原作、映画、漫画、ノベライズ…『8年越しの花嫁 奇跡の実話』あなたはどれで“奇跡”に出会う?|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
原作、映画、漫画、ノベライズ…『8年越しの花嫁 奇跡の実話』あなたはどれで“奇跡”に出会う?

映画ニュース 2017/12/15 10:00

原作、映画、漫画、ノベライズ…『8年越しの花嫁 奇跡の実話』あなたはどれで“奇跡”に出会う?

この冬、一番の感動作として公開前より話題の映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』。12月16日(土)の公開を直前に控え、関連書籍が好調な売り上げを続けている。

映画の脚本をもとに書き下ろされたノベライズ版は累計22万部、コミカライズ版は8万部を突破、原作ノンフィクションを合わせた3作品合計では42万部もの売り上げを記録。この快進撃の背景には、映画の公開が近づくにつれ若者を中心にSNSで本作の話題が広がっている事が挙げられる。

結婚式の直前に病に倒れ意識不明となった花嫁を8年間待ち続けた新郎が経験した奇跡の物語。本作の原作となったこの実話自体がYouTubeの動画をきっかけにSNSで拡散、TVや新聞など数々のメディアで取り上げられ、海外にまでも拡散されていった経緯があり、まさに“誰かに教えたくなる物語”の面目躍如と言えるだろう。

いよいよ公開となる映画では、献身的に彼女を思い続ける尚志役に佐藤健、病と闘う麻衣役には土屋太鳳が扮し、迫真の演技で物語にリアリティを与えている。

深い人間ドラマを描くことに定評のある瀬々敬久の演出、今最も注目を浴びるスリーピース・バンド・back numberの主題歌と、まさにこれ以上ない布陣が集結し、この信じる力と深い愛に満ち溢れた感動のドラマを紡ぐ。

原作、映画、漫画、ノベライズ、様々なメディアで展開される、寒い冬を温めるような“奇跡”の物語を是非味わってほしい!

文/編集部

関連作品