『THE FIRST SLAM DUNK』が興収12億超えのヒットスタート!『月の満ち欠け』は3位に初登場|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
『THE FIRST SLAM DUNK』が興収12億超えのヒットスタート!『月の満ち欠け』は3位に初登場

映画ニュース

『THE FIRST SLAM DUNK』が興収12億超えのヒットスタート!『月の満ち欠け』は3位に初登場

12月3日と12月4日の全国映画動員ランキングが発表。メインキャスト以外の声優、さらにはストーリーも一切明かされないまま公開を迎えた『THE FIRST SLAM DUNK』(公開中)が、大ヒットスタートで見事に初登場1位を獲得した。

ついに試合開始!『THE FIRST SLAM DUNK』がロケットスタート

【写真を見る】『THE FIRST SLAM DUNK』がついに試合開始!
【写真を見る】『THE FIRST SLAM DUNK』がついに試合開始![c] I.T.PLANNING,INC. [c] 2022 THE FIRST SLAM DUNK Film Partners

1990年から約6年間にわたって「週刊少年ジャンプ」で連載され、空前のバスケットボールブームを巻き起こす社会現象となった井上雄彦の漫画「SLAM DUNK」。その新たなアニメーション映画化となる『THE FIRST SLAM DUNK』は、原作者の井上自らが監督&脚本を担当。

土日2日間で観客動員84万7000人、興行収入12億9600万円を記録。近年アニメーション映画の大ヒットが相次いでいるが、本作もその流れに乗るロケットスタート。原作の根強い人気をあらためて証明してみせた。

『月の満ち欠け』と『ブラックアダム』もランクイン!

大泉洋、有村架純、目黒蓮らが共演した『月の満ち欠け』は3位に初登場
大泉洋、有村架純、目黒蓮らが共演した『月の満ち欠け』は3位に初登場[c] 2022「月の満ち欠け」製作委員会

3位に初登場を果たしたのは、佐藤正午の直木賞受賞作を大泉洋、有村架純、目黒蓮(Snow Man)、柴咲コウの共演で映画化した『月の満ち欠け』(公開中)。こちらは土日2日間で動員14万6000人、興収1億9700万円となり、初日から3日間の累計成績では動員25万人、興収3億5300万円を突破した。

そして5位にはドウェイン・ジョンソン主演のDC映画『ブラックアダム』(公開中)が初登場。公開4週目にして2位にダウンした『すずめの戸締まり』(公開中)は、土日2日間で動員55万5000人、興収7億4800万円と、前週比90%をキープする安定ぶり。累計成績では動員561万人、興収75億9500万円を突破。歴代興収ランキングの87位に浮上している。

大ヒットが続く『すずめの戸締まり』は歴代興収ランキング87位に浮上
大ヒットが続く『すずめの戸締まり』は歴代興収ランキング87位に浮上[c]2022「すずめの戸締まり」製作委員会


以下は、1~10位までのランキング。(12月3日・4日)

1位『THE FIRST SLAM DUNK』
2位『すずめの戸締まり』
3位『月の満ち欠け』
4位『劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編』
5位『ブラックアダム』
6位『母性』
7位『ONE PIECE FILM RED』
8位『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』
9位『ある男』
10位『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ』

今週末には、二宮和也主演で第二次世界大戦後に捕虜になった日本人捕虜たちの実話を映画化した『ラーゲリより愛を込めて』(12月9日公開)、A24製作のスリラー映画『MEN 同じ顔の男たち』(12月9日公開)などが公開を控えている。

文/久保田 和馬

関連作品

  • THE FIRST SLAM DUNK

    4.6
    8262
    原作者、井上雄彦が監督・脚本を務める人気バスケットボール漫画の新作アニメ映画
  • 月の満ち欠け

    4.1
    5794
    直木賞受賞小説「月の満ち欠け」が、大泉洋主演で実写映画化
  • ブラックアダム

    3.8
    1723
    DC×ドウェイン・ジョンソンでスーパーヒーロー軍団もぶっ飛ばすアンチヒーロー映画
    Amazon Prime Video U-NEXT
  • すずめの戸締まり

    4.4
    13973
    『君の名は。』『天気の子』に続く、新海誠監督の最新作。