が母娘役を演じる衝撃のエンタテインメント作品『母性』[c]2022映画「母性」製作委員会

累計発行部数120万部を突破した湊かなえの同名小説を廣木隆一監督が映画化した本作。“娘を愛せない母”、ルミ子(戸田)と、“母に愛されたい娘”、清佳(永野)。それぞれの視点である事件を語り、次第に食い違う2人の証言から、事件の秘密と母娘の関係性を描きだす。

――複雑な胸の内を抱えた母娘の関係性を見事に体現したお2人ですが、それぞれ引き受けるには覚悟のいるような難役だったのではないかと感じます。オファーを受けた時の感想を教えてください。

“娘を愛せない母”のルミ子役で、戸田恵梨香が新境地を開いた
“娘を愛せない母”のルミ子役で、戸田恵梨香が新境地を開いた[c]2022映画「母性」製作委員会

戸田恵梨香(以下、戸田)「脚本をいただいて、プロデューサーさんに『清佳役のオファーですよね?』と聞いてしまいました(笑)。『いや、ルミ子です』とおっしゃるので、『私がルミ子?まさか!』という想いでした。私はまだ子どもを産んだこともありませんし、ルミ子を演じるには経験不足。せめて学生時代や結婚して間もないころは演じられたとしても、娘が高校生になった時のルミ子はどうしたらいいのか…と大きな不安を覚えました。オファーをいただいた時にはプロデューサーさんから『あなたならできる。あなたしか思い浮かばない』と熱いメッセージをいただきましたが、あまり腑に落ちなくて。ただ、これまでにもお世話になってきたプロデューサーさんが丁寧に説明してくれて、『私に』と言ってくれるなら、なにかを見出すことができるのかもしれない。自分で演じることがあまりイメージできないような役柄はお断りさせていただくこともありますが、これは挑戦するべきなのではないかと感じて、自分を奮い立たせるために挑戦させていただきました」

――ルミ子は、自分を奮い立たせることが必要な役柄だったのですね。

戸田「ルミ子は理解し難く、共感や感情移入することのできない役柄でもあります。だからこそ感情でお芝居をするのではなく、理屈で突き詰めていかなければ成立しない役柄だなと感じました。自分の能力勝負だと、いまの自分に賭けてみるような気持ちでした」

――清佳も力強さと繊細さを持ち合わせた、とても複雑なキャラクターです。


永野芽郁は、“母に愛されたい娘”、清佳の繊細な心を表現した
永野芽郁は、“母に愛されたい娘”、清佳の繊細な心を表現した[c]2022映画「母性」製作委員会

永野芽郁(以下、永野)「私は脚本を読んでから出演を決めたのではなく、ルミ子を演じられるのが戸田さん、原作が湊かなえさんだと聞いて、それが決め手になりました。戸田さんとは、いつかご一緒したいとずっと思っていたんです。『やります』とお返事してから脚本を読んで、『あ、これは難しい役だ。どうしよう』と(笑)」

戸田「(笑)」

永野「清佳とルミ子は、私の知っている母娘像とはかけ離れた関係性でしたし、戸惑いもありましたが、清佳の内側にある強さや、母に対しての想いを自分なりに考えながら撮影に臨みました。とにかく戸田さんとご一緒できるだけでうれしかったので、『よし!戸田さんについて行けばいいんだ!』と思うことが、私にとって力になりました」


「母か、娘か」。究極の問いに迫る『母性』特集【PR】

関連作品