『別れる決心』でタン・ウェイが体現した、新たなファム・ファタール像。世界を虜にする魅力の秘密|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
『別れる決心』でタン・ウェイが体現した、新たなファム・ファタール像。世界を虜にする魅力の秘密

コラム

『別れる決心』でタン・ウェイが体現した、新たなファム・ファタール像。世界を虜にする魅力の秘密

世界が認めた鬼才パク・チャヌク監督の最新作『別れる決心』が、2⽉17⽇(⾦)より公開される。本作は昨年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門で監督賞を受賞し、本年度の米アカデミー賞国際長編映画賞部門の韓国代表に選出。米映画芸術科学アカデミーより発表された国際長編映画賞のショートリスト入りも果たし、アカデミー賞ノミネートに関心が集まっている。

世界中の観客と批評家を唸らせ続けてきた巨匠の6年ぶりの最新作『別れる決心』
世界中の観客と批評家を唸らせ続けてきた巨匠の6年ぶりの最新作『別れる決心』[c]2022 CJ ENM Co., Ltd., MOHO FILM. ALL RIGHTS RESERVED

“今年最もロマンティックな作品”との呼び声も高いこの映画で、刑事へジュン(パク・ヘイル)と惹かれ合う美しき容疑者ソレを演じたのがタン・ウェイだ。デビュー作の『ラスト、コーション』(07)で、忘れ難い演技と強烈な美しさで世界を虜にした彼女が、現代の新たなファム・ファタールとしてベストアクトを更新したと言っても過言ではない。今回は、そんなタン・ウェイのフィルモグラフィーと『別れる決心』にまつわるエピソードを紹介しつつ、彼女の魅力に迫ってみたい。

約1万人のなかからヒロインに選ばれ鮮烈デビュー!忘れ難い『ラスト、コーション』の熱演


中国出身のタン・ウェイは、もともとミス・ユニバースにも選ばれたほどの美貌の持ち主だが、約1万人のなかからオーディションでアン・リー監督の『ラスト、コーション』のヒロインに大抜擢されると、台湾版アカデミー賞と言われる第44回台湾金馬奨で最優秀新人賞を獲得し一躍注目の存在となる。本作は、日本軍占領下の上海を舞台に、敵対する者同士の禁断の愛を描き、日本ではR-18指定での公開となるほどの過激な描写で大きな話題となった。彼女はデビュー作とは思えない大胆な演技で政府高官イー(トニー・レオン)を誘惑する女性スパイを演じて鮮烈にスクリーンデビューし、世界の度肝を抜いた。タン・ウェイの熱演に支えられた本作は、ヴェネチア国際映画祭にてグランプリの金獅子賞に輝くなど世界的名声を獲得する。

ヒョンビンとのケミストリーも視聴者の心を掴んだ『レイトオータム』
ヒョンビンとのケミストリーも視聴者の心を掴んだ『レイトオータム』[c]Everett Collection/AFLO


のちにパートナーとなるキム・テヨン監督が手掛けた韓国、香港、アメリカ合作映画『レイトオータム』(10)では、百想芸術大賞で外国人初の最優秀演技賞を受賞。第34回香港電影金像奨で作品賞を獲得したアン・ホイ監督の『黄金時代』(14)では、香港アカデミー賞の前哨戦と呼ばれる香港電影導演會年度大獎で最高の女優に選出されるなど、国内外を問わず俳優として成功を収めていく。2019年には12年ぶりのテレビドラマ出演も果たし、常に第一線で芸能界をリードする俳優の1人だ。

『別れる決心』で見せた圧巻の演技!韓国映画賞を席巻したタン・ウェイ

清廉な刑事と美しき容疑者、惹かれてはならない2人の愛を描く『別れる決心』
清廉な刑事と美しき容疑者、惹かれてはならない2人の愛を描く『別れる決心』[c]2022 CJ ENM Co., Ltd., MOHO FILM. ALL RIGHTS RESERVED

『別れる決心』でタン・ウェイは、刑事ヘジュンが追う事件の被害者の妻、ソレを演じている。刑事と容疑者という立場にありながら親密になっていく役どころで、2人の交錯する目線とプラトニックながらもなんとも艶やかなやりとりに世界中の観客が魅了されている。昨年は “韓国のアカデミー賞”とも称される最も権威ある映画祭、青龍映画賞で最優秀作品賞、監督賞をはじめ7冠を制覇。韓国で最も歴史の長い大鐘賞でも作品賞など3冠に輝いた。その勢いは国内に留まらず、米ニューヨーク・タイムズ紙など大手メディアが選ぶ今年の映画ベスト10にも選出されるなど、世界中で最高の評価を受けている。そしてヒロインであるタン・ウェイも、前述の青龍映画賞をはじめとした韓国国内の主演女優賞を軒並み受賞した。

関連作品