松坂桃李、念願のヨコハマ映画祭に出席!ファンからプレゼント攻めで会場騒然|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
松坂桃李、念願のヨコハマ映画祭に出席!ファンからプレゼント攻めで会場騒然

映画ニュース 2018/1/28 17:12

松坂桃李、念願のヨコハマ映画祭に出席!ファンからプレゼント攻めで会場騒然

第39回ヨコハマ映画祭の授賞式が、1月28日に神奈川県立音楽堂で開催され、池松壮亮、蒼井優、松坂桃李ら豪華ゲスト陣が舞台挨拶に登壇。ファンから直接、受賞者にプレゼントが手渡しできるというこの映画祭。『彼女がその名を知らない鳥たち』で助演男優賞を受賞した松坂桃李は、駆けつけた大勢のファンからプレゼント攻めされ、会場が騒然となった。

松坂は、『アントキノイノチ』(11)『僕たちは世界を変えることができない。But,we wanna build a school in Cambodia.』(11)で第33回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞している。松坂は当時を振り返り「人生で初めて映画賞を受賞したのがヨコハマ映画祭の新人賞でしたが、受賞時に来ることができなくて、本当に悔いが残っていて。周りの方々のおかげで、6年経って、またここに立つことができています」と喜びを語った。

受賞作品『彼女がその名を知らない鳥たち』について松坂は「観てくださった方々から『本当にクズ』『死ねばいい』とか、面と向かって言われた時、何か自分の気持ちが沈むのがわかって(苦笑)。すごくうれしいんですが、そんな不思議な気持ちになったのは初めてでした。本当に心の底から感謝しかありません」と笑顔を見せた。

『彼女がその名を知らない鳥たち』で主演女優賞を受賞した蒼井優も、共演の松坂について「松坂さんがすべてリードしてくれた。松坂さんが作ってくださった」と手放しで感謝すると、松坂は「僕はそんな1mmも…」と恐縮しながらも「刺激的でした」と蒼井を称えた。

【第39回ヨコハマ映画祭個人賞】

■作品賞:『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ

■監督賞:白石和彌監督『彼女がその名を知らない鳥たち』『牝猫たち』

■森田芳光メモリアル新人監督賞:石川慶監督『愚行録』、森ガキ侑大監督『おじいちゃん、死んじゃったって。』

■脚本賞:石井裕也『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』

■撮影賞:鎌苅洋一『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』

■主演男優賞:池松壮亮『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』

■主演女優賞:蒼井優『彼女がその名を知らない鳥たち』

■助演男優賞:塩見三省『アウトレイジ 最終章』、松坂桃李『彼女がその名を知らない鳥たち』

■助演女優賞:臼田あさ美『愚行録』 、松本若菜『愚行録』

■最優秀新人賞:石橋静河『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 、岸井ゆきの『おじいちゃん、死んじゃったって。』

■審査員特別賞:ロマンポルノ・リブート・プロジェクト

■特別大賞:西田敏行 日本映画界の至宝にして 今なお『アウトレイジ 最終章』で示す 尖って研ぎ澄まされた役者魂に驚きと敬意を込めて

取材・文/山崎 伸子

【第39回ヨコハマ映画祭日本映画ベストテン】
第1位 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』石井裕也監督
第2位 『幼な子われらに生まれ』三島有紀子監督
第3位 『彼女がその名を知らない鳥たち』白石和彌監督
第4位 『あゝ、荒野 前・後篇』岸善幸監督
第5位 『彼女の人生は間違いじゃない』廣木隆一監督
第6位 『彼らが本気で編むときは、』荻上直子監督
第7位 『愚行録』石川慶監督
第8位 『三度目の殺人』是枝裕和監督
第9位 『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』大根仁監督
第10位 『アウトレイジ 最終章』北野武監督
次点 『散歩する侵略者』黒沢清監督

関連作品