IUにイ・ビョンホンら韓国スターがドレスアップ!“韓国のアカデミー賞”受賞結果は『別れる決心』が主要部門制覇|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
IUにイ・ビョンホンら韓国スターがドレスアップ!“韓国のアカデミー賞”受賞結果は『別れる決心』が主要部門制覇

イベント

IUにイ・ビョンホンら韓国スターがドレスアップ!“韓国のアカデミー賞”受賞結果は『別れる決心』が主要部門制覇

韓国の映画賞の中でも最高の栄誉と権威を持ち、“韓国のアカデミー賞”と称される青龍映画賞。その第43回目となる授賞式が、11月25日に開催された。式典に先立って行われたレッドカーペットには、名実ともに今年の韓国映画界を沸かせたスターたちが集結し、華々しい祝祭空間を作り上げた。

イ・ジウン(IU)、チョン・ウソン、ソル・ギョング、イ・ビョンホンも!続々と登場するスターたちにファン歓喜!

まず姿を見せたのは、5年連続でMCを任されるキム・ヘスユ・ヨンソク。Netflixで好評配信中の「シュルプ」で優雅ながらたくましい王妃を熱演中のキム・ヘスは、目の覚めるようなターコイズブルーのドレスで艶やかに登場。ユ・ヨンソクはシックなタキシードで、先輩のキム・ヘスをエスコートする姿が非常にエレガントだった。

5年連続でMCを務める、息ぴったりなコンビのキム・ヘス&ユ・ヨンソク
5年連続でMCを務める、息ぴったりなコンビのキム・ヘス&ユ・ヨンソク[c]SplashNews.com

最新の主演作『死を告げる女』(12月23日公開)でも繊細かつ深みある演技を見せてくれた実力派のチョン・ウヒは、美しいデコルテを白いリボンが彩るブラックドレスで登場。つややかなロングヘアーとのバランスも良く、可憐な姿でファンから熱い視線を浴びていた。

大人っぽさと可憐さを併せ持つ姿に歓声が上がっていたチョン・ウヒ
大人っぽさと可憐さを併せ持つ姿に歓声が上がっていたチョン・ウヒ[c]SplashNews.com

『別れる決心』(2023年2月17日公開)で謎めいた女性、ソレ役を演じるタン・ウェイは、シルバーを基調としたオフショルダーのドレスでレッドカーペットに参加。彼女の意志の強そうな瞳と相まって、装いに凜々しさも感じさせた。

『別れる決心』で主演女優賞を受賞したタン・ウェイ
『別れる決心』で主演女優賞を受賞したタン・ウェイ[c]SplashNews.com

純白のドレスもまた、スターたちをひときわ輝かせる。『共助2:インターナショナル(原題)』『ハッピーニューイヤー』(12月9日公開)など出演作が相次ぎ、さらにアイドルグループ「少女時代」も再始動し改めて注目を集めているイム・ユナは、胸元に花が咲いたようなデザインの真っ白なドレス。その美貌と共に、レッドカーペットを一層豪華絢爛なものにした。

【写真を見る】「少女時代」復活に映画出演と、今年も大活躍だったユナやIU(イ・ジウン)、イ・ビョンホンら韓国スターのドレス姿を一挙に紹介
【写真を見る】「少女時代」復活に映画出演と、今年も大活躍だったユナやIU(イ・ジウン)、イ・ビョンホンら韓国スターのドレス姿を一挙に紹介[c]SplashNews.com

ベイビー・ブローカー』(22)で未婚の母という難役に挑み、力強い演技を見せたイ・ジウン(IU)は、白いレースによる繊細なディティールのワンピースで登場し、女神のように透明感を放っていた。

『ベイビー・ブローカー』で未婚の母を演じきったイ・ジウン
『ベイビー・ブローカー』で未婚の母を演じきったイ・ジウン[c]SplashNews.com

誇らしい映画賞の式典にふさわしいと、ベルベットの素材を上品に取り入れる俳優も多かった。Netflixのゾンビドラマ「今、私たちの学校は...」での強烈なキャラクターも忘れがたいイ・ユミは、ベルベットを使った紺のホルターネックワンピースで気品を醸し出す。『オオカミ狩り(原題)』で強烈なアクションをこなし話題となったソ・イングクも、ベルベットのタキシードで登場し、ファンの心を虜にしていた。

主演作『オオカミ狩り(原題)』が国際的に成功したソ・イングク
主演作『オオカミ狩り(原題)』が国際的に成功したソ・イングク[c]SplashNews.com

青龍映画賞には今後の活躍が期待される新鋭はもちろん、もはや説明不要なほど韓国映画界を長く盛り立ててきた俳優も勢揃いする。『別れる決心』『閑山:龍の出現(原題)』と大作での主演が続いたパク・ヘイルや、盟友イ・ジョンジェによる初監督作『ハント(原題)』で主演を果たしたチョン・ウソン、『キングメーカー 大統領を作った男』(21)に続き『キルボクスン(原題)』や『少年たち(原題)』など、俳優人生30年を迎えこれまで以上に役者道を邁進するソル・ギョング、『非常宣言』(21)で心に傷を負った元パイロットを力演したイ・ビョンホンもレッドカーペットに参加。眩しいほどのハンサムな姿と漂う風格に、詰めかけたファンの歓喜の声が上がっていた。

『キングメーカー 大統領を作った男』で主演男優賞にノミネートされたソル・ギョング
『キングメーカー 大統領を作った男』で主演男優賞にノミネートされたソル・ギョング[c]SplashNews.com

新人監督賞イ・ジョンジェにチョン・ウソンが生電話!

レッドカーペットに続いて行われた授賞式。キム・ヘスは、スパンコールをちりばめた淡いピンク色のドレスで再登場。1993年の第14回から今年に至るまで、1回を除きMCを務め続けている彼女は“青龍の女神”と称されているが、それも納得の高級感ある佇まいだ。


世界的なパンデミックもあり、韓国映画界も多くの作品の公開が遅れるなど影響を受けていたが、今年は大作が相次いで封切りされるなど少しずつ以前の様相を取り戻そうとしつつある。そうした中で、1200万人を動員した『犯罪都市 THE ROUNDUP』(22)が最大観客賞、そしてアクションを手がけたホン・ミョンヘン武術監督が技術賞を受賞した。

“マ・ドンソクユニバース”が絶好調!『犯罪都市 THE ROUNDUP』
“マ・ドンソクユニバース”が絶好調!『犯罪都市 THE ROUNDUP』 [c]ABO Entertainment

また、俳優同士の友情と尊敬を感じさせてくれるのが、映画賞授賞式の醍醐味でもある。今年助演男優賞を受賞したのは、パク・ヘイル扮する李舜臣将軍と激しい海戦を繰り広げる日本軍の最高司令官、脇坂を熱演したピョン・ヨハンだった。その後、昨年『茲山魚譜-チャサンオボ-』(21)で主演男優賞を獲得したソル・ギョングがプレゼンターとして登場した際、同作で共演したピョン・ヨハンに対し「昨年は、ピョン・ヨハンが賞をもらうべきだった。今年の助演男優賞獲得、おめでとう」と祝辞を述べた。

新人監督賞ほか3部門を獲得したのは、イ・ジョンジェによる初監督作品『ハント(原題)』。しかし、監督はDisney+オリジナルシリーズ「アコライト」撮影のためイギリスに滞在中であり、授賞式に不参加だった。代理受賞のチョン・ウソンが、直接快挙を祝おうと何と会場から生電話。親友であり、同じ建物の隣人であり、同じ事務所を運営する“清潭(チョンダム)夫婦”と呼ばれる二人の固い結束が垣間見えたシーンだった。

 カンヌ国際映画祭でスタンディングオベーションも受けた『ハント(原題)』
カンヌ国際映画祭でスタンディングオベーションも受けた『ハント(原題)』[c]Magnolia Pictures

関連作品